中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 新古品、未使用品です。午前9:00までのご注文は基本的に当日出荷です(土、日、祝日除く)きれいに梱包してお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫) ペーパーバック – 2011/5/25

5つ星のうち 4.0 148件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 790 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Special First Issue Limited Edition set of the very popular Haruhi Suzumiya novel (part 1 and 2), which includes an all-color illustrated booklet by Ito Noiji. "Consternation of Suzumiya Haruhi" is the latest installment of this best selling series. This series has beaten Murakami Haruki's 1Q84 in sales and popularity in Japan. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

『驚愕』前後巻、さらに谷川流書き下ろしショートストーリー『Rainy Day』、いとうのいぢ描き下ろしイラスト、制作秘話など豪華内容を収録した特製小冊子「涼宮ハルヒの秘話」が付く初回限定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング); 初回限定版 (2011/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044292108
  • ISBN-13: 978-4044292102
  • 発売日: 2011/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 148件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,364位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
待ちに待った新作だけども普通でした。
そんなに面白くありません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
決して悪くはなかった。
これまでの涼宮ハルヒファンなら楽しめる内容だと思います。
ただ、4年という歳月がハードルを上げてしまい、そんなに時間をかけるほどの作品では無かったとの印象です。
あまりに書けなかったので妥協したのではないかと邪推したくなる程度の内容です。
驚愕・・・したかったなぁ・・・。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 elviento 投稿日 2011/6/25
形式: ペーパーバック Amazonで購入
約4年ぶりの新作ということで、第一作の「憂鬱」から全編もう一度読んで復習してからこの作品に入りました。おかげで、作品の変遷がよくわかり、本作をより深く読むことができました。

まず、多くの書評ですでに触れられていますが、とにかくキョンのモノローグが長くくどすぎます。モノローグ部分がよりシンプルであれば、分裂+驚愕各一冊で十分だったのではないでしょうか?ですから、上巻を読み終えたころには、下巻の結論部分に一足飛びに行きたい衝動を抑えるのに一苦労でした。

全編読み直してみて改めて思うのですが、キョンの一人称で構成されるこの作品の最大の魅力は、やはりキョンとハルヒを中心とした会話のテンポの良さにあります。ですから、読後は爽快で疲労感とはまるで無縁でした。しかし、今回は話自体は面白いのに残ったのは徒労感でした。ハルヒのシリーズでこんなことを感じたのは初めてです。

今回は、ラノベのフォーマットこそ使っていますが、作者が書こうとしたのは本格SFだったような感じがします。しかし、おかげで話が複雑になり、語り部としてのキョンの重みが前作とは全く変わってしまいました。一人称は主に私小説に使われる形式で、個人のごく身の回りのことを深く内省するには非常に適した様式で、日本の文学者が好んで使ってきました。それをラノベでやられた作者の手法の斬新
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mizuno-ami トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/2
形式: ペーパーバック Amazonで購入
2冊同時発売でも、内容は、前巻の続きになります。
空いていた期間を考えると、必然的に3冊読まなければお話が分からない事になり、正直、面倒臭いな、と思いました。
また、この期間、様々な二次創作が発表され、中には名作だと思われるものもありましたので、それだけで十分だという気持ちもどこかにありましたが、読み進めてみれば、予想を超えた内容で、読んだ自分が驚愕しました。

新刊を待っていた心境は、ハルヒの閉鎖空間(の神人)ですが、読ん終えてみれば、佐々木さんのそれに変わります。
待たされたから過度に期待してしまいますが、むしろ、オーソドックスな『ハルヒ』が読めた事に満足しました。

こういう表現は失礼にあたるかもしれませんが、流石、原作者の作品だと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
最初、手にした本の表紙を疑いました。だって、目次の一番目が第四章なのですから。そしていきなりαとβという二つの流れ。そこでやっと前巻を思い出します。なかなか高度な記憶力を読み手に要求してきますね。流してしまうとそのままわけの分からないうちに終わってしまいます。もしかしたらあえて混乱させているのかもしれません。面白さもありますが、作中のαとβがどう繋がっていくのか、後編に期待します。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
三巻にわたるストーリーがようやく完結しました。相当なスパンがありましたが、とりあえず一区切りついて良かったのではないでしょうか。

SOS団結成当初は四の五の言っていたキョンも巻を追うごとにそれが自身にとってかけがえの無いものになっていきました。このエピソードを通してそうしたキョンの想いが確固たるものに変わり、作品として一つの節目を迎えたように感じ、また無二の団員達との交流は斜に構えたところのあるキョンの心境をここまで変化させたのかと感慨深く思いました。しかし、反面その事が全面的にプッシュされすぎていて、多少違和感がありました。キョンの性格上もう少し婉曲的に描写すべきでしょう。

ストーリーに関しては、結構前巻で壮大な陰謀があるとも取れる展開にもかかわらず、オチが呆気なかったのが残念です。世界の分岐という大きな舞台装置を設置していたのに、敵の目的が(失礼な言い方ではあるが)愚にも付かないのでは読者としては意に満たないでしょう。未来人、宇宙人、超能力者が徒党をくんでいるのだから、オチはさらに一考してほしかったです。

世界分岐については作中で詳らかに説明されますが、そこの描写で今までは自分が楽しむために能力を無意識で使っていた彼女の(表面上だけではない、無意識における)心境の変化が感じ取れるのではないでしょうか。

オチの物足りなさを理由に星を一つ引き、星4にします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー