中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス 単行本(ソフトカバー) – 2002/7/10

5つ星のうち 4.2 99件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,579 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ベストセラー『記憶力を強くする』の著者であり、気鋭の若手脳研究家、池谷と、クリエイターとして豊富な発想のノウハウをもつ糸井。この2人が、頭のよさや脳の使い方などをテーマに、興味深い対話を繰り広げている。

   たとえば、「『頭がいい』と『バカ』の差」について。2人は、記憶された情報を整理し、お互いを関連づけて、的確に表現できるかどうかや、「頭が真っ白」になるディスコミュニケーションの状態に陥るか否かなどのポイントに着目。最終的に、周囲との関係を遮断し、情報の入力をやめれば脳の働きはよくならないことを指摘している。ここで、自分の頭がどんな状態にあるかをチェックすることも可能である。

   また、池谷は「脳は、ぜんぜん疲れない」「30歳以降に、脳の能力は飛躍的に伸びる」といった、脳に関する意外な事実を数多く教えてくれる。とくに記憶のカギを握るという「海馬」の研究の様子が述べられたところは、未知の領域に踏み込んでいくような興奮をもたらしてくれる。一方、そうした脳の科学を、クリエイティブな思考や生き方の問題などに押し広めて論じる糸井の話術はじつに巧みである。その知的好奇心のもち方には、見習うべきところが多い。

   タイトルどおり、頭がよくなる可能性が科学的に証明されているほか、「よりよく生きる」ために頭をよくするという志の大きなメッセージが込められている。年齢とともに頭の働きも衰えると思い込み、マイナス思考に陥っているような人に、希望を与えてくれる1冊だ。(棚上 勉)

内容紹介

「自分の頭は十分に使われていない」と感じたことはありませんか?頭をうまく使えなかったゆえに、損な目に遭ってしまったこと、ありませんか?あなたの脳のチカラは生かされないまま眠っているかもしれません。どんな年齢であっても、「脳は使い尽くせる」と気づきさえすれば、才能はいくらでも伸ばすことができるのです。自分は「カシコくない」と思ってしまっている人、必読です!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2002/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255001545
  • ISBN-13: 978-4255001548
  • 発売日: 2002/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 99件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 この本を「面白い」、「明るくなれた」などと絶賛する人はいくらでもいるだろう。それは間違いではないので、そういうコメントは他の人に任せる。
 
 私はこの本の中にある情報を、日本の労働環境改善のためにも広めたいと思う。たとえば、やはり睡眠は8時間必要だということの論拠。また「脳は疲れないが、疲れているのは目だ」という意外な事実。
 多くの読者はこの本を読んで、「もっとがんばれるぞ!」とやる気をみなぎらせたと思う。しかしちょっと冷静になって考えてみて欲しい。この本を読めば、ほんとうに効率のいい働き方や生き方がわかってくる。また現代日本の労働環境がそれに反している事も。
 そういう意味でこの本のコンテンツは、「楽しいから読んでみて」というノリで多く!の読者を引きつけるするだけでなく、「これは必読だ!」くらいの強さでアピールしてもいいと思う。特に経営学や学生の一般教養などに取り入れてもいいくらい、実は重要な真実が隠されている。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
感想はとにかく「糸井さん、しゃべり過ぎ。」ってことに尽きます。
池谷氏が興味深い脳の話をして盛り上がってきたときに、糸井さんの
「俺って感性鋭いでしょ」的な例え(脳ってハリウッドに似てますよね、みたいな・・)
で、話の腰を折るってパターンが延々つづく。
池谷氏も本心からか気を使ってるのかイチイチそれに感心してみせて、読むほうは
シラけてしまいました。
途中から池谷氏の部分のみ読むようにしたら、そこそこ楽しめました。

難しい脳の最先端の研究を聞き上手な聞き手が噛み砕いて聞き出す、みたいな対談パターンを
期待してる人は、無理にこの本を読まなくても池谷氏の他の著作をお勧めします。
(ちなみに対談中に糸井氏は、その手の対談本にするつもりはなかったと自己弁護?してます)
その方が中身も濃いし、池谷氏は上手な聞き手なしでも分かりやすい説明が天才的にうまい人ですから。
池谷氏も自身のそういう稀有な才能を、中身の薄い対談本やら監修本やらで使い回して
才能の無駄遣いをしないよう期待したいですね。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 糸井重里と新鋭の脳学者池谷助教授の対談である。「うん、そうそう」「へ~え、そうなの」の連続だった。私は頭のいい人が好きなのだが、なぜそうだかこの本を読んで解明できたと思う。
 海馬は、記憶の製造工場である。夜眠っている間に、起きていて入ってきた膨大な量の情報を「役に立つ情報」と「役に立たないから忘れていい情報」に仕分けをするのである。作業の間は外界の情報を遮断する必要があるから眠りが必要で、6時間かかるという。役に立つ、立たないの判断基準は「生存」に対してである。したがって、記憶にとどめたい事柄は、それを生存の危機と結びつけるようにすればよいのだが、さてどうやって。
 内容紹介としていくつかポイントを抜粋する。
・ものとものとを結びつけて新しい情報をつくっていくことが、脳のはたらきの基本です。
・脳自体は30歳や40歳を超えたほうが、むしろ活発になると言われているんです。
・脳はいつでも元気いっぱいなんです。一生使い続けても疲れないですね。疲れるとしたら、目なんです。
・脳はもともと思い込みの強い性質があるから、それをいかに崩せるかが、「頭がいい」ことのひとつのヒントかと思います。
・新規な刺激にさらされている人は、いつでも入力の判断をする海馬に刺激があるから、海馬の細胞が増えていく割合と消えていく割合とでは、
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
すっごくオススメです。この本を読むと、不思議と勇気がわいてくる気持ちがします。「年をとると脳細胞がどんどん死んでいって、ものおぼえが悪くなる」。こんないや~な先入観を打ち破ってくれます。
頭がいいというのは、脳の「状態」を指している・・・そうだとわかると、あとはうまく頭がいい「状態」にできるように考えていけばいいんだと、ふっと心が軽くなるような気がしました。
そのためには、いろんなことを経験して、脳の回路を増やしていけばいい、その結果、指数関数的に組合せが増えていくことをこの本で知りました。人間の脳の可能性と未来を感じさせてくれる、とても素晴らしい本です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー