Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[葉山 嘉樹]の淫売婦
Kindle App Ad

淫売婦 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

商品の説明

内容紹介

日本のプロレタリア文学を先導した作家、葉山嘉樹を代表する短編小説。初出は「文藝戦線」[1925(大正14)年]。後に同名の短編集が出版される。横浜のメリケン波戸場で三人の男たちに取り囲まれた若い船員民平は、連れ込まれた倉庫のなかで、体を壊したが、生活のため体を売らざるをえない、やせ衰えた若い淫売婦と出会う。嘉樹の出世作にして、日本のプロレタリア文学を代表する名作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 172 KB
  • 紙の本の長さ: 18 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009IXDB8S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 3,158位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この「淫売婦」は『文芸戦線』大正14年11月号に掲載された。約1年前に同誌に発表された「牢獄の半日」がかれの処女作であった。が、一般に注目されだしたのは当作品からであった。じっさい、広津和郎や宇野浩二といった面々が時評でこの作品に言及している。「我々には想像もつかない世界の/人間生活のどん底の曝露である。/かうした題材を探し出してきた作者の眼のつけどころも、十分推奨に値する」(『新潮』大正15年3月号広津)「私は淫売婦の代わりに殉教者を見た。/彼女は、非搾取階級の一切の運命を象徴しているように見えた。/私は眼に涙が一杯溜まった。私は音のしないようにソーッと歩いて、扉の所に立っていた蛞蝓へ、一円渡した。渡す時に私は蛞蝓の萎びた手を力一杯握りしめた。/そして表へ出た。階段の第一段を下りるとき、溜まっていた涙が私の目から、ポトリとこぼれた。」というくだりは、明らかにかの有名な「セメント樽の中の手紙」を彷彿とさせるものであった。プロレタリア作家の誕生であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover