中古品
¥ 367
+ ¥ 340 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感とスレ、小口に薄いシミあります。本文は1ヶ所ほどに角折れの跡ありますが、その他は良好な状態です。一通り確認しましたが、書き込みは無いと思います。定価は右上の参考価格にてご確認ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


深海底の科学―日本列島を潜ってみれば (NHKブックス) 単行本 – 1997/11

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 8,992 ¥ 359
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

碧い大海原の底、はるかな深海ではいったい何が起こっているのか?近年、潜水調査船により、深さ6500メートルの海底地形が探査され、プレートの沈み込む現場が確認された。また、深海掘削計画が海底下1600メートルの探査孔を穿ち、海洋底拡大説を裏付けるプレートの地質的特徴を明らかにした。はるばる海洋底を旅してきた四つのプレートがひしめきあう、きわめて不安定な大地こそが、われわれの住む日本列島なのである。本書は、核から地殻までダイナミックに関係付けたプルームテクトニクスの最新の成果を踏まえて語る「深海から見た地球の科学」である

内容(「MARC」データベースより)

青い大海原の底、はるかな深海ではいったい何が起こっているのか。潜水調査船によるプレート沈み込みの現場の確認など、プレートテクトニクスの最新の成果を踏まえて語る、深海から見た地球の科学。


登録情報

  • 単行本: 249ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (1997/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140018143
  • ISBN-13: 978-4140018149
  • 発売日: 1997/11
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 753,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件中1 - 3件目のレビューを表示

2013年3月20日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月24日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2009年9月29日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告