通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: この商品はAmazon倉庫より発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫) ペーパーバック – 2006/4/28

5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,772
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

The 8th Sneaker Grand Prize winner (2003). Haruhi Suzumiya is a very unusual girl with a strange ability, who is otherwise smart and pretty, and who formed the SOS Group of very equally unique people who together have fantastic adventures. Part 8 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

涼宮ハルヒが暇を持て余してたらそれこそ天地が逆になる騒ぎだろうが、むやみに目を輝かせてるのも困った状況ではある。それというのも生徒会長なるお方が、生徒会はSOS団の存在自体を認めないなどと言い出しやがったからで、意外な強敵の出現にやおら腕章を付け替えたハルヒ“編集長”の号令一下、俺たちSOS団の面々はなぜか文集の原稿執筆などという苦行の真っ最中なわけだ。天上天下唯我独占「涼宮ハルヒ」シリーズ第8弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 301ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044292086
  • ISBN-13: 978-4044292089
  • 発売日: 2006/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,997位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
8作目の『涼宮ハルヒの憤慨』。内容的には、約150頁の中編2本となっている。
時期的には2つとも最新話で、3学期の終わりまでのエピソードを描いたもので
ある。短中編に強いイメージがあるので、結構楽しみにしながら手に取った記
憶がある。

読んでみた感想としては、若干デジャブを感じましたね。作品としての魅力が
落ちたというよりは、こちらが慣れてしまったんじゃないかな〜と思った。ど
こかでというか、過去のハルヒ作品の中で見た展開がそのまま採用されている
所もありました。具体的には、「編集長★一直線!」に関しては、私は新鮮な
気持ちで読めたんですが、「ワンダリング・シャドウ」に関しては既視感があ
りましたね。この展開これで何回目だろうと思ってしまった。そう感じられた
方も多かったのではないかな。私自身はそう感じてしまったので、半分楽しめ
て、半分ん?という感じでした。

以下では各話の感想を詳しく。
「編集長★一直線!」;文芸部としての活動の話。その設定を忘れていました
(笑)。SOS団とコンピ研と他3人+外部協力で、文芸部の会誌を作る。キョン
と長門とみくるの作品を読むことができます。私個人的には楽しく読めた中編
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
うーん、せっかくの最新刊だと思って、頑張って読みましたが、「つまらない」と切って捨てるほどではないですが、「おもしろい」とは言えなくなってきました。SOS団というより、ハルヒのご機嫌伺い団になってますし。7巻と8巻でネタふりがされてますが、今後どうなるのか、楽しみというより、心配な気分...最初の頃の面白さをまた期待したいです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
◆「編集長★一直線!」

 生徒会長から、突如文芸部(実質的にはSOS団)の
 無期限休部が通告されることに。

 生徒会長が、活動存続の条件として
 要求してきたのは、機関誌の制作。

 この事態にハルヒは当然のごとく「憤慨」し、
 勇んで団員達に原稿執筆を命じるのですが…。

 作中に、団員それぞれの個性が発揮された
 作品が載っており、楽しめます。

 また、今回の直接的な当事者として
 休部通告を受けた長門の反応は見もの。
 自分の居場所(=アイデンティティ)が奪われる事態になり、
 深く静かに「憤慨」する様 には、この1年間における
 彼女の変化を実感できます。

 そして、各人の作品は、それぞれに味わい深いです。

 みくるは『童話』を担当。
 ハルヒが加筆修正しているというのがミソでしょう。
 様々な童話のキャラが続々登場してくる作品ですが、
 本筋は“眠らない白雪姫”と“眠り続ける王子”の話。

 長門の担当は『幻想ホラー』。
 アニメOPの1カットにまつわるエピソードが語られます。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 ただ一人の思いが世界を左右する。そんな設定の下、世界を維持するために、宇宙人が、未来人が、超能力者が、そして一般人が奔走する第8作。

 今回は、学校内の自分達の居場所を守るために、ご近所のトラブルを守るために、ドタバタ劇が始まります。いつものように微妙に推理仕立てで、でも、今回は話がゴチャゴチャ入り組んだりしません。すっきりしています。その分、盛り上がりに欠けるかもしれませんが…

 本書の内容は「スニーカー」掲載分ということで、若干、文章に細切れ感があります。しかし、ファンならば買いです。きっと次への伏線が張られていることでしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 閔子騫 投稿日 2007/7/7
形式: ペーパーバック
ハルヒをアニメで知ってから数ヶ月。私はひとつの疑問を抱えていた。それは朝比奈さんはものすごく頭の弱い子なんじゃないかという疑問だ。確かに彼女はドジで、おっちょこちょいで歩く萌え要素なわけだが、それと頭の出来は相反するものではない。他の二人と比べると特別な能力もあるわけではないし、せめて頭の出来は普通なのかと思いきや、この本を見て確信した。
この本には、朝比奈さんが書いたとされる物語が載っている。これを見て私は思った「ああ朝比奈さんの頭の中はワープでループなんだな」、と。
萌え以外でも、大好きな朝比奈さんにはがんばってほしいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー