通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
淵の王 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 折れあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

淵の王 単行本 – 2015/5/29

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,090

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 淵の王
  • +
  • 深夜百太郎 入口
  • +
  • 深夜百太郎 出口
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

俺は君を食べるし、食べたし、今も食べてるよ――。魔に立ち向かい、往還する愛と祈り! 友達の部屋に現れた黒い影。屋根裏に広がる闇の穴。正体不明の真っ暗坊主。そして私は、存在しない存在。“魔” に立ち向かうあなたを、ずっと見つめていることしかできない。最愛の人がこんなに近くにいたことに気づいたのは、すべてが無くなるほんの一瞬前だった……。集大成にして新たな幕開けを告げる舞城史上最強長篇!

内容(「BOOK」データベースより)

部屋に現れた黒い影。屋根裏に広がる闇の穴。正体不明の真っ暗坊主。そして私は存在しない存在。あなたを見つめていることしかできない。最愛の人がこんなに近くにいたことに気づいたのは、すべてが無くなるほんの一瞬前だった…。謎と因果の真っ暗坊主に立ち向かう舞城史史上最最最最最最最最強長篇!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104580074
  • ISBN-13: 978-4104580071
  • 発売日: 2015/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 257,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
全部ぶち込んで、絶妙なバランスである。人は選ぶ。けれど、少なくとも僕は大好物だ。

三編から成る、優しさと哲学で包まれたホラー。勢いはあるけど、乱暴ではなく、純文学の舞城の側面が見える。
けれど、はなしの流れはホラーとSFの中間を進む。次々と物語を展開させ、その中に差し込む「ズレ」は、他では味わえない独特の迫力があり、ぞっとするものがある。

わかりやすい筋だとかはない。けれど、登場人物の人生が丁寧に描かれ、想いが鮮やかに描き出される。そんな想いが翻弄される様にいつのまにか引き込まれ、見ていて苦しい。ページをめくる手が止まらない。

そして、直接は書かれない、作品のメッセージを解き明かすのも、どこか読者参加型ミステリーじみてて面白い。

多種多様な舞城節が楽しめる本作、ぜひ一度ご賞味あれ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
で、何が素晴らしいのかと言えば今作において、感情としての文体と二人称文体としての必然性が完全に一致していることにある。

今作の主人公は「さおり」「果歩」「護堂」、三人の男女はそれぞれ「外なる意識」によって描写されている。その「意識」は物語を「わたし」や「おれ」として語る。この違和感は村上春樹で言うところの「アフターダーク」に近いかもしれない。最初は前者の三名を見守るにすぎないが、話が進むにつれ親愛なる隣人である「アンタ」「あのコ」から――もっと進んで愛すべき相手のように捉え描写することになる。……そして3人は邪悪と対峙する。

文体としてのエモーション(感情)は黒い穴という「邪悪」を捕捉し、物語のドライブ感とともに、「視点」と「邪悪」はそれぞれ姿と表現を変えながら対立を深めつつ進んでいく。その構図はさながらバリのランダとバロンようで、いっそ神話的といってもいい。今まで舞城の一人称自己言及のくどさに食傷気味の読者は、今作の技法と表現の一致にかなり良い感触をを覚えるのではないかと思う。

そして明言こそされていないが、あまり説明されないこの「意識」達は名前のない「X」でしかない。だが後半、物語が進むにつれ、そこに当てはまるであろう3人の名前が自然と浮かび上がってくる。鶏が先か卵が先か何故そんなことが起こったのか、という点につ
...続きを読む ›
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今作も至高。

3編立てで、それぞれ結末がどんな風でも何故かとても満足してしまう不思議。
それはやっぱり、とても大事なことが正しい言葉で書かれているからじゃないかと思います。

今作はホラー要素もあり、私がそっち方面は読み慣れていないこともあり本当にゾクっとして怖いところもありました。

普段、借りるなどして読んでから買うことが多いですが今作は何故か待ちきれず買ってしまい、でも買って良かった。これは絶対どうせ買うもの。

舞城さん、小説を書く人になってくれて本当にありがとうございます。

舞城さんの小説が人生の大きな楽しみであり、10代の時に私の人格を構成した大切な要素です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ツイッター文学賞なんぞとったからバカにしようと思って読んだらわりあい怖くて面白かった。ただし三編入っていてあとのほうが面白くなるので、最初の一話で読むのをやめる人がいるんじゃないかと心配になった。
 しかしこれが文藝雑誌に載るのはどうかと思う。普通にホラー小説誌みたいなのに載せたらいいと思うし、この作家は芥川賞候補になるが直木賞のほうじゃないか。いやこれじゃ直木賞はとれないんで山周賞、いや三島賞とってるからそれは無理かと。それにしても恋愛至上主義だなあ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ホラー作品という側面より、ヒューマンストーリーとしての側面が好きになる作品。
誰でもない第三者の存在という表現が自分にとっては新しかった。そして、その第三者が好きになった。
読んだ後に余韻を残す3つのストーリー。あなたには、何が残りましたか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告