通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海辺のカフカ (上) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 文庫 – 2005/2/28

5つ星のうち 3.8 413件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
  • +
  • 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
  • +
  • ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

内容(「BOOK」データベースより)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001545
  • ISBN-13: 978-4101001548
  • 発売日: 2005/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 413件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,517位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本屋さんで平積みしている人気作家の作品だからって、万人受けするとは限らない。村上春樹をよく読みこんでいる人の間でさえ、本作は毀誉褒貶が定まらない。だから春樹デビューをしたい人は、まず図書館などで借りて下読みしてから注文されることをお勧めする。 本作は村上作品の中でも特殊な文体で進行するし(カフカくんの章)、ナカタさんの章は童話的にほのぼのしていてホッとするからって油断して読み進んで行くととんでもない場面に出くわすのだ。コケると最後までたどり着けない。

物語の主人公カフカくんの自己制御力は15歳という年齢設定からすれば異常とも思えるほどだが、清潔を保つ習慣や体作りを怠らないこと、栄養バランスの取れた美しい食べ物を好み、孤独を孤独と思わず、クラシック音楽や古い文学作品を愛する教養などは、どれも作者・村上春樹氏の美意識に適っていることばかりである。逆に正反対ともいえる星野青年の造詣こそが、作者のプロとしての力の現れとも思える。

村上春樹の世界観を「分からない」と思える感覚はある意味で正常だと思う。この暗さ、救いの見えないやりきれなさ、痛みを万人が意識し出し肯定するような世界は異常である。恐らく春樹読者の半数くらいはあんまり面白いとは思っていないのではないだろうか。
村上春樹がいくらノーベル賞候補の聞こえの高い人気作家であっても、彼に引
...続きを読む ›
2 コメント 212人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容は深い。視点も相変わらず先を行っている。作者の文章力、構成力はずば抜けているから読み応えもある。でも、肝心の作品自体にオリジナリティがない。折衷主義に逃げていると言ってもいい。どこかで見たことのある展開。あふれかえる引用とオマージュ。

同じことサリンジャーが行ってなかったっけ?この言い回しはまるでブローティガンだなぁ…などなど。

別にそれが悪いというわけではないけど、春樹の場合、いつも引用が有機的に物語と結びついていないから、単なる情報の寄せ集めに見えてしまう。そのような作品からは、知識を香水のように振りまいた文化人の自意識しか感じられない。先人たちの功績を器用に盗んで、うまく消化して、それを「自己完結的に」混ぜ合わせているに過ぎない。そしてそのようなオムニバス的な物語が評価されてしまうということは、これからの文学のことを考えると非常に残念なことだと思う。

異質な人々との邂逅や不可解な謎。日常を揺さぶるそれらのファクターはすべて均等に薄められ、あるいは適度に誇張されて「エンターテイメント」として物語の世界にたち現れる。それを捏造とは言わないが、なんとなくシステマティックでよそよそしい感じがするのは、描写が淡々とし過ぎて生々しさが感じられないから。そして悲劇のファムファタールは主人公と交わり、搾取されて、人形のよう
...続きを読む ›
3 コメント 187人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上氏の意欲作。本来は言葉に出来ないことを、懸命に一番適切な言葉に置き換えていく作業。お疲れ様でした。これは決して少年の成長物語でもなければ、幻想的な世界でもなければ、何かを比喩して書かれているのでもない。私にとっては自分自身に起きた現実の出来事と、それにまつわる言葉にできない思いをすっきりと言葉・小説の世界に展開してくれたので、痛快と言える作品。一生に一度の、雷に打たれたような出会いを実際に経験したことがない人にとっては、この作品を読んでも実感としてこの作品の素晴らしさは理解できないのだと思う。(「理解できない」と言うよりも、「感得できない」と言った方が適切か)若い時期に雷に打たれたような出会いを経験してしまった佐伯さんが、雷に打たれた人の物語を本にしたいと切望したのは当然だし、ナカタさんの先生の身に起きたことも、雷に打たれたように出会った旦那さんのことを一途に思っていたからこそのこと。その場にナカタさんが偶然居合わせ、雷に打たれたような強烈な経験をしたことも避けようがなくそうなってしまった出来事。一人一人の身に起きた雷に打たれたような、そうとしかならない強烈な体験は、本来その人固有の出来事だけれど、それを田村カフカという一人の主人公を軸にして紡ぎ合わせていく構成・技量は素晴らしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近スプートニクに続いて読みました。

十代の頃むさぼるように読んだ村上作品。でも最近遠ざかってました。でも、ひとまず読んでみることに。

上巻の感想。。。読むのが辛くなってきた。。。

村上作品は死ぬほど読んでるので、展開とかはある程度読めるが、やっぱりこの人何を書いても一緒だ。。主人公は15歳の「世界でいちばんタフな」少年なんだけど、発想は15のみずみずしさがまるでない。その割にはやたらと物知り。しかも、聴いてる音楽がやたらと古い。間違いなく現代の15歳じゃない。もうそこでげんなり。。そこへ「世界でいちばんタフな少年」なんてフレーズを持ち出されると、あらら、何かに取り付かれちゃったのかな?とも思えてくる。

展開がこれまた唐突すぎる。なんで家出して四国に行くのか。そしてもたもや年上のちょっとボーイッシュな女性登場!あーまただよ。。

で、なぜか落ち着く先は図書館。これもどっかで見たようなモチーフだな。そしてなぜか森の中へ向かう。これもどっかで見たような。最近の村上ワールドの主人公は最後は決まって一人でこもってしまう。井戸だったり、森だったり、図書館だったり、静かで誰も来ないようなところで瞑想する。そのうちに世界がパチンと音を立てて変化していく。結局のところ主人公は何もしない。ただ瞑想するだけ。。(後半に続く)
1 コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック