深海 がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: CD1枚、歌詞カード、ケースのセットです。中古品のためジャケットのふちにヤブレ、ケースにスレ等の多少の使用感がありますが、盤面クリーニング済みで、再生には問題のない商品です。※48時間以内の出荷を心掛けております。ゆうメールにて発送いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,250
通常配送無料 詳細
発売元: オフィスユウ
カートに入れる
¥ 2,299
23pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: media panda
カートに入れる
¥ 2,326
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

深海

5つ星のうち 4.7 127件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,250 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 896 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Leadwayが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Mr.Children ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 深海
  • +
  • BOLERO
  • +
  • Atomic Heart
総額: ¥6,895
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1996/6/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: トイズファクトリー
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B00005H020
  • JAN: 4988061880778
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 127件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 4,553位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Dive
  2. シーラカンス
  3. 手紙
  4. ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~
  5. Mirror
  6. Making Songs
  7. 名もなき詩
  8. So Let′s Get Truth
  9. 臨時ニュース
  10. マシンガンをぶっ放せ
  11. ゆりかごのある丘から
  12. 虜
  13. 花-Memento Mori-
  14. 深海

商品の説明

Amazonレビュー

   空前の大ヒットを記録した前作『アトミックハート』から、2年ぶりにリリースされたフィフスアルバム。ポップなメロディを得意とする彼らが、一転してハードでへヴィーなトーンで迫り、新たなファン層を獲得した。
   アルバム全体に流れている「自分のなかで、何が一番価値があるものなのか」「自分が本当に欲しているものは何なのか」といった迷いを、懸命に探り続ける。そのピンと張り詰めたような緊張感が心地よい。この『深海』というタイトルは、<2>のイメージから生まれたという。ほかに<7><10><13>など、シングルの名曲も多く収録している。(生野 舞)

メディア掲載レビューほか

1989年に桜井和寿、田原健一、中川敬輔、鈴木英によって結成されたMr.Children。ニュージャージー州でレコーディングされた1996年発表のアルバム。「花」「名もなき詩」「ゆりかごのある丘から 」他、ハードでへヴィーなサウンドに内省的に掘り下げた詩を添えた全14曲。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
曲はサビまでのメロディも美しいものだ。
それがこんなにも当てはまるアルバムは稀有で、度々ゾクッとさせられる。
桜井の声は投げやりで尖っていて本当に青くカッコいい。
ベースのうねり、シンプルだけど尖ったギター、アナログな渇いたドラム。

気分が落ちたら『深海』を聴く。これが私のおきまりのパターンだけど、今回も本当に癒された。自分の中にある邪な「気」や負の感情、ストレス。いろんなものが流されていく。その瞬間が感じられるほどに。。。

『REFLECTION』を後に聴くと丸くなったな、って思う。何かに取り憑かれたような『深海』にはない安心感がある。とても素晴らしいアルバムだし、他のアーティストなら確実にNO.1アルバムだろう。

だが、『深海』には叶わない。
曲間に潜んでいる苦しみや葛藤、行き場のないエネルギーのかたまり、カタルシスが『深海』には、ある。
忙しい毎日に埋没しているなか、ふと立ち止まりこのアルバムを聴くと、また頑張ろうと思える。
これは私だけかもしれないが、私にはおそらくこのアルバムを超える作品とはもう出会えないだろう。

今の音楽シーンしか知らない我が子たちにも、こんな出会いがあればいいな。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Mr.Childrenの5枚目のアルバムです。本作はPink Floydの「狂気(The Dark Side Of The Moon)」の影響を感じさせる作りになっています。「シーラカンス」や「花 -Mémento-Mori- 」の間奏のギターの弾き方がギルモア(Pink Floydのギタリスト)っぽいですし、他にも、1曲1曲がつながっていて、アルバム1枚で1つの作品のようになっている事や、「虜」に、ゴスペル調の女性の歌が入っていたり、「ゆりかごのある丘から」に、管楽器の音が入っていたりするのも、「狂気」の「虚空のスキャット(The Great Gig in the Sky)」「アス・アンド・ゼム(Us and Them)」でも同じような要素があります。ネット上だと、このアルバムは「鬱だ」「暗い」という感想もありましたが、僕の個人的な感想ですが、このアルバムは、そんなに病んでる感じはしないなあ、と思いました。確かに一部の曲は歌詞に暗い要素があるし、「ゆりかごのある丘から」は悲恋の歌だし・・・というのはありますけどね。それに、このアルバムの発売当時の桜井さんが精神的に辛い状態だった、というのも本当でしょうね。でも、「名もなき詩」「花 -Mémento-Mori- 」はメロディも良いし、歌詞もメッセージ性があってすごく好きな曲だし、普通にアルバム全曲、良い曲...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まずはジャケットが最高である。邦楽ではあまりジャケで勝負するという雰囲気はなんだけど

ミスチルは比較的アートワークにも力を入れているようで共感できるね。

このジャケは彼らの当時の心境を本当に良く表していると思う。

そしてアルバム内容。こちらはもう文句の付け所がない。アルバムカラーを重視して

不必要だと思ったシングルは収録していないのも潔くていい。

そして初期の彼らのように清涼感に溢れたラブソングがまったく収録されていない。

『Mirror』なんかは近いがどこか斜めから見ているようなところがあるしね。

『ミスチルなんて甘いラブソングばかりだ』なんて思ってる人にもこのアルバムはオススメですよ。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ミスチルは96年くらいから聞くようになりましたが、当時は若いバンドでエネルギッシュな作品が多く良い意味の青さがあるバンドと思っていたのですが、深海があまりにもイメージを覆し、詩は深みがあって、ジャケットも海中のほの暗い感じで心が落ち着く心地でとても好きになりました。いろいろあって10年以上聞いてはいなかったのですが、今聴いても悪くはないです。当時棲んでいたあの街の風景やよくドライブで走った情景を懐かしく思い出します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Mr.Children全盛期に発売された、伝説扱いされているアルバム「深海」。200万枚以上売り上げたヒット作。

アルバムの中身はというと、とにかく暗い。「Mirror」と「花」で一筋の光が射す程度の明るさしか持たない。このアルバムの暗さ、そして濃さに拒絶感を感じない人にとっては最高の作品であろう。暗い雰囲気が駄目な人にはおすすめできない。

自分は後者だが、アルバムとしてよくまとまっているのは認めざるを得ない。インストの配置も絶妙。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す