中古品
¥ 940
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー背ヤケ有。■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消費社会批判 ハードカバー – 1996/1/24

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 910
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いま生産とは,消費とは,それらをつなぐ流通とは何か.人びとの価値観や広告・マーケティング,さらに企業組織の激しい変容をどう見るか.現代の消費社会は,どのような病理をかかえているのか.理論派の経営者としてセゾングループを育て,詩人・作家(辻井喬)としても活躍する著者が消費社会を超える社会像を模索する,本格的な考察.

内容(「MARC」データベースより)

いま生産とは、消費とは、それらをつなぐ流通とは何か。人々の価値観や広告・マーケティング、さらに企業組織の激しい変容をどう見るか。セゾングループを育てた経営者が、記号としての商品があふれる消費社会を冷徹に考察する。


登録情報

  • ハードカバー: 260ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1996/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000029568
  • ISBN-13: 978-4000029568
  • 発売日: 1996/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 270,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 USC VINE メンバー 投稿日 2006/10/14
形式: ハードカバー
 今まで売りつける立場だった著者が、第1戦から離れて改めて消費社会というものとは何だったのかということを表してくれています。流石に着眼点は鋭い物があり、読む物を引きつけます。今では入手困難かも知れませんが、読んでみる価値があります。因みに著者はこの著書で博士(経済学)の学位を授与されています。それだけ素晴らしい問題提起のある書物です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 文学者「辻井喬」として作品を発表してきた堤清二が珍しく本名で(経営者として?)世に問うた著作。著者が過去東京大学で行った特別講義での成果物も盛り込まれている。
 “流通業とは生産と消費の中間に一致するマージナルな産業である”といった定義や、言語学を含む記号論的なアプローチで流通・消費を読み解いていく論の運びは「ああ、そういう見方があったか」と素直な気づきの喜びを与えてくれる(それをどう検証できるのだろうかという疑問は多少あるが)。
 流通についての著作は世の中にあまたあるが、“陳列がどうの”とか“店舗フォーマットが・・”とか、あるいは成功事例の抽象化だけで終わっているものが多いし、マーケティング論においても生産者と消費者の価値交換に注目しすぎるあまり流通業への視点が欠落している場合が多い。「流通業とは何か」を理論的に突き詰めたい人にとっては良書。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す