通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: この商品はAmazon倉庫より発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫) ペーパーバック – 2003/12

5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

The 8th Sneaker Grand Prize winner (2003). Haruhi Suzumiya is a very unusual girl with a strange ability, who is otherwise smart and pretty, and who formed the SOS Group of very equally unique people who together have fantastic adventures. Part 3 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 308ページ
  • 出版社: 角川書店 (2003/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044292035
  • ISBN-13: 978-4044292034
  • 発売日: 2003/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
3巻めは短編1,2,3は宇宙人製の有機アンドロイド「長門有希」の特殊能力全開のエピソード三連作。短編4は、古泉と組織が演出するハルヒの退屈阻止作戦。
 長門は感情ゼロの有機アンドロイドとして登場したが、1巻目(憂鬱)のエピソードを経て、キョンとの間に特別な信頼関係のようなものを築き始めるとともに、徐々に人間らしい感情の萌芽を見せる。
 ハルヒがこの世界で(無自覚かつ能動的に)全能であるのと同様に、長門もまた(思慮深く受動的に)全能である。なにを考えているのか分からないことは同じか…(笑)
 二人のタイプの違う全能の女にはさまれてキョンは幸せだが、ストーリー的には、全能の登場人物に対していかに制約条件を設定するかというのがひねり所。
 ふたりの全能キャラの性格の違いは、「危険物」と「安全装置」の機能も果たしていて、物語をバランス良くドライブしている。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
角川スニーカー文庫刊・谷川流著・いとうのいぢイラストの

「涼宮ハルヒ」シリーズ第3巻にあたる『涼宮ハルヒの溜息』です。

時間軸は第1巻の春と第2巻の秋を繋ぐ夏の季節が舞台。

短編3本と書き下ろし1本の4部構成になっており読みやすさも向上。

未だ全貌不明の「涼宮ハルヒ」が思い描く非日常が具現化されるのを抑えつつ、

青き神人が暴走しないよう奮闘配慮する様を描いています。

平たく言えば彼女の「退屈」を阻止せんとするエピソードが中心。

その内部事情を知っている読者はどんな回避不能な選択肢をハルヒが選ぶのか、

わくわくしながら読み進められます。レビュータイトルに記載したように、

作品名称からも作者のシリーズ構成の計算高さが伺えます。

短編1「涼宮ハルヒの退屈」

 今度は草野球大会に参加してSOS団の名を轟かせんと意気込むハルヒ。

 野球実況中心ながら、鶴屋さん、キョンの妹も参戦して

 凸凹メンバーの織り成すスったもんだの面白さが堪りません。

 退屈は彼女の不機嫌となり、世界の崩壊のカウント
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DW VINE メンバー 投稿日 2007/6/23
形式: ペーパーバック
まず最初に私はアニメから入りました。
そして、その入り方はアニメの再現度完成度クオリティに助けられ、
非常に正しい選択であったと思っています。

各声優陣の実力のおかげで、原作本のキャラ、セリフが
そのままアニメーションや風景となって頭の中を駆け回ってくれます。

こちらの「退屈」は、短編集になっており、
非常に読みやすくなっていると思いました。
その代わり、各話毎の深さは…と思いきや、
なかなか深いんです。

短編集が後の話の大きな伏線になっていたり、
重要な前知識的要素になっていたりもしますので、
短編集だから…と侮って未読のまま飛ばして「〜の消失」に進んだりせず、
是非読んでから次へ進んで欲しいですね。

作品として、私たち情報を受ける側へ発信されたのは、
当然「原作→アニメ(漫画は省略)」ですが、
個人的に入っていく順序のオススメは「アニメ→原作」です。
人によって意見は分かれるでしょうが、私のような想像力が稚拙な人間には、
アニメを観てからの方がキャラクターや情景に共感を覚えましたし、よりリアルに想像できました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2006/12/6
形式: ペーパーバック
絶対オススメ!ハルヒシリーズの中でもかなりすらすら読めました。

短編集なので読みやすかったと思う。特に野球大会は、クスリとしてしまうようなところが

多かったです。この本が人気な理由として、「萌え」だから、や「キャラクターで持ってんじゃない?」という人もいますが、それだけじゃない。この本には、今までの小説にはない

魅力を感じました。時間のあるときにパラパラでもいいので読んでみてください。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
涼宮ハルヒシリーズ初の短編集です。『憂鬱』が新学期早々の、『溜息』が秋の学園祭の話でしたが、この短編集はその間に発生したエピソードを纏めるといった位置付けですね。
『憂鬱』や『溜息』内に潜ませてあった伏線が解き明かされると言った内容が多くなっているのも特徴。この巻に限らず、涼宮ハルヒシリーズは時系列を全く追わないと言うのが特色ですが、こういった構図の作品を矛盾なく発表していくには、著者にかなりの構成力が必要となると思います。表現力の面では決して優れているとは思えないのですが、ストーリー全体の"構成の妙"で結構楽しませてくれるシリーズですね。
内容面は基本的に涼宮ハルヒの退屈しのぎのために周囲が右往左往させられると言うプロットで語られていますが、涼宮ハルヒを囲むキャラクターそれぞれにスポットが当てられており、それぞれの位置付けを確定している短編集と言えますね。
「涼宮ハルヒの退屈」「ミステリックサイン」は長門有希がメイン。某未来から来たネコ型ロボット的な万能トラブルシューター(アレよりはるかに有能ですが)っぷりが描かれているストーリーです。
「孤島症候群」は古泉一樹のシチュエーションプランナーとしての立場が明確になったストーリー。彼は今後とも副団長として、SOS団の行動を影からコーディネートする役割になりますね。
「笹の葉ラプソディ」
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー