涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,380
通常配送無料 詳細
発売元: ランタイ
カートに入れる
¥ 2,380
通常配送無料 詳細
発売元: LONG BRILLIANCE【安心・確実発送】
カートに入れる
¥ 2,770
通常配送無料 詳細
発売元: プライム会員送料無料|Your Media Store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,968
価格: ¥ 2,380 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,588 (52%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ビルベイカーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,030より 中古品の出品:38¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【涼宮ハルヒ特集】 - DVDをはじめ、コミックス、フィギュア、サウンドトラックなど関連商品も満載

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの憂鬱 7 限定版 [DVD]
  • +
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 6 限定版 [DVD]
  • +
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 4 限定版 [DVD]
総額: ¥5,810
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 杉田智和, 平野綾, 茅原実里, 後藤邑子, 小野大輔
  • 監督: 石原立也
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2007/01/26
  • 時間: 40 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FBG0QW
  • JAN: 4997766611143
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 79,517位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ライトノベル・ブームを牽引する超ベストセラー(130万部突破!)が、
最強スタッフ(TV版『AIR』の京都アニメーション)でついにアニメ化!

何も言いません!「涼宮ハルヒの憂鬱」でインターネット検索してください!
ヤングアダルト熱狂の超ベストセラーが、TV版『AIR』、『フルメタル・パニック! The Second Raid』の京都アニメーション制作でアニメ化!

<限定版特典>
・いとうのいぢ描き下ろしDVDジャケット
・スペシャルデジパックケース入り(ディスク2枚入り)
・サウンドトラック&ラジオ番組「涼宮ハルヒの憂鬱SOS団ラジオ支部」
で放送された企画コーナー収録CD
・ポストカード付き解説シート
・映像特典(涼宮ハルヒのメイキング映像/番宣スポット/TVCM/ノンテロップOP&ED)
・エンディング絵コンテ集


キョン:杉田智和
涼宮ハルヒ:平野 綾
長門有希:茅原実里
朝比奈みくる:後藤邑子


原作&構成協力:谷川 流
原作イラスト&キャラクター原案:いとうのいぢ
原作:隔月刊誌「ザ・スニーカー」連載、
月刊誌「少年エース」連載、スニーカー文庫 刊
シリーズ構成:涼宮ハルヒと愉快な仲間たち
キャラクターデザイン&総作画監督:池田晶子
シリーズ演出:山本寛
監督:石原立也
制作:京都アニメーション
製作:SOS団

Amazonレビュー

   『涼宮ハルヒ』の原作者の谷山流が自ら筆を取った、アニメ版オリジナルの一話「サムデイ イン ザ レイン」。キョンのいないSOS部室では、どんな日常がおくられているのか。それを盗み撮りのような定点カメラの視点で描いた一話。なんと、2分17秒+1分間にかけて、長門が本を読むだけのカメラの長回しシーンがあるのだ。演出を務めた山本寛氏によると、この長回しシーンは、長門がキョンを「待つ想い」を表現したものだという。長門ファンは彼女の想いを想像しながら、観てみよう。DVDの映像特典としてノンテロップのエンディング「ハレ晴れユカイ」が収録されている。これは嬉しい、ゴホウビ。ハルヒのダンスの完全版を見てみたいなら、ぜひともチェック!(志田英邦)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
アニメ化(2006年)された時に、唯一、アニメのために原作者である谷川流さんが書き下ろした作品である「サムデイ・イン・ザ・レイン」。
長門有希しかいない部室で、一人黙々と本を読んでいる間(2分以上もある長回し場面)の、アフレコ陣による様々な台詞とか、お使いに行かされた「キョン」に対するSOS団の女子3人組+鶴屋さんの想い(スタンス)、そして、TVアニメ中では滅多に「デレ」要素をキョンに見せないラストのハルヒの姿など、時系列的にはアニメ編のラストとなるこの作品は、TVアニメ版の総決算であるのと同時に、『涼宮ハルヒの消失』より少し前のハルヒ・キョン・長門有希の立ち位置を示している作品でもあります。
なぜ、キョンに女子のカーディガンが2枚かけられていたのか?キョンが戻ってきたとき、有希はなぜSOS団の他の3人の居場所を言わなかったのか?(鶴屋さんには示したのに)、もしかしてら、この頃から『消失』で述べられる長門有希が抱える「エラー」がかなり蓄積されていたのだと思うと、甘酸っぱい想いも感じられる作品になっています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サムデイインザレインはアニメだからこそ成立しましたね。
内容は皆さんがおっしゃっている通りSOS団の非日常の中の日常です。
物語の語り部であるキョンが不在の中での「隙間」の話。
サイドストーリーと言ってもよいかもしれません。
大きなイベントなら活字で伝えることが出来ますが、サムデイインザレインは「間」つまり無音が重要な成立要素になっています。
さすがに無音は活字にできませんしね。
いつも賑やかなSOS団ですが、こういう静かな日常の積み重ねの上にここ一番でのハルヒの爆発があるのではないかと思わせられます。
こういうふうに物語の隙間を描き、成立させてしまう京都アニメーションと作者である谷川流さんに脱帽です。
凉宮ハルヒシリーズの魅力を再確認させられました。
それにしてもラストのハルヒにはやられてしまいましたね、キョンはどうだったのでしょうか(笑 
ちなみにサムデイインザレインでは長門は一言も喋りません。
追記:既にご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが、涼宮ハルヒの憂鬱DVDには隠しフォルダが存在します。
DVDをPCにセットしてフォルダを開いて下さい。
存在するフォルダは以下の通りです。
第2巻→朝比奈みくる
第4巻→長門有希
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日常を求めるキョンと非日常を求めるハルヒ。
一見二人は正反対。交わることなんてもってのほか。
思いのままに世界を変容させ、有無を言わさず走り回る彼女は嵐のようで。
雲のようにゆるやかなに生きたい彼にとって、それは災害でしかないはず。

