この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消費者の意見を聞いてはいけない。(実践経営技術としてのマーケティングを問うシリーズ No.02) 新書 – 2012/12/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2012/12/20
¥ 499
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

定性リサーチのあり方についてまとめました。
定性リサーチ=グルインではありません。はやりのMROCでもありません。
消費者の「事実」をきちんと集めることです。そしてマーケターの「仮説」としっかりつながることです。リアルな「良い事実」は、マーケターの仮説生成に貢献しますし、マーケターの仮説検証にも役立ちます。
消費者の意見という情報は危険な情報です。 事実に仮説がぶら下がって口から飛び出す情報だからです。それは、「事実 + 仮説 = 意見」という構図で説明できます。
マーケターたるもの、聞くべきなのは事実です。消費者の仮説ではありません。
リアルな、シズル感のある事実を、どう聞くのか、どう集めるのか、そして、どう処理するのかを整理しています。主に、(商品)開発マーケターに読んでいただきたい1冊です。


登録情報

  • 新書: 95ページ
  • 出版社: ドゥ・ハウス; 1版 (2012/12/20)
  • ISBN-10: 4903649059
  • ISBN-13: 978-4903649054
  • 発売日: 2012/12/20
  • 梱包サイズ: 16.6 x 11.2 x 0.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 968,935位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう