通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Books Genkido
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバー・帯付 きれいな状態です。配達予定日をご確認の上ご注文ください。店頭受渡不可。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造 単行本 – 2016/12/28

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 消えゆく「限界大学」:私立大学定員割れの構造
  • +
  • アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)
  • +
  • Fランク化する大学 (小学館新書 お 17-1)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

《オクスフォード大学教授 苅谷剛彦氏推薦! 》

消える大学と生き残る大学の違いとは何か?
定員割れが起きるメカニズムに着目し、その歴史的経緯にまでさかのぼって検証する。

限界大学――恒常的な定員割れを引き起こし、人材的にも財力的にも大学を経営するだけの能力に欠ける、文字どおり弱くて小規模な弱小私大を、本書ではそう名づけた。
しばらく横ばいだった18歳人口が再び減少傾向に入る2018年以降、私立大学の定員割れが加速し、経営困難校の公立移管や統合、閉校が相次ぐのは避けられないと見られている。本書は、戦後の教育行政の変遷や生徒を送り出す高校側の事情などを踏まえたうえで、統計データを駆使しながら、弱小私大のさらなる弱体化の背景と、定員割れの実態、そのメカニズムを明らかにしていく。
18歳人口の再減少が目前に迫るなか、市場主義的な競争原理が導入され、いま「負け組」増加の条件が整いつつある。その結果もし大学が破綻したら、周囲に及ぼす影響は当の学生や教職員だけにとどまらない。本書には、そうした限界大学への道を避けるべく、組織改革や財務健全化に取り組み、成功した事例も紹介されている。教育行政学・教育社会学の蓄積による実証性と、高校・大学教育に長年携わってきた著者の経験が融合し、説得力に富んだ画期的書。オクスフォード大学教授(教育社会学)苅谷剛彦氏推薦!

[目次]
はじめに

第1章 試練に立たされる弱小私大
1 消えた大学
2 消える大学──定員割れのメカニズム
第2章 どのような大学が定員割れしているか
1 定員割れの定義
2 定員割れ大学の分析視点
3 定員割れ大学の現状
第3章 混乱の「ゴールデンセブン」とその後
1 臨時収入
2 臨時定員の設定
3 ゴールデンセブン後の高校生の進路選択
4 既設大学の改革
5 女子大学の拡張戦略
6 短期大学のゴールデンセブン
7 撤退か転進か
第4章 短期大学とは何か
1 「当分の間」の措置としての短期大学
2 短大の変遷
3 短大の恒久化
4 昭和四十年代の拡大と性格の変化
5 夏の時代から冬の時代へ
6 消えた短大
7 四大化へ
第5章 短大以上・大学未満
1 四大への移行
2 「幸せな死に方」としての四大化
3 定員割れの短大から定員割れする大学へ
4 学生募集の限界
5 「限界大学」の大量出現
第6章 新たな大学像
1 総合大学への飛躍──武蔵野大学
2 計画的キャンパス開発──目白大学
3 教員組織の刷新──名古屋外国語大学
4 地域に根差す小規模大学
5 公立大学問題
第7章 弱小私大と高校
1 バブル崩壊後の進路選択
2 大学進学率予測
3 高校側の事情
4 多様化校と弱小私大の募集活動
第8章 弱小私大の生き残る条件
1 大学不滅神話の崩壊
2 地域の信頼を得る
3 入学前教育と初年次教育の充実
4 ターゲットを絞った学生募集
5 短大文化の清算──教育・研究の活性化
6 安直な道を避ける
7 経営体制の刷新
第9章 「限界大学」の明日
1 「限界大学」とは
2 文科省の動き
3 破綻への備え

あとがき/主要参考文献

内容(「BOOK」データベースより)

弱小私大が淘汰されるメカニズムを、統計データを駆使しながら明快に示した画期的書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 白水社 (2016/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560095264
  • ISBN-13: 978-4560095263
  • 発売日: 2016/12/28
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,443位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
身近に開学を控える大学があり、興味深く読めました。日本の高等教育の変遷について詳細なデータとともに述べられており、とても勉強になりました。安閑としている大学人はまだまだ多いと思われます。そういった方々に是非読んでもらいたい。自らの在り方を再考するきっかけになるはずです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
文章はデータを基にあたかも正しく、自身の解釈もそのデータに沿っているような感じを漂わせているので、多くの読者はなったくしてしまうかもしれません。ただその解釈は事実に合わせているだけのものにしか思えないのは私だけでしょうか。 もう一度読んで判定してみます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
限界大学、すなわち学生定員割れで潰れてもおかしくない大学について、あまり個々の事例に深入りすることなく、大きな視点から現状を分析している良書です。

新聞や雑誌だと、「Fランク大学」の授業内容がひどいだの、こんなバカ学生がいるだの、留学生が犯罪に手を染めているだとか、学校法人の補助金不正受給、理事長の横暴、怪文書だとか、なんだが個別の事例を面白おかしく書かれることが多く感じますが、本書はあまり個別の事例には触れず、各種データに基づいて大局的に分析なされていると思います。

もともと専門学校や短大を経営していた学校法人が、大学志望者増という時代の流れに乗って四年制大学を立ち上げたものの、昨今の学生数減少によって定員割れで経営はジリ貧、だけと「大学」というブランドを捨てたくない創立者一族と、イエスマンばかりの理事会、自らの縄張りを守ること優先の大学教員と、公務員気質で危機感のない大学職員の相互作用で、何やってんだかわからないカタカナ学部を立ち上げたり、なんちゃらランキング第○位だと自慢してみたり、どこかの広告コンサル会社に言われるままの小手先の「改革」をすすめる大学。

これらを打破するには、やはり長期的なビジョンを持った理事長・学長の強いリーダーシップが必要だ!って、日本の駄目な上場企業と同じ構図ですね(笑
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
これまでにも、個別の大学の事例レポートはあったが、本書のように各大学の定員充足率をクロス集計した例は見かけなかった。
これからどんな大学が潰れるのか?これまで「偏差値が低い大学」、「学生数が少ない大学」、「財政力が弱い大学」などの説があったが、本書では「バブル期に短大から転換した大学のうち、競争が激しい大都市圏にあって、ワンマン経営の中小企業のような大学」としている。
多くの業界と同じように、私大業界も大手企業と中小企業の二層構造になっているのが分かる。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告