通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海辺のカフカ (上) (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 文庫 – 2005/3/1

5つ星のうち 3.8 417件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
  • +
  • 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
  • +
  • ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

内容(「BOOK」データベースより)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001545
  • ISBN-13: 978-4101001548
  • 発売日: 2005/3/1
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 417件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,270位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 馬鉄 投稿日 2016/7/26
形式: 文庫 Amazonで購入
レビューの評価が高かったので購入。あまり心に残る本ではなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
話がややこしいうえに現実離れ過ぎ、結局SEXの話で×
暗い込み入った話がほしい人が共感するのかなあ
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/12/30
形式: 文庫
15歳の少年の家出。そこから物語の扉が開く。実はかなり不思議な話だ。最初は、現実的な話のように思える。それがすこしづつ、そうとは思われないエピソードが絡んで境界があいまいになってゆく。

主人公の少年。カラスと呼ばれる少年。ナカタさん。関係を示唆する2つの世界。中野区、山梨県、高松。細部の描写にこだわった平易な文体。神社、銀色の物体、猫、図書館、血、シューベルト、高知の森、ロードスター。

多くの謎と暗示。予感。効果的な小道具の配置。よく練られた写実的な表現力。静と動。細やかな心理描写。ありそうなこと、そうでないこと。いろいろなシーンが交差する。しかし、けして混沌とはしていない。そして、物語は少しづつ深みを増しながら展開する。

さくらさん、大島さん、佐伯さん、星野さん、ジョニー・ウォーカー。西洋の古典や近代文学からの引用。父が遺した予言。生霊。そして、海辺のカフカ。

読んでいて抵抗感や違和感は生じる。それも計算のうちかもしれない。とりあえず、この世界に身をゆだねてページをめくってゆけば、それなりに楽しめて、そしていつの間にかハマっている。個性的な作品だ。

厚さはあるようだが、活字は大きく、行間も広め。これを読むのに、見た目ほどの時間はかからない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
かみさん用に購入。とりあえず面白かったとのこと。私はまだ読んでませんが
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
恥ずかしながら初めて村上春樹作品を読みました。2つのストーリーが並行して進み、独特な作風と一風変わった登場人物、不思議な設定等が色々と入り交じる。想像していた以上に興味深いと思いました。下巻にも期待。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 XP 投稿日 2015/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹ならではの、「ふわふわした浮遊感」と「おしゃれ感」が楽しめた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
よく名前は聞くけど、これまでは村上龍とあまり区別がつかなかった。

ノーベル賞候補?だったり、本の売り上げが凄かったり、外国で演説したり。

正直、あまり私は(演説内容とかマスゴミからの取り上げられ方から)良い印象を持っている人物ではない。いけすかないというかスカシテルというか。

但し、どんな人物であれ「創作」に携わる人、またその作品には敬意をはらいます。ですからアマゾンでちゃんと新刊で購入して読みました。

もちろん、作者の作品はこれまで(話題になっているにも拘らず)1作たりとも読んだ事はありませんでした。堂々と批判するには作品を読んでからです。

ある日ふとしたきっかけでこの「海辺のカフカ」に関する情報を得て興味がもてそうな内容でしたので、(正直ノルウェイとかIQとか興味がもてず)上下巻一気に読みました。

元来、活字嫌いな私でしたが、比較的読みやすい本でその点は評価できます。

内容もスニーカーやコバルトのようなライトノベルでしたら満足のいく内容です。

但し、これが文学か?と言われれば違います。

私の中での「村上春樹」像は、私の想像を超えているような作品を描かなければ世間でのあのような評価を受
...続きを読む ›
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文学相手に「面白い」っていうのは評価でも批評でもないんだろうけど、本当に読んで「ああ、面白かった」と思った時しか使わない賛辞。
10年くらい前に読んだときはさっぱりつまらなかったのに。
この「面白い」という表現は何かの例えではなく夢中で次の展開を求めてページをめくってしまうあの感覚のことです。
ここには愛しい人々がおり、興味深い出来事があり、美しい音楽があり、粗暴な言葉や表現がある。事態を切り開くアクションがあり、そして比喩ではなく決然とした結末がある。これはそれまでの村上春樹にはなかったことのように感じる。(というか研ぎ澄まされている)
そう、ここでの村上春樹はそれまでになく物語を「面白く」することに心血を注いでいる。
(だから1Q84もあんな風に面白い)
今年2016年の寒い1週間に読んだコレは驚くほどに記憶を刺激し、共感させ、とても懐かしく同時に見たこともない世界を旅させてくれた。
初読でつまらないと感じた方、どんな内容だったかすっかり忘れてしまった頃に(そんな時期は割とすぐにやってくる)もう一度読むことをお勧めします。きっと面白さにびっくりします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー