通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海辺のカフカ (上) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 折れあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 文庫 – 2005/3/1

5つ星のうち 3.8 416件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
  • +
  • 海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
  • +
  • ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

内容(「BOOK」データベースより)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 486ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001545
  • ISBN-13: 978-4101001548
  • 発売日: 2005/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 416件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,634位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 XP 投稿日 2015/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹ならではの、「ふわふわした浮遊感」と「おしゃれ感」が楽しめた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文学相手に「面白い」っていうのは評価でも批評でもないんだろうけど、本当に読んで「ああ、面白かった」と思った時しか使わない賛辞。
10年くらい前に読んだときはさっぱりつまらなかったのに。
この「面白い」という表現は何かの例えではなく夢中で次の展開を求めてページをめくってしまうあの感覚のことです。
ここには愛しい人々がおり、興味深い出来事があり、美しい音楽があり、粗暴な言葉や表現がある。事態を切り開くアクションがあり、そして比喩ではなく決然とした結末がある。これはそれまでの村上春樹にはなかったことのように感じる。(というか研ぎ澄まされている)
そう、ここでの村上春樹はそれまでになく物語を「面白く」することに心血を注いでいる。
(だから1Q84もあんな風に面白い)
今年2016年の寒い1週間に読んだコレは驚くほどに記憶を刺激し、共感させ、とても懐かしく同時に見たこともない世界を旅させてくれた。
初読でつまらないと感じた方、どんな内容だったかすっかり忘れてしまった頃に(そんな時期は割とすぐにやってくる)もう一度読むことをお勧めします。きっと面白さにびっくりします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~私はこれを船の上で読んだ。潮風に吹かれながらゆっくりページをめくり、目が疲れると水平線を眺め、立ち上がって船内をうろうろしたり、退屈するとまたページに戻る。
~~
一つひとつの言葉がこころに染み渡ってくるのを待ってから先にすすむ。そういう読み方がぴったりくるような小説だった。メタファーをとおして語られるエピソードが読み手のなかで深化していって、読者のこころのなかでのみ意味をもち繋がりあっていく。ある意味とても深層心理学的で、だから表層意識で読むべき作品じゃない。そういう意味で過激に新しく難解~~な作品だと言っていいのだけれど、書き手はとても平易にチャーミングな文章で素敵な体験をさせてくれる。えぐみが多く苦いはずのテーマを驚くほど上品なケーキのように作り上げて、美味しく食べさせてくれる。私にとって読み終わるのが惜しくなってくるほど楽しい読書だった。かといって、軽いところやくだらない部分がほとんどない。一見軽快に語られている~~ところも、下ごしらえから調理まで手が込んでいて、とても滋味あふれた内容になっている。
『ねじまき鳥』もそうだったけど、この作品を表層意識だけで読んでしまうと、物語の終わり方に不満が残るだろうと思う。じっくり、じぶんのなかに深化させながらゆっくり読んでいくのが、この作品のよい読み方なのだろうというのが私の意見です。
~~<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上春樹の長編は、いつもながら終盤に向かって、ハラハラ・ドキドキの連続だ。長編は「ノルウェーの森」を除き、すべて面白い。駄作「ノルウェーの森」が一番売れたのは皮肉なことだ。この作品も、村上ワールドを堪能できた。ナカタさんが死んで、しばらくして泣いたホシノさんの場面、主人公カフカがラストシーンで流した一筋の涙、何とも言えず、胸が震える。この作品の唯一の失敗は、森の奥深くで佐伯さんが語った、息子を捨てなければならなかった理由だ。無理矢理こじつけるしかなかったのだろうが、明らかに失敗である。生き霊に呪われた一枚の絵に引き寄せられた主人公達が、四国の図書館に引き寄せられ、生き霊は退治され、呪いが解け再生された絵を、主人公が引き継良いで、新たに成長していく。鳥肌の立つ展開だ。村上春樹の解説本では、清水良典著「村上春樹はくせになる」と、宮脇俊文著「村上春樹を読む」が傑作だが、「海辺のカフカ」に対する深い洞察は、清水良典氏の方が上。ジョニー・ウオーカーが佐伯さんの恋人の生き霊であることを解説しているが、まさに秀品だ。ま、とにかく「海辺のカフカ」は、息子を捨てた理由の欠陥を除き、鳥肌の立つ、酔わせてもらえる名作品である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本の表紙が黒ずんで擦れた傷がいっぱいあって、新品ではなっかった。
どういうつもりですか?
こんなものが届くなら、書店で買えばよかったです。
本当に最悪です。
楽しみにしていた気分を台無しにされた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 この小説は、カフカ少年が家出をして、両親を乗り越えて成長するという、決して荒唐無稽ではない筋書きに沿って描かれている。
 それにしては、全く面識のないナカタ老人に夢の中で(無意識の世界を通じて?)支援してもらったり、「異界」に入って旧日本兵に出くわしたり、星野青年にグロテスクな「虫?」を退治してもらったりする、まさに白昼夢と言うべき荒唐無稽な世界にも入り込んでいる。
 結局、現実の世界でも幻想の世界(異界)でも、カフカ本人や協力者が障害を打ち破って成長する(のを助ける)というストーリーになるのだが、白昼夢の世界でもそんな予定調和が起こるのに違和感を感じた。。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー