通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海辺のカフカ (下) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 文庫 – 2005/2/28

5つ星のうち 3.8 208件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
  • +
  • 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
  • +
  • ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   15歳の誕生日に家を出た少年は、高松で「長いあいだ探し求めていた場所」と感じる私立図書館にたどり着く。館長の佐伯さんと手伝いの大島さんが運営するその図書館に、毎日のように通う少年。しかし8日目の夜、突然意識を失った少年は、神社の境内で血まみれになって倒れていることに気づく。一方、東京中野区で猫探しを仕事とする老人ナカタさんは、ある日、縦長の帽子をかぶり、長靴をはいた奇妙な男と出会う。第2次大戦中に起こった不可解な事件、「カラスと呼ばれる少年」、1枚の絵画と歌、殺人、少女の幽霊…。多元的で重層的に構築されていく物語たちはミステリアスに絡み合いながら、やがて高松へと収斂(しゅうれん)する。

   かつて『アンダーグラウンド』でオウム真理教の破壊的な物語と対峙した村上春樹は、それに拮抗(きっこう)するだけの力をもつ物語の再興を自らの命題とした。その命題へのチャレンジといえるのが本書である。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の内的世界と、『ねじまき鳥クロニクル』で追求した歴史と個の関係は、より深化し、子どもの夢と大人たちのつくりあげた現実の狭間にある迷宮のなかで、さ迷い、成長していくひとりの「少年」へと結実した。そして、ギリシャ悲劇における親子のあり様や、『源氏物語』に登場する生霊などの文学的モチーフが巧みに取り入れられたストーリーは、強力な吸引力をもって読者を離さない。

   読み手は、ただ作品がもつ物語の力に身を任せていれば、多彩で奇妙なキャラクターたちや、息をもつかせぬ展開が、充実した読書体験を約束してくれる。そして読後、不思議な感動を味わい、涙を流すことになるだろう。多くの悲しい運命を背負った人たち、たくさんの「死の予感」が涙を誘うのではない。この物語のなかで、子どもから大人へと成長するにしたがい失ってきたものを発見するのだ。そうした自分にとって親密な記憶が、涙とともにとめどなくあふれてくる。(中島正敏) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女―。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホシノ青年に助けられながら旅を続ける。“入り口の石”を見つけだし、世界と世界が結びあわされるはずの場所を探すために。謎のキーワードが二人を導く闇の世界に出口はあるのか?海外でも高い評価を受ける傑作長篇小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 528ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001553
  • ISBN-13: 978-4101001555
  • 発売日: 2005/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 208件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
迷作なのか?上巻から続く不可解な出来事が解決されないまでも、ある程度は整理されるものと期待して、意味不明なポルノシーンも我慢して読み進めたが、途中で残りのページ数でそれがなされるのは無理、と気付いて嫌になってしまった。
何も解決されないではないか!?
上巻を読み終えた後に、下巻における登場人物たちの関係が簡単に予測が立つように思ったが、予測も何も、佐伯さんと主人公の関係が分かった(しかも仮定として)だけで、後はまったく書いてないから分からないではないか。
カフカの『変身』のように不条理な世界を狙うなら徹底してそうしてくれれば、はじめから結末で物語が整理されることなど期待しないのだ。この読後感がまさに筆者の狙いなのか?
なぜ必然性のない性的描写がこんなに多いのか、なぜあの人もこの人も死ぬのか、細かいようだが、「経験したことがないから、飽きるというのがどういうことだか分からない」と言うナカタさんが、30ページやそこらの後に「蟻が働いているのは見飽きない」と言うのか?
村上春樹ファンには申し訳ないが、うんざりでした。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 myny 投稿日 2002/11/25
形式: 単行本
気づいた点をシンプルに挙げると、この小説の「ホシノさん」の存在がとても良いです。従来の春樹さんはこういった類いの人間を深く描くことはあまりなかったのではないでしょうか?メタファーに溢れた、観念的なゲンジツ。少年カフカの精神的「自分探しの旅」。二つのストーリーの交錯。いかにも春樹さんといったかんじですが、今回ホシノさんといういわゆる「普通の人」に重要な意味を持たせたところに、新風を感じました。なんだかね、ホシノさん素敵なんです。ネタばれになるからあんまり書けないけど‥人間は正しい導かれ方によって、たとえ年をとっていても成長することができるし、それによって救われることも、誰かを救うこともできるんだなって思いました。そういう意味でこれは優しい癒しの物語ではないかという気がします。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
よくわからない話だったというのが率直な感想です。

田村カフカ、ナカタさんの2人の主人公の物語でした。

田村君の呪いに苦しめられる人生。それを打開するため家出をし、優しい人たちに助けられて、結局は一度家に帰り卒業までしてから、やるべきことをやってから好きに生きようとした1人の少年の話。
ナカタさんは入口の石を開けて、力尽きて亡くなってしまいました。
そのあと力を引き継いだホシノさんが悪い敵を倒しました。
ナカタさんの話しって結局なんだったのか、理解できませんでした。

それでも、文章がわかやすくイメージはしやすかったです。
あとはストーリーにもう少し共感できればよかったのですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
上巻からの続き。ネタバレ注意。

話の鍵を握る人物が異様に唐突に現れ、結局何者なのかさっぱりわからない。ジョニーウォーカー、カーネル・サンダース。なんか出来の悪い学生演劇を見ているような悪夢だ。

ジョニーウォーカーの謎は結局謎のまま。なんでネコの心臓を食べてたのか。笛って何? で、結局何がしたかったわけ?さっぱりわからず。おそらく人物像を間違えたんだろう。オイディプスコンプレックスってのはわかるけど。姉を犯す話もよくわからず。母と交わるのは一体何の意味があるのか。そもそもナカタさんの事件の原因は?広げるだけ広げて、入り口の石は結局関係のないホシノ君が締めただけ。主人公の少年は一体何をしたのか。お膳立てが整いすぎじゃない? しかも最後は訳知りみたいになっちゃって。

あれだけのページ数読んできて、最後は謎ばかりが残るし、読後感は非常に悪かった。読まなきゃよかったと思うくらい。状況設定も人物描写も心理描写もまるでなってない。新人だったら絶対に下読みで落とされる。流行作家の書くものじゃない。稚拙すぎる感じがする。きついけど、それくらい言いたい。
1 コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上春樹作品は大好きですが、『海辺のカフカ』は、どちらかといえば長編の中では苦手な方です。
しかし、この下巻にある、カラスと呼ばれる少年の章が圧巻すぎる。たった数ページだが、これだけのために☆4つにしました。
ナカタさんの話し方などで、元から平易な文章が、さらにシンプルに馬鹿っぽく見えるようになっています。しかし、必ずこういう必殺的描写をこしらえてくるところに魅力を感じてしまう。
登場人物のジョニー・ウォーカーやカーネル・サンダースは、誰もが知っているシルエットで想像力を掻き立てる。しかし、作品の長さを考えると、いささか省略的設定な気もしなくはない。ウォーカーの方は、個人的に、『新世紀エヴァンゲリオン』に出てくる碇ゲンドウとやけに被った。
やはり主人公が15歳なので、少年少女に向けて書かれている感じはします。その反面、取りかえしのつかないことにどう向き合うかというのは大人向けのテーマだし、やはり普遍的ですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー