この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消滅した国々―第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国 単行本 – 2012/11

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 19,959 ¥ 2,630
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

傀儡国・独立勢力・作り損ねた国々…等々、珍国多数。怪しく・儚く・そしてどこかマヌケな今は無き国家達。現代史・国際政治トリビア・ウンチク・豆知識、超絶エピソードのオンパレード。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉田/一郎
1963年11月3日、東京都赤羽生まれ、埼玉県大宮育ち。法政大学社会学部卒、早稲田大学院修士(国際関係学専攻)。香港中文大学に留学し、「魔窟」と呼ばれた九龍城砦に居住。週刊『香港ポスト』記者、月刊『香港通信』編集長、日刊『香港ビジネスポスト』編集長を経て、日本に帰国後、2007年に「大宮の自治と独立」を掲げて、さいたま市議に当選(無所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 711ページ
  • 出版社: 社会評論社 (2012/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4784509704
  • ISBN-13: 978-4784509706
  • 発売日: 2012/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,851位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
一つ一つの国のエピソード自体は短いのですが、そもそも一部を除けば出来てすぐに消滅している国ばかり。
建国と滅亡が一続きの話で、しかもそれがその国の歴史そのものということ自体が驚き。
もちろん、ソ連やその衛星国のようにそれなりに世界史を彩った国々も取り上げられています。
この辺は連邦制をとっていることが多いので、意外にも州や共和国単位で他の連邦に加盟するだけで元の国が消滅しています。
実質的には元の国と加盟先の国の国内法上の手続きだけで、新しい国家承認が不要なケースがある。東ドイツがその例。
また、ポーランドやルーマニアのように国家体制の変更だけで連続性が保たれている国は取り上げていません。
それを含めたら日本もそうですから。
また、今の国になる前にワンポイントリリーフのように別の国制を立ち上げたというのもあります。
そうした国はやはり短期間で消えたようでも、現体制に続く歴史の一ページです。
植民地から有象無象の独立勢力が国を自称しても国際的な承認もなくあっという間に主要勢力に飲み込まれる。
アラブやアフリカ、東南アジアの各地でつい最近までそんな勢力が残っていた。
ここまでは割と真面目な感じなのですし、紙幅の大半はこうした国々に割かれています。
それでも、やはりこの
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「世界飛び地領土研究会」という、知る人ぞ知る大変愉快でマニアックなサイトの作成者で、さいたま市議会議員の吉田一郎が同ホームページで書き溜めた記事を元に書籍にしたもの。タイトルの通り、第二次世界大戦後に崩壊した183カ国に関して、消滅に至る経緯がかなり具体的に、しかし割と淡々と語られる。

これを183カ国並べられると、壮観というしかない。国ができたいきさつや消滅した動機・理由も様々なら、消滅に至る経緯は千差万別。こういった各国の「消滅に至る経緯」は、細かい話が全く分からなくとも楽しむことができます。

まったく聞いたことがないような国々も数多く、何だろうと思いながら読んでいくと、勝手にその地域・民族への認識が深まりますし、また「国」とは一体何だろうという、吉田一郎が一貫して触れているテーマに肉薄することができます。

教科書的な歴史や地理はともすると平板な印象を与えられがちですが、こういった誰も知らないけど興味深いディテールは、歴史や地理の重みを間接的に示してくれるものだ、と言ってよいでしょう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
インドの小さな藩王国まで取り上げ、国を立ち上げ、その国が滅亡するまでのドタバタ劇が描かれ、読み物としてもとても楽しい。でもカンボジア(ポルポトの民主カンプチア等)について全く言及がないのはなぜ???
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
近頃、やたら愛国心やら国益やら訳知り顔に語る人が増えましたが、ぜひ一度この本を一読される事をお奨めします。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す