平凡な毎日が繰り返されるそばで。
一人だけ馬鹿みたいに足並みを乱して。
同じ速度で進んでいるはずの時間を、振り切って走り抜けていくようで。
大差ない連続の積み重ねの中、彼女の周りだけはいつも鮮烈で、いつも賑やかだった。

めちゃくちゃな非日常に巻き込まれて、秒単位で日常を壊されていく彼。
それは嘆くべきこと?悲しむべきこと?ご愁傷様って、同情して肩を叩いてあげるべき?

――そんなわけがないのだ。
そして彼は気付く――日常にいながらにして非日常に生きる彼女は、迷惑な反面とても眩しかった。
そして彼女も気付く――いつも独走しているだけの自分の隣には、溜息をつきながらも付き合ってくれる彼がいた。

一見二人は正反対。それでも楽しいことは決まっている。この二度と戻らない青い日常に、不可思議はどこまでも鮮やかなのだ。
日常と非日常。正常と異常。正しいことと間違ったこと。それでも“楽
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あか 投稿日 2010/2/26
放送順で見た時はなんてことないように思えた本作だが、放送順最終話の涼宮ハルヒの憂鬱6を見ると、本作の中にハルヒ・ユキ・ミクルのキョンに対しての優しさ・想いが表現されていることに気付くことができた。 キョンにマフラーを巻いてあげるミクル。 部室で1人で本を読んでいるときにふと窓の外を眺めるユキ。これはキョンのことを心配しているから。 鶴屋さんにはハルヒたちの場所を教えたのに、おつかいから帰ってきたキョンには知っているはずなのに教えなかったユキ。これは心配していたキョンがやっと帰ってきたのに、ハルヒたちのところに行くためにまた部室を出ていってしまうのが嫌だったから。独りで部室にいるのが寂しかったから。しばらくキョンと一緒の空間にいたかったからかもしれない。 キョンを傘にいれてあげるためにキョンが目覚めるまで帰らないで待っていたハルヒ。これはおつかいにいってくれたキョンへのいたわりなのだろう。 無理やり起こさないで自然に起きるまで待っていたのもそうなのだろう。 そして寝ている間にキョンにかけられていた二枚のカーディガン。キョンは一枚目が誰のカーディガンかはわかっていなかったが、13話の最後にある14話の予告でユキが「寒いから」と言っているのをみると一枚目のカーディガンがユキのものだとわかる。 そして一枚かかっているにもかかわらずその上からもう一枚かけてあげたハルヒ。もちろんおつかいにいっ...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す