通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: この商品はAmazon倉庫より発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫) ペーパーバック – 2003/9

5つ星のうち 3.5 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

The 8th Sneaker Grand Prize winner (2003). Haruhi Suzumiya is a very unusual girl with a strange ability, who is otherwise smart and pretty, and who formed the SOS Group of very equally unique people who together have fantastic adventures. Part 2 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる涼宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか?ハルヒが何かを言い出すたびに、周りの宇宙人未来人超能力者が苦労するんだけどな―スニーカー大賞“大賞”を受賞したビミョーに非日常系学園ストーリー、圧倒的人気で第2弾登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 278ページ
  • 出版社: 角川書店 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044292027
  • ISBN-13: 978-4044292027
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,187位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
涼宮ハルヒシリーズの第二作になる今作なのですが…その出来については非常に厳しいものがあります。ストーリー自体はSOS団が文化祭で発表しようとする自主制作映画の撮影風景を描いたものなのですが、ハルヒのわがままandヒステリーぶりが目立ち、作品全体に悪影響を及ぼしています。他の巻にもハルヒのわがままといったものは多少なりとありますがこの巻においてはそれがことさら強調されているので、正直読んでいてイライラするかもしれません。しかし次巻である退屈以降は面白いエピソードばかりなので今作でハルヒシリーズの読書を切るのはもったいない、ここさえ耐えきれればあとは楽です。そういう部分で今作はハルヒシリーズの読書における大きな試練となっているのかもしれません
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DW VINE メンバー 投稿日 2007/6/23
形式: ペーパーバック
まず最初に、このレビューはハルヒシリーズに
少しでも触れたことのある人を対象に書きますので、
全く知らない!という方には一切何を言っているのか…ということですのでご了承下さい。

この「〜溜息」は、他のレビューでもある通り、評価が低くされがちです。
ただし、それは直接的に「おもしろいか、おもしろくないか」の評価であり、
正しくもありますが、私的には「違うのかもしれない」とも思います。

どういうことかと端的に言いますと、下地だと思うのです。
自主制作映画という題材を元にしながら、
各キャラクターの特性や属性、長所や短所、関係などを描いています。
ですので、それは読み手によっては展開が遅いとも取れますし、
同じようなことを何度も表現しているとも取れます。

しかし、この作品が生きてくるのはこの先です。

あの時(つまり「溜息」のとき)、あんなだったキャラにこんな変化が…
あの時こうだったのに、今はこんな関係に…
といった具合に、この作品があるから、この先の作品が立つのだと思いました。
元々読みきりのつもりで書かれた「憂鬱」が、シリーズ化するにあたり、
結果的に見ると改めて書かれたこの丁寧
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
アニメ第1話(実質的には1話ではない)で放送された映画の制作をしているお話です。
長門のアイアンクロー、ミクルビーム、喋るネコ、etc...
そして逆にアニメでは気にならなかったことにも小説の方で理由があることがわかったり。(エンディングなど

あと撮影中での朝比奈さんの扱いをキョンにマジギレされてへこむハルヒをみて少しばかりスカっとした。
確かにこの巻でのハルヒは度が過ぎてると思う。

あとこの巻で気になるのはキャラの扱いに対する違和感。
無表情から観察しないと微細な表情変化がわからない長門が目にわかるような表情描写がされていたし。。
(勝手に夏休み(暴走に収録されてます)で蓄積されたバグの影響ではないかと無理やり解釈しようとしたけど少し無理が。。)

あとキョンの発言が刺々しくキツイ。
特に長門と古泉の扱いがキツイ。。
少なくとも半年内の短編での事件の後ではこんな扱いにはならないと思う。

時系列無視していきなり団体内で絆が出来ているであろう半年後の話を書いたからボロが出ちゃったかな。
他の巻はみんな仲良しなのにこの巻だけギスギスした空気が流れてるし。。
宇宙人、未来人、超能力者が対立(?)してるし
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
現在陰謀まで読み進めていますが、溜息だけは「無くて良かったんじゃないか?」とすら思います。
何故2巻にしていきなり1巻の半年後を書いてしまったのか。もう少し計画を練ってから書くべきだったのでは。
この溜息がシリーズ最大の関門だと思います。これで切ろうと思った人はもう少し我慢して、消失まで読んで貰いたいです。
消失もつまらなかったら、すみませんが切った方が賢明です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
2作目の『涼宮ハルヒの溜息』。作者の谷川流氏があとがきでおっしゃっている
通り、もともとシリーズ化は考えていなかったとか。そう言われてみると、前
作の憂鬱には今後の展開の伏線となるようなセリフがなかったような気がする
(白線引きなどはあるが)。対して、今作では今後の伏線となるようなセリフ
が複数見てとれる。「繋ぎの巻」という評価もなるほどな〜といった感じ。こ
の巻が今後活きてくるというのも、一度『分裂』まで読んでいるものとしては
わかります。

シリーズ中での低評価の原因は、やはり冗長さでしょうね。本作は約270頁であ
るが、そのうち200ページ以上は映画撮影関連に使われる。そこをまずどう評価
するかで意見が分かれるでしょう。具体的には、これも今後への繋ぎと考えれ
ば面白いな(ハルヒの能力がどんどん掘り下げられていったり)と思えるし、
ただの非日常的な日常を描いたものと捉えると、結構退屈かも。

残りの頁はちょっとSF的な話。ここは興味深く読める。ハルヒの能力に対して、
宇宙人、未来人、超能力者側からの意見がそれぞれ述べられていく。そして、
3者の対立の構図も少し浮き彫りに。また、本作のオチへの対策も立てられる。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー