Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 200
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[日野 裕太郎]の淀んだ川で待っている 手業の民の物語
Kindle App Ad

淀んだ川で待っている 手業の民の物語 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 200

商品の説明

内容紹介

【ファンタジー中編】

剣も呪文もない土着系ファンタジー「手業の民の物語」シリーズ。

よいものと悪いものを見定めることができるリーリは、祈祷師センの元にやってきた。
お茶をいれ焼き菓子を作り、リーリは祈祷所にやってくる村の娘たちの悩みをほぐす。

村の娘のための儀式に参加したリーリは、そこで自らの過去と向き合い、センの弟子として祈祷師への道を歩み出す。

文庫 約45ページ(1ページ 39字詰め 18行)

*****

「ところで、神さまの川がどうのって、ほんとうなんですか?」
「さあねぇ」
祭壇の後ろに掃除道具が隠してあり、セン師が取り出したほうきを受け取る。
「お祈り、効き目あったんですか?」
「そりゃあ、あったよ。一番口うるさそうな娘さんが、ほっとした顔をしてたからねぇ」
セン師は満足げだ。
「これで悪夢がどうの、って話はなくなるはずだよ。だけど気の弱そうな子が、まだ不安そうにしてた。あの子はまた来るよ。そしたらおいしいお茶でも出してやったらいい」
客の滞在時間は短かったのに、掃除をすると案外糸くずだのが落ちている。
「あの子らの悪夢がどうのって、嘘だったんですか?」
「いいや、ひとりがそんな気がする、って話をしたんだろ。仲がいいだろうからね……ずっと仲良しでなきゃならないだろうから、ひとりがそういったら、みんなそうなる。そんなもんさ」

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 861 KB
  • 紙の本の長さ: 33 ページ
  • 出版社: doncha.net; 1.0版 (2016/10/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M8M2K4O
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク