¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
淀川長治映画ベスト1000[決定版] がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

淀川長治映画ベスト1000[決定版] 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/12

5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,447
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 淀川長治映画ベスト1000[決定版]
  • +
  • 外国映画ぼくの500本 (文春新書)
  • +
  • 黒澤明が選んだ100本の映画 (文春新書)
総額: ¥4,568
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「映画の伝道師」没後15年。その淀川さんが生涯でお奨めするベスト1000作品を各300字で案内する。巻末に、アンケートに応えた1948〜1997各年のベスト10を付す決定版。

内容(「BOOK」データベースより)

淀川長治没後15年。究極のオールタイム・ベスト1000作品、完全解説の決定版!「ハイ淀川です」で始まる、1作品300字の映画作品事典。映画愛あふれる、“映画の伝道師”の代表作。1948~1997のベスト10を付けた決定版です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 396ページ
  • 出版社: 河出書房新社; 増補新版 (2013/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309274277
  • ISBN-13: 978-4309274270
  • 発売日: 2013/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 212,346位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最近、テレビに出て映画評論家と名のる人たちの表面的で粗雑な批評にうんざりしている人は是非この淀川さんの本を読んでみてください。きっと、映画を愛する人間的な温かみを感じるはずです。淀川さんはどんな映画にも敬意を表しています。それは文章を読んでいてひしひしと感じます。どんな人間にも良い部分悪い部分があるように、映画にも良い部分悪い部分があるものです。それを悪い部分はさらっと指摘し、良い部分を手放しで褒め称える淀川さんの批評はとても心地よいです。淀川さんの器の大きさを感じずにはいられません。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 道端 VINE メンバー 投稿日 2009/11/2
形式: 単行本
1人の手による1000本もの映画の寸評をまとめたものも貴重なら、それが古今東西の映画を見てこられた淀川さんによるものであるのだから、このうえない1冊と言えるでしょう。

しかし、淀川さんが「これぞ」というものを1000本選んだように思うには、ちょっと苦しいです。淀川さんの許可を得て選定を始めたようですが、本人でさえ収拾がつかなくなるであろうことを、他人がやるのですから、アラが出るのもしかたがないのでしょうか。せめて、タイトルだけでも変えてほしいです。

淀川さんの評論は、リアルタイムでは最晩年しか知らないのですが、淀川さんが絶賛されていて、当然ベスト1000に入るであろう作品がいくつも抜け落ちています。淀川さんが絶賛されていたからこそ見ることになり、実際に自分も感動した作品が抜け落ちていてガッカリさせられることが、私に限らずあると思います。逆に、散々批判していた作品が載っていたりもします。寸評を読んでも、依然、何でベストに入ってくるのかがわからないものもありました。

1000にこだわらず、総覧のような方向に発展してくれることを願います。

なお、この増補版で加えられたのは、世界・日本の各オールタイムベスト10の計2ページのみです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
稀代の映画批評家淀川長治さんの批評コメントで全編を構成した名作映画辞典。選ばれた1000作品をあいうえお順に配列している。1作品ごとに日本語作品名、原語作品名、製作情報、解説と『ハイ淀川です』という300字程度の批評文で構成する。テレビ番組淀川長春の映画の部屋で同僚であった岡田喜一郎が編集している。淀川さん亡き後に公開された作品でも彼が批評したであろう作品をも含めて千作品。本文のはじまりの前のページに、エピグラフとして「映画を頭で見たら、つまらないね。もっと感覚的に見て欲しい。」という著者の言葉が引用されている。映画は、ある面で総合芸術的な枠組みがあり、映像と音で構成される。その感覚的な危うさを、4歳から89年間見続けた幸福さに裏付けられた名言であろう。
彼はフレームをそのものを記憶するかのごとく見方をしておられるのを、テレビ解説の語りで暗示されてのを思い出す。それにしても、情感あふれる語り口は、包容力と短いながら全体を髣髴させる適切な口語表現で、まとめ上げるあの語りの名手振りは活字でも健在。懐かしさが込みあげる。今年は淀川さん生誕百年の由、天国で俳優やシネアストたちを作品鑑賞に浸りながら、ソフトでシャープな批評を語り続けていらっしゃるのであろう。名画を鑑賞するポイントのヒントを最上の語りで読める映画百科事典で、おしゃれな映画ガイドブックである。もちろん索引があり、スティール写真がテーマごとに挿入されている。映画を楽しむための重要な日本語ガイド。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 H21.6.7新品をゲット。300字コラムがどんぴしゃで、どのページを開いてもにんまりの映画紹介ベスト本です。2400円はバーゲンですね。まるで映画の百科事典。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルの通り、淀川長治さんが映画について書いたレビューを1000本分
まとめた本。

最初にストーリーなどの概要が書いてあり、その後に淀川さんの解説が書いてある
。淀川さんの解説はネタバレしているので、内容を知りたくなければストーリーのみ
読めばよい。 と思ってたら、ストーリーだけでも結構ネタバレしてました(笑)

独特な語り口と、ゲイだったと言われている淀川氏の男へ注ぐ目線が印象的。
結構露骨に反応しています。 すでに観た作品について読むのも面白いし、
ストーリーを読んで新しい作品を知るのもまた楽しい。

手元に置いて長く愛読したい一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー