通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海辺のカフカ〈上〉 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海辺のカフカ〈上〉 単行本 – 2002/9/12

5つ星のうち 3.8 416件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海辺のカフカ〈上〉
  • +
  • 海辺のカフカ〈下〉
  • +
  • ノルウェイの森(上)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

15歳の誕生日、少年は夜行バスに乗り、家を出た。一方、猫探しの老人・ナカタさんも、なにかに引き寄せられるように西へと向かう。暴力と喪失の影の谷を抜け、世界と世界が結びあわされるはずの場所を求めて。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985)『ねじまき鳥クロニクル』(1994)に続く、1600枚の大作です。

内容(「BOOK」データベースより)

15歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。彼は長身で、寡黙だった。金属を混ぜ込んだような強い筋肉を持ち、世界でいちばんタフな15歳の少年になりたいと思っていた。東京都中野区にもしある日、空から突然2000匹の生きた魚が路上に落ちてきたら、人々は驚かないわけにはいかないだろう。多くのネコたちは名前を持たない。多くのネコたちは言葉をもたない。しかしそこには言葉を持たず、名前を持たない悪夢がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/9/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534133
  • ISBN-13: 978-4103534136
  • 発売日: 2002/9/12
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 416件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,697位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dsge 投稿日 2005/3/12
形式: 文庫 Amazonで購入
どこか不思議な村上ワールドと、そこに住むこれまた少し不思議な人たちが作り出す話です。その不思議さになじめない人には、まったくダメな話でしょう。その不思議さとは、きっちりとしたSFが作り出す「現実とは異なるけど小説の中での論理的には筋が通っていて矛盾のない世界」とは異なり、読者に与えられる材料は少なくて全体としてどんな風になっているのか良く分からない不思議さのことです。
私自身は、村上春樹のこうした世界は嫌いではなく、その一つの典型である「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」などは高く評価しています。しかし、「海辺のカフカ」は残念ながら「世界の終わりと…」ほど好きにはなれませんでした。
世界観は別に不思議な世界であってもかまわないのですが、物語の展開そのもの、主人公のカフカ少年、に引き込まれませんでした。カフカ少年については、全然キャラが立っていない感じがしました。むしろもう一人の主人公、そして主脇役である、ナカタさん、ホシノさんの動きの方が滑らかなように感じました。ひょっとしたらそれは書き手である村上氏自身そう感じていたのではなかろうか