海辺の家 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■国内正規品。■帯・リーフなし。■ケースに気になるダメージ等はありません。■盤面に気になるダメージ等はなく、全体的な状態は良いです(※動作確認済み)。■簡易クリーニングの上、ビニール梱包しております。管理ラベル等は本体に直接貼っておりません。検品には万全を期しておりますが、中古品のため状態説明に錯誤・瑕疵等があった場合、ご連絡いただければ対応いたします。■顧客満足度向上のため、メールにてご購入いただいたお客様にご連絡させていいただく場合がございます。ご購入者様にご安心・ご満足していただける店舗運営のため、お手数をお掛けしますがご理解・ご協力お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

海辺の家 [DVD]

5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 6,480 通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ちゃがま堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺の家 [DVD]
  • +
  • 海辺の家 (DHC完全字幕シリーズ)
総額: ¥7,776
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ケビン・クライン, クリスティン・スコット=トーマス, ヘイデン・クリステンセン
  • 監督: アーウィン・ウィンクラー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/02/19
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006H1XM
  • JAN: 4988013443808
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,666位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   よくできた泣ける映画『海辺の家』は、『普通の人々』や『愛と追憶の日々』のような苦悩に満ちた家族のドラマの喜ばしい再来だ。過去の名作には及ばないものの、ケヴィン・クラインの過小評価されている演技力を理解する人なら、やはり涙をぬぐうティッシュが必要な出来と言えるだろう。タイトルが示唆するとおり、クラインの演じるキャラクターの計画は、傷ついた家族の人生を土台から修復することの明白な比喩だ。末期ガンに冒された建築家に扮するクラインはアカデミー賞級の演技を見せる。マリブの崖の上にある、もっとも辛い記憶をはらんだ家を解体し再建し、疎遠になった虚無的な息子(この作品の後『スター・ウォーズ』に出演することになったヘイデン・クリステンセン)と離婚した妻(クリスティン・スコット=トーマス)と心を通わせようとする。アーウィン・ウィンクラー監督の配役センスの良さのお陰で、時折お涙ちょうだい的になる脚本(『恋愛小説家』の脚本家マーク・アンドラス)の失策が最小限に抑えられている。総合的に見てこの作品は、ハリウッドがアクションや特撮に魂を奪われたわけではないことを示す見事な例だ。(Jeff Shannon, Amazon.com)

内容(「Oricon」データベースより)

余命3ヶ月と宣告され、働いていた建築事務所も解雇されてしまった男が自分の人生を見つめ直し、家族と向き合う姿を描いた作品。出演はケビン・クライン、クリスティン・スコット=トーマスほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

末期ガンに冒された建築家(クライン)が疎遠になった息子(ヘイデン・クリステンセン)と一緒に家を建て直す物語。勿論建築家は失った家庭を立て直したかったのだ。父と母と子どもたちの絆を再び強く築きたかったのだ。家を建て直すのは比喩的な意味でしかない。そんなことはわかっていた。でも最後のシーンだけは予想出来なかった。ああ、こんなにも父は素晴らしい贈り物をしたのだと思った。泣けてきた。そして同時に父である自分がいったい子どもたちにどんな贈り物が出来るのかと考えた。素晴らしい映画です。是非とも見てください。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/8/20
自分は映画を見て泣く事はありませんでした。
しかしこの映画のラストのシーンで
一気に涙が出てしまいました。
隣の若い兄ちゃんも泣いてました。
へイデン君の演技力はすばらしかった。
不良の主人公が父と家を作ることによって
段々と変わっていく様子をうまく
演じています。
そしてたくさんの人がその親子を見て
家作りを手伝っていって、完成間近で
父がガンで亡くなってしまった。
うまく説明できないけれど
自分の息子が反抗期だったり
不良でどう接していいかわからないとき、
または自分が反抗期で親がうっとうしいと
思ってる人たちは、この映画を見ると
考えさせられます。
おすぎさんも言ってたんですが、本当に
いい映画を見た気がしました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガン告知を受けた主人公が余命わずかな期間で

息子と家を建てようと決心する。

ぐれた息子と向き合う父親の姿に心打たれ、

涙なしでは見られない。

家族愛を描いた作品は数あれど、

私の中のベスト3には入るであろう。

海辺の美しすぎる風景が最高です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大して期待もせずぼんやりみていたのですが、これが思いがけずよかったです。
男の子から男へ、男から老人へ。二つの過渡期を実に上手いこと見せてくれます。
カットの切り方繋げ方が独特で、幾つか噴出してしまうところもありました^^
わざと感情的な表現を避けたことも、逆に利いていて良かったです。
是非何気なくみてください。
一人で見ても、カップルで見ても、友達と見てもぜんぜんOKです。
消してしまいたくなるようなことはありません。
でも、家族で見るのはどうなんだろ。。。ラストはいいんだけど(むしろ家族で見るもん)赤面シーンが多いので、気をつけてください☆
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/1/26
Amazonで購入
☆何故か、爽やかでじわーっと優しい気持ちになれます!
☆美しい海辺、美しい夕焼けの映像の見事さと音楽のバランスの良さ!
☆登場人物達の愛すべき魅力!犬に至まで!
☆役者の質の高い演技のアンサンブル!
☆そしてなんと言っても、ヘイデン・クリステンセンの美しさ!
以上で☆5ヶです。
無理して泣く必要もありません。素直な気持ちになって観ることをおすすめします!所々笑える箇所もあり、重すぎないところが好きです!
観終わった後、「良い映画だったなあ」と言う気にさせられて、やられた!と思います。
映画館で観てない人は一度観てほしい。観た人も、部屋でじっくりまたあの余韻に浸れること請け合いです!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/14
ヘイデン目当てで見たのですが、本当にいい映画です。ところどころに散りばめられた美しい映像と、ユーモアと、肌で感じられそうなくらいの愛。決して激しい愛ではないのですが、家族を包み込む温かい愛―それは家という箱の中で育まれるべきもの。
もし余命いくばくもないと知ったとき、あなたは何をしたいと願いますか?もし答えに迷うのであれば、一度見てほしいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画が始まって15~20分位から終わりまで涙が出っ放しだった。親子の絆って悲しい位深いものだと改めて思いました。息子と夏休みの間、一緒に過ごして家を作りたい・・・という死を宣告された父に対して反抗期の息子が嫌がる中で「ギュッ」と抱きしめた時は、本当に切なくなりました。しかも自分が癌だという事も告げず息子といる時は、元気な自分しか見せず独りなった時に痛み苦しむ姿は、涙で苦しくなりました。観終った時は、しばらくの間独りずっと余韻に浸ってしまったけど、とても素晴らしい作品でした。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す