通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
消費社会のリ・デザイン─ 豊かさとは何か─ がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。商品状態の詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご参照ください。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消費社会のリ・デザイン─ 豊かさとは何か─ 単行本 – 2009/1/30


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,860
¥2,860 ¥200

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

従来,「消費」は経済・経営の分野で,「消費社会」は社会学の分野で取り上げられてきた。本書では,消費社会を文化から捉え直し,豊かな文化を求める消費のありよう,消費の背景にある価値観の転換を事例を交えながら考察し,新たなデザイン課題を求める。
〈第1編 消費社会のコペルニクス的転換〉第1章 生産・消費の新たな関係/第2章 人口減少社会の消費とマーケティング/第3章 社会が溶解し、市場と国家だけが残る恐怖 他、
〈第2編 消費社会のリテラシー〉第1章 自立する消費者群/第2章 幸福の原理/第3章
消費者の感性の行方―消費生活の中の“風情” 他、
〈第3編 小さな単位の消費社会〉第1章 地域通貨は、貨幣文化を育む一粒の麦/第2章 「商店街は創造する」/第3章 ステーション・コマース 他、
〈第4編 消費社会のリ・デザイン(座談)〉

著者について

日本デザイン機構
社会課題に対して個と全体を行き来させる「ホロデザイン」という視点から、縦割りに分断した専門を横断して、課題解決のための提言を行うブレーン集団。


登録情報

  • 単行本: 234ページ
  • 出版社: 大学教育出版; A5版 (2009/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887308817
  • ISBN-13: 978-4887308817
  • 発売日: 2009/1/30
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.2 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 583,383位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう