消されたライセンス [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

消されたライセンス [Blu-ray]

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,057
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,130 (55%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 925より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 消されたライセンス [Blu-ray]
  • +
  • リビング・デイライツ [Blu-ray]
  • +
  • 女王陛下の007 [Blu-ray]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティモシー・ダルトン, ロバート・ダヴィ, キャリー・ローウェル
  • 監督: ジョン・グレン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2015/10/07
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B011QCTORU
  • JAN: 4988142114815
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,057位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

007シリーズ第16弾。殺しの許可証を剥奪されたボンドが友の復讐に立ち上がる!

映画の言葉“追われる時は、1人のほうが安全だ”


<キャスト&スタッフ>
ジェームズ・ボンド…ティモシー・ダルトン(大塚芳忠)
フランツ・サンチェス…ロバート・ダヴィ(青山 穣)
パム・ブービエ…キャリー・ローウェル(松谷彼哉)

監督:ジョン・グレン
製作:アルバート・R・ブロッコリ/マイケル・G・ウィルソン
脚本:マイケル・G・ウィルソン/リチャード・メイバウム

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:松崎広幸

<ストーリー>
ボンドは、親友のライターと麻薬王サンチェスを逮捕。しかし逃走に成功したサンチェスは、フィリックス・ライターに重傷を負わせ、彼の妻を殺害。怒りに燃えるボンドは任務を離れ、友のために復讐を誓う……!

<ポイント>
●007シリーズ第16弾。殺しの許可証を剥奪されたボンドが友の復讐に立ち上がる!

<特典>
●ジョン・グレン監督とキャストによる音声解説
●マイケル・G・ウィルソン(製作)と製作スタッフによる音声解説
●MI6:機密書類保管庫
 ・未公開シーン集 ジョン・グレン監督のイントロ付き
 ・『消されたライセンス』のボンド
 ・ジョン・グレン監督の撮影日誌
 ・ピーター・ラモント ロケを語る
 ・コーキー・フォーノフの空撮秘話
 ・クレジット
●秘密任務
 ・007の履歴書
 ・ボンド・ガール
 ・味方
 ・敵
 ・アクション・マニュアル
 ・Qの秘密兵器
 ・魅力的なロケ地
●任務遂行レポート
 ・ドキュメンタリー:“消されたライセンス”
 ・パブリシティ用映像
 ・スタントシーン・メイキング
 ・ミュージック・ビデオ
“消されたライセンス”byグラディス・ナイト
 ・ミュージック・ビデオ
“イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ”byパティ・ラベル
●007プロパガンダ:オリジナル劇場予告編集
●イメージデータベース:1989年『消されたライセンス』公開当時のフォト・ギャラリー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ティモシー・ダルトン主演による「007」シリーズ第16弾。親友・ライターが重傷を負わされ、彼の妻を殺害されたことで復讐に燃えるボンドが、殺しのライセンスを取り消されながらも麻薬王に挑む。“フォックス・スーパープライス・ブルーレイ"。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
(海外と)同じ様に、ボックスにして欲しかったなぁ~
だから★1ツ減・・・
作品は今更言う事でもないが、
セクシーなボンドだから好きですね
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
007シリーズを通して自分個人的には「消されたライセンス」までが好きなボンド映画で、それ以降は繰り返し鑑賞しようと気にはなりません。そのくらいティモシー・ダルトンのボンドが大好きです。2本で終わったのが大変残念です。人間味溢れる生身のボンドはティモシーとジョージ・レイゼンビーの「女王陛下の007」ではないでしょか?両ボンドが無性に好きです。
「消されたライセンス」は公開当時劇場で鑑賞しましたが凄くかっこ良かったです。ストーリーが良かったですし、ティモシー・ダルトンの魅力が爆発してました。実際にクライマックスのタンクローリーチェイスのアクションではタンクローリーが大爆発しましたが(笑)
名だたるシリーズ作品の中で隠れたシリーズの秀作です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
「消されたライセンス」う‾ん、歴代OO7シリーズのタイトル中でも屈指の名邦題だと思います。シンプルかつストレートに作品内容を物語っていて。
以後「ワールド・イズ・ノット‾」みたいな原題そのままカタカナ表記が増えていくのを考えると貴重です。
本作と並ぶ名タイトルといえば第8作目の「死ぬのは奴らだ」。原題、"Live And Let Die”(直訳は"生きよ そして 死なしめよ”)を巧みに意訳したのはミステリ作家で当時、原作本の版元、早川書房の編集者だった都筑道夫。
この2作、敵役が麻薬密売組織である点をはじめ、ロケーション等いくつかの共通点があります。シリーズを通して幾度となくボンドと共同戦線を張ったCIAのフェリックス・ライター。宿敵ブロフェルド以上に演者がコロコロ変わるので有名なライター役ですがこの2作品は共にデヴィッド・ヘディソンが演じています。ボンドの協力で逮捕した麻薬王からの仕返しで、サメの水槽に放り込まれ重傷を負わされますが、コレは原作版では第2作目に当たる「死ぬのは奴らだ」内のエピソード。
80年代にイアン・フレミングからバトンタッチしたジョン・ガードナーが手掛けたノヴェライズ版「消されたライセンス」(文春文庫)そのあたりをサメに齧られたのが義足の方だったりとか、原作版「死ぬのは奴らだ」を読んだことのある読者がニヤ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
主に舞台で活躍していたティモシー・ダルトン主演の007映画は、結局2本しか製作されなくて、つなぎ役のような感じになってしまった。
公開当時は「原点に返った作品」とも言われていて、あまりにも非現実的で派手な兵器等は登場せずに原作に近い感じの作りになってる。

ショートカットのキャリー・ローウェルは、個人的には、シリーズで上位に入る美人のボンドガールだと思う。水着姿のサービスもある。
ストーリーも一直線で面白いし、ウィットに富んだシーンも多い。興味を持たれた方はぜひ、ご覧いただきたいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ベビーようひん 新生児