通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
淋しいのはアンタだけじゃない 1 (ビッグコミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

淋しいのはアンタだけじゃない 1 (ビッグコミックス) コミック – 2016/5/30

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 304
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 淋しいのはアンタだけじゃない 1 (ビッグコミックス)
  • +
  • 淋しいのはアンタだけじゃない 2 (ビッグコミックス)
  • +
  • さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新感覚ドキュメンタリー!…&ミステリー?

かつてなかったマンガになるのではと思われます。[ブラック・ジャック創作秘話]、[さんてつ]を送り出してきたマンガ家・吉本浩二さんは、日本福祉大学のご出身。ただ福祉関係からは遠い職歴でした。そんな吉本さんが、あるご縁にも助けられ、聴覚障害の世界を描くことに。そしてご縁は不思議な糸でつながっていき………。マンガならではの表現で、聴覚障害が、そしてストーリーが描写されていきます。

日本中を騒がせた、あの佐村河内守氏の事件も取り上げます。この件は既に映像作家の森達也さんが映画にされると発表されていますが、森さんと吉本さんはお会いしたものの、互いにその内容については関知していません。

新しいドキュメンタリーマンガであり、且つ、ミステリーとも言えるかもしれません。ぜひ最後までお読みいただき、読者の皆さんにも一緒に考えていただきたい、そんな内容です。

【編集担当からのおすすめ情報】
[ブラック・ジャック創作秘話](『このマンガがすごい!』2012年オトコ編1位)の作者が送る、新感覚のドキュメント漫画です。
あの佐村河内守氏の騒動の奥、聴覚障害をめぐる知られざる真実に、漫画ならではの、かつてない表現で迫ります。
映像作家・森達也氏による話題騒然の映画公開とも、真っ向勝負です!


登録情報

  • コミック: 232ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091876099
  • ISBN-13: 978-4091876096
  • 発売日: 2016/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
何が原因かは知らされたことはなく、4歳のときに補聴器をして、早稲田大学まで口語を習いに行ってたので、聾学校の入学通知も断り、同い年のいとこも入る地元の公立小学校の通常学級へ入学。毎週他校の聞こえの教室に通級しつつ。
障害者手帳いただけるレベルでしたが、母が認めず、45歳になった今も補聴器両耳とも補助なしで買っていて、1番安いのでも両耳で30万かかるのが痛いです。壊れるときは突然なので…
両耳補聴器つけててもテレビもほとんど聞こえず、日常会話は1対1なら、聞き返しつつなんとか成立します。
佐村河内さんの耳は私よりは大きな音で聞こえるようですが、明瞭には聞こえないようで、つまり、言葉としては捉えられず、ほとんど聞こえてないようなものではないでしょうか?一般の認識としては。手話の途中で遮りインタビューに応えたのも、聴覚障害者は慣れてくると相手の言わんことがだいたいわかるからではないでしょうか?私も大人になって耳鼻科でマスク越しに「聞こえてますか?」と聞かれ、仕草でそう聞いてるんだろうと瞬時に判断し、音としては聞こえてるので「はい」と返事したら、このぐらいの聴力の人なんてその辺にゴロゴロ転がってるよと補聴器購入の補助の申請のための診断書出してもらえず、みんなも補聴器しないと無音の中で生活してるのだろうかとくやし涙流しました。裸耳で外出ると通りの激しいトラックの
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
感音性難聴者です。
それぞれの症状毎にしっかりとした取材をされ、症状のことだけでなく、取材を受けた方の心理状態を的確に表現されています。これまで自分の症状を周囲にうまく伝えられなかったことを代弁していただいたような感覚になり、読みながら泣いていました。自分の症状や心理状態を自分の職場や周囲に解りやすく説明する際にも有用かと思います。まさに「淋しいのはアンタだけじゃない!」と叫びたくなる一冊です。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
良書。
世間を騒がせた佐村河内事件、彼の聴覚に関する真相を追うドキュメンタリーに、聴覚障害の主観的な本質を絡めて描いている。どちらかと言うと土臭い画風ではあるが、綿密な取材を重ねた事が窺い知れるその内容は迫真に迫っている。佐村河内氏がどの様な気持ちであの日を迎えたのか、それを感じる事ができ、彼への見方が変わるのではないだろうか。
そして、その時に世間一般の聴覚障害者がどの様な気持ちでいたのか、彼らの気持ちも丁寧に表現されている。マスメディアはこの事件に関する問題点の取捨選択を誤ったのだろう、ワイドショーで嘲弄されたと感じ、聴覚障害者は傷ついているようだ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
中途失調者や難聴の人は、ただ聞こえにくい・聞こえないというだけではないことがよく分かった。いや、よく分かったというより、聞こえの状態は人それぞれで、分かったと簡単に言えないことが理解できた(と思う)。外見では分からない聞こえの状態を持った人がいて、コミュニケーションに苦労していることは、周囲の理解がもっと必要だと思うが、自分が聞こえにくい・聞こえないことをもっと積極的に言っていってほしいとの思いもある。周りから誤解されやすいために笑いでごまかしたり、引きこもりがちになるのだろうということもよく分かるので、本書が広く読まれるとよいのではないか。そうだったのかと、腑に落ちるところ大。ぜひ多くの人に読んでいただきたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今の日本社会では、「非難してもいい人」と認定されると、どこまでも非難されることになるように思います。
逆に「非難してもいい人」をかばうようなことを言えば、その人まで一緒に非難されるようになります。
実際レビューを見ても、佐村河内氏を取り扱ったという理由で星を減らす人もいるくらいで、そんな中こんな形で氏を取り上げたことにある種の覚悟を感じました。
当時マスコミでは、そしてそれ以上にネット上では、佐村河内氏の主張など頭から誰も真面目に聞いていませんでした。当然氏の「聴覚障害」について真剣に向き合っていた人などいないわけで、それがどれだけ難しい問題を抱えているかなんて想像もしていませんでした。
これだけ有名な事件を取り上げて、さらに一般の人が想像もしていなかったようなテーマがそこに含まれていることを見出した手腕は素晴らしいですね。
このテーマがどのくらいの深さをもつのか、今後の展開が楽しみです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー