中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

淑女の休日 (文春文庫) 文庫 – 2006/3/10

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった―。一時の錯覚でもいい。夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。

内容(「MARC」データベースより)

女性に人気のホテルに「幽霊が出る」との噂が流れ出した。本当に幽霊なのか、それとも何者かの営業妨害か? 私立探偵・鮎村美生は依頼を受け、ホテルへと赴く。ところが調査開始直後、幽霊の目撃者が殺されて…。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 495ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416720312X
  • ISBN-13: 978-4167203122
  • 発売日: 2006/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 915,626位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 中年A トップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/24
形式: 文庫
「激流」で初めて著者の作品を読んで気に入りましたので、本書を読んでみました。

都心のシティーホテルでの幽霊騒動の謎を探るべく、女性私立探偵である主人公が謎解きに挑戦する中で殺人が起こり、その謎解きにも挑んでいきます。都内在住者でありながら、わざわざ高価な室料を負担してシティーホテルに宿泊する女性の心理や、その裏にある哀しい事情が丁寧に描かれていて、切ない気持ちになります。もう10年近く前の作品ですが、古さも感じさせず、面白かったです。

「激流」でも感じましたが、著者の作品は非常にテンポが良くて読みやすく分量を感じさせません。この本も一気読み必至と思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
都心のシティホテルで起きた“幽霊バトラー”の噂。探偵の美生は、ホテルに勤める友人の紹介で幽霊の謎解きに雇われる・・・・・。
というミステリーなのですが、この本で明かされているのは女性を惹き付けてやまない「シティリゾート」の魅力についてです。
「都心のシティホテルに何万円も払って泊まって、何が“シティリゾート”なんだ?」と思っている方はぜひお読みください。
きっと目からウロコが落ちますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告