¥ 3,618
通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
消防設備アタック講座〈下〉―消防設備がマスターでき... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

消防設備アタック講座〈下〉―消防設備がマスターできる! 単行本 – 2015/8/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,618
¥ 3,618 ¥ 5,181

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 消防設備アタック講座〈下〉―消防設備がマスターできる!
  • +
  • 消防設備アタック講座〈上〉―消防設備がマスターできる!
  • +
  • 建築消防advice2017
総額: ¥12,528
ポイントの合計: 218pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

設備の中で最も簡単なもの、判りやすそうなものからアタックし、或る程度の実力(自信)がついたら、次第に高級なものへと駒を進め、そして最期には消防設備を一挙にマスター。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高木/任之
昭和7年名古屋市生まれ、北海道育ち。昭和30年北海道大学建築工科卒業。建設省建築指導課長補佐、北海道開発庁専門官(都市計画)、自治省消防庁予防課長補佐、千葉県都市部建築指導課長、建設省都市局再開発課専門官、同計画局宅地開発課専門官、宅地開発公団事業部長、住宅都市整備公団都市開発事業第1部長などを歴任、昭和58年退官。その後、(財)性能保証住宅登録機構専務理事、(社)日本木造住宅産業協会専務理事、芝浦工業大学講師(非常勤)等を歴任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 近代消防社; 6訂版 (2015/8/1)
  • ISBN-10: 4421008702
  • ISBN-13: 978-4421008708
  • 発売日: 2015/8/1
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 400,774位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 海(kai) 投稿日 2011/10/22
形式: 単行本
本年3月13日に、乙種6類から消防設備士の受験をスタートし、6月に甲種5類、7月に甲種1類、8月に甲種4類、9月に甲種2類と甲種3類まで合格、あとは11月に乙種7類、12月に甲種特類の受験を予定をしております。この間10回の講習(消防設備点検資格者、自衛消防、病院清掃受託責任者・・・)を受講(延40日くらい)し、その他1級ボイラ(試験のみ)&甲種危険物を取得しました。
いくらマイナーな消防設備士の試験とはいっても、標準テキストもなく参考書の類が貧相。例え受かったとしても、40点が足切りで、4択でたった60点で受かるような、消防設備の全体像を把握していない消防設備士を量産して何の役に立つのか??不思議に思いつつ受験し続けております。
私の場合は会社を経営しており、新規事業として役所発注の消防設備点検業務を受注する為に受験したのですが・・・理科系の大学出身とはいっても56才!!余りにも小分けに分類された消防設備士試験に最近ちょっと疲れ気味です(実務者の利便性と協会の手数料稼ぎの為に小分けにしているんでしょうが)
さて受験ですが、工具や配管の名前も知らない実務経験のない者にとって、乙種の実技は意外と手強いです・・・共通法令と基礎さえ常に80点以上とれるのであれば、かえって甲種の方が簡単です(ただし乙種の法令・基礎が80点程度なら甲種での70点はしんどいですが
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上巻と同様、現場経験の少ない実務者向けのテキストですが、私の場合は消防設備士の試験対策にとても役立ちました。なぜ消防法でそうなっているのか、どのように使うのかなどの難解な分野をイラストを用いながらまるで講義を受けているかのような感覚で説明されていますので、なじみの少ない専門的な設備を感覚的に理解するうえでとても助かりました。ただ試験対策に用いる場合(甲種4類などは)内容が項目上、上巻と下巻に分かれている場合もあるため2巻とも必要になってきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告