通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感ありますがおおむねきれいです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書) 新書 – 2016/11/17

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 842
¥ 842 ¥ 105

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)
  • +
  • 沖縄 オトナの社会見学 R18
総額: ¥2,570
ポイントの合計: 108pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

消えゆく沖縄ー移住生活20年の光と影[著]仲村清司

著者は沖縄出身の両親を持ち、大阪で生まれ育った。2000年代初頭の沖縄ブームの火付け役と呼ばれたが、移住20年を迎えた今、「沖縄を離れたい」と言って憚らない。

観光立県を掲げながら本土以上に再開発を進め、山を切り崩し、海を埋める。ショッピングモールが乱立し、伝統文化や土着の信仰は形骸化した。本土を敵視しながらも、依存し、「沖縄らしさ」を自ら壊していく現実に、著者はもどかしさを隠さない。

沖縄は表層で語ると叱られ、深入りすると火傷する特殊な場所という。沖縄に戦後70年の矛盾が詰まっている事実は重いが、本土からの差別や基地への視線は変わらない。

ある土地の価値は外部の視点からもたらされる。沖縄の変貌に対する理解も必要だろう。絶望からは何も始まらないのだから。

評者:栗下直也

(週刊朝日 掲載)

内容紹介


「沖縄を離れたい」――。
自分が生まれ育った島に誇りと愛着を感じているはずなのに、
未来構想を切り開こうとせず、沖縄らしさをみずからの手で壊していく
この島のありように、僕は疲れてしまった。
<本文より抜粋>

◎ <プロローグ>より
沖縄に移り住んでもう二十年になる。
那覇に居を構える前は東京で十六年、
京都で四年、生まれ育った大阪では十八年間暮らしている。
いつの間にか生まれた子が成人するほどの歳月が流れているというのに、
いまだ住み慣れず、酒の力でも借りないと物言えぬところがあるのは、
僕と沖縄の間にくろぐろとした何ものかが横たわっている何よりの証左といっていい。
その「何ものか」を明らかにしていくのがこの本の主題である。

◎ 内容紹介
「大阪生まれの沖縄人二世」である著者は、1996年、沖縄の那覇に移住する。
同年は「沖縄ブーム」の走りの頃にあたり、その後、NHKの連続テレビ小説『ちゅらさん』の影響もあって、
2000~05年頃をピークに、沖縄は「有史以来」といわれる空前のブームを巻き起こした。
一方、その裏側では、95年に起きた米兵による少女暴行事件をきっかけに、日米地位協定の見直しを含めて反基地運動が高まりをみせる。
そして96年、普天間基地の返還が発表され、辺野古移設へと基地問題が動いていく。
この20年の間に、沖縄で何が起きたのか――。
「沖縄ブーム」「沖縄問題」と軌を一にし、変質していく文化や風土などに触れ続けてきた著者が、
<遺言>として「中期決算的な自分の心情と素顔の沖縄」を綴る。

◎ 目次
プロローグ ―― 一九九六年の沖縄、二〇一六年の沖縄
【第1章】 戸惑い ―― 観光立県・沖縄の現在
【第2章】 失われゆく風景 ―― 故郷、那覇、農連市場
【第3章】 溝 ―― 移住者の揺らぎ
【第4章】 葛藤 ―― まとまる沖縄とまとまらない沖縄
【第5章】 民意 ―― 沖縄の真価が問われる時代
【第6章】 信仰 ―― 消える聖域と畏れ
エピローグ ―― 私たちは<矛盾>とどう向き合うのか

◎ 著者プロフィール
仲村清司(なかむらきよし)
1958年、大阪市生まれの沖縄人二世。作家・沖縄大学客員教授。
大阪に18年、京都に4年、東京に16年暮らした後、96年に那覇市に移住。
著書に『本音の沖縄問題』(講談社現代新書)、『本音で語る沖縄史』(新潮社)、
『沖縄学』『ほんとうは怖い沖縄』(以上、新潮文庫)、
共著に『新書 沖縄読本』(講談社現代新書)、『これが沖縄の生きる道』『沖縄 オトナの社会見学R18』(以上、亜紀書房)などがある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 207ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334039537
  • ISBN-13: 978-4334039530
  • 発売日: 2016/11/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年8月30日
形式: 新書|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月17日
形式: Kindle版|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月1日
形式: Kindle版|Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年11月20日
形式: 新書|Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年11月20日
形式: 新書|Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月13日
形式: 新書
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告