中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

深愛 (しんあい) 単行本 – 2011/1/21

5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,646 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

水樹奈々を知っていますか?圧倒的かつ熱狂的支持を受ける超人気声優アーティスト、初の自叙伝!!
「私は信じていた。夢を信じ続けるべく父に育てられてきた」
演歌歌手を夢見て365日毎日休むことなく父とレッスンに励んだ幼少期、数々のカラオケ大会に出場し入賞を重ねた思春期、全国大会優勝を果たし上京、そして堀越高校芸能コースへの入学……未来は明るいと信じていた。しかし夢にまでみた高校生活には苦しい現実が待っていた。一向に決まらないデビュー、所属事務所の倒産、食事にすら事欠くほどの経済事情、さらに最愛の父が病に倒れ――。
どんなに苦しくても笑われても、私は夢を信じ続けていた。あきらめるわけにはいかなかった。

声優アーティストとして数々の記録を塗り替え、圧倒的かつ熱狂的な支持を受ける水樹奈々。初めて明かされる知られざる素顔とは?

出版社からのコメント

単なる声優アイドルではありません。彼女の生きる強さに励まされ、直向きさに泣かされます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344019369
  • ISBN-13: 978-4344019362
  • 発売日: 2011/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 284,837位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
奈々さんの強さが分かる一冊だと思います。
どんなことにも決して負けない奈々さん
小学生のときの話からデビューまでの苦労を赤裸々に語ってます。
あんまり細かく書くと本の内容が分かってしまうため
細かいことは書けない
是非、手にとって読んでもらいたい一冊です。

自分はこれを読んでさらに水樹奈々という人間を好きになった
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かなり赤裸々に書かれているなぁという印象を受けました。普通の人なら挫折してもおかしくないほどの境遇の中でも、夢を諦めなかったのは、ホントに歌手になるという気持ちがあったからなんだなぁと思います。想像を絶する努力をしたから今があるのだと素直に思いました。

今人気絶頂のこの時期にこういう本を出すのは、ある意味決断だったと思います。内容が重いのでファン離れがあったとしても不思議ではないです。

でもすべてをさらけ出す事で本当の「私=水樹奈々」を知ってほしいという彼女の意志があったんだと思います。

彼女の根性には頭が下がります。ずっとずっと歌い続けてほしいです。この本を読み終わったあとに曲を聴いていると歌詞の意味がわかるような気がしました。
2 コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
演歌歌手を目指していたにもかかわらず、演歌以外の曲を歌い、さらに声優の仕事もして
いた水樹奈々。彼女がどういう方向に進もうとしているのかを理解する上で、どんな考え
を持って歌や声優に取り組んでいるのかは、とても大事なことでした。

ところが、声優デビューの直後から雑誌やラジオで自分のことをいろいろと率直に語って
いたにもかかわらず、ところどころ重要なことに触れてくれないため、彼女が何をどう考
えているのか十分には理解しきれない部分が残りました。それらは結局のところ、かつて
所属していたはずの、演歌系の「事務所」に関係することでした。その「事務所」ついて
いくら調べても、何の情報も得られず、「事務所」内でのトラブル、「事務所」の形骸化、
「事務所」と彼女の間でのトラブルなどの可能性も、容易に推測できました。

本書は、そうした「事務所」の事情をはじめ、これまで不明だったことをいろいろ語って
いて、私が抱いてきた疑問はほとんど解消されました。これで、彼女がどのような考えを
持っていたのか、これからどうしたいのかが、より明確に理解できるようになりました。

その一方、ずっと話すことのなかった事実は、当然ながら重い内容を持つものであり、大
...続きを読む ›
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歌を聴いて好きになり、ライブに行って更に好きになり、日々の心の栄養を与えてもらっている立場ですが今回は・・。
他の方のレビューにもある通りかなり「赤裸々」だな、というのが第一印象。
芽が出るまでの苦労がよく伝わってきますし、父親に対する想いもひしひしと感じられます。
家族的なエピソードに絞れば本のタイトル通りで感涙する人もいるのではないでしょうか。
しかし、どうも上京してからの「ある人物」とのエピソードに文字数を割き過ぎている感が否めません。
確かに重要な部分ではありますし本人にとってはそれだけ心に残っていることだとは思いましたが、敢えて書くことなのかな、と。
「それでも本当に感謝している」とフォローしたところで読者の何割がそれに共感し、
その人物に対して素直に「水樹奈々の恩人」との印象を持てたのだろうかという疑問を持たざるを得ません。
言いかえれば「その人物に『深愛』はあったのか」という疑問です。
逆に現プロデューサーに関してはエピソードのページ数に反して好感を持つ人がほとんどではないでしょうか。
個人的に後味が悪かったので星3つとさせていただきます。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2011/1/30
形式: 単行本
ラジオや雑誌などで水樹奈々について少しは知った気になっていましたが、何も知らなかったのだと思い知らされました。
彼女の信念を持ってあきらめず努力する姿勢を見習いたいと思いました。
包み隠さず書いてくれたのは良かったのですが、先生とのエピソードがちょっとしつこかったかな。
それと声優・歌手として売れるまでのエピソードも書いてほしかったです。
声優・歌手そして人としての水樹奈々がさらに好きになりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック