通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h7683a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫) ペーパーバック – 2004/7

5つ星のうち 4.9 108件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 87pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

The 8th Sneaker Grand Prize winner (2003). Haruhi Suzumiya is a very unusual girl with a strange ability, who is otherwise smart and pretty, and who formed the SOS Group of very equally unique people who together have fantastic adventures. Part 4 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 254ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044292043
  • ISBN-13: 978-4044292041
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 108件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,741位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
思わず唸ってしまった。 シリーズ中、一番評価が高い事に納得。表紙が朝倉なのも納得。 最初適当に目を通して読んでいたら、ノンストップでした。続きが気になるので止められなかった。読み終わるのがもったいないと思わせてくれました。欲を言えば普通の長門との学園生活をもう少し読みたかったな。アラを探せばなくもないですが、そんなケチをつける方がケチなわけで、面白いです間違いなく! 時間がある時に読んだ方が良いです。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
これまでの人生の中で様々な媒体の様々な作品に触れてきたが、
こんなにも興奮を覚えたのはどれほど前のことであっただろうか。
特にキョンとハルヒが再会する場面の描写は秀逸で、そこから最後までは
まるで肉をむさぼる飢えた獣の如く本にかじりついていた。

いわゆる「おたく文化」に対して異常なまでの嫌悪感を抱いていたそれまでの私を
一気にサブカルチャーの世界へ引きずり込む要因となったのは本作品に他ならない。
シリーズ中の最高傑作。これを読まずしてどのライトノベルを読むべきだろうか。
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DW VINE メンバー 投稿日 2007/6/23
形式: ペーパーバック
ラノベというジャンルの中で、頭一つ抜けた秀作ではないでしょうか。
ハルヒシリーズの中で、多くの方々が「最もおいしい作品」と賞賛しているのも頷ける作品です。

ただし、この最高な作品を最高なレベルで楽しむには、
前提条件として、過去3作品(憂鬱、溜息、退屈)を読んでないといけません。
時系列は多少前後したりもしますが、知識としてはやはり初出順で蓄積していくことをオススメします。
出てくるキャラクターの背景や出来事にどういうものがあるのか、
どういう経緯でそのシーンに繋がるのか、そういった前知識があればより作品を楽しめます。

前3作品ももちろん素晴らしいのですが、
これを読むと、もはや前3作品はこれのための序章だったのではないかというほど、
胸に訴えてくるものがある作品です。

語り手であるキョンは、この物語でいろんなことに気付き同時に読者も考えさせられます。

少し蛇足ですが、最もアニメ化してほしいけれど、
低レベルなデキなら絶対にアニメ化して欲しくないと思う
シリーズの中でも重要であり、私的にも大切な大切なストーリーです。
1 コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
ハルヒシリーズはどれも好きですが、やはりこれがダントツ。
何度読んでも涙が出ます。

キャラの可愛さはもとより、やはり谷川先生の文体。
モノローグの滑らかさ。独特の言葉選び。心象風景。
本作は特に胸に迫るものがありましたね。
いつもながら、はっと驚く展開を見せる「ビミョーに非日常系」ストーリーも圧巻。

ラノベを「何回も読み返す」経験をしたのは、この作品が初めてでした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「憂鬱」では物語の世界観や、人物設定などをプロローグ的に描き、「溜息」「退屈」では短編的な作品で物語に深く掘り込みを入れつつ、謎や伏線を残してきました。そして、この「消失」はそれらを踏まえた上でのハルヒシリーズ第4巻です。これまでの作品同様、テンポの良さ、さりげない笑いなどは健在です。ただ、これまでの作品と少し違うところは、この1冊だけでは楽しめないというところです。これまでの作品で残されてきた伏線や、確立されたキャラクターがあるからこそ成立する、これまでの作品を読んできたからこそ楽しめる作品です。ハルヒシリーズのファンには無条件でお勧めです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
4作目の『涼宮ハルヒの消失』。時期的にはクリスマス前の話で、前3作とは少
し離れた話。非常に評価が作品で、映画化もされましたね。私も観に行った記
憶があります。最近改めてハルヒを読み返している私であるが、まだレビュー
をしていなかったので、今回改めて感じたことを書きたいと思う。

内容的には、ミステリといって差し支えないと思う。詳しいことはネタバレに
なるので書けませんが、とにかく大きな謎が最初に提示される。その謎にキョ
ンが振り回され、物語が展開していく。その謎を1つ1つ解決していく際に生じ
る、キョンの心情変化などの描写が丁寧で、物語にみるみる引き込まれていく
と思われる。そのキョンの心情変化がこの『消失』のメインなんでしょうね。
彼の1人語りに共感することが消失の面白さを際立たせているのではと感じた。
まあ、単純なミステリとしても結構面白いんですが。ただ、やはり、キョンの
SOS団のメンバーに対する理解の深まりと自覚の芽生え、SOS団の絆の深まりが
主要テーマでしょう。

全体的にもバランスやテンポが良く、退屈しないで一気に読むことができる。
所々で今までの伏線が回収され、それに感心してはワクワクし、謎がさらに解
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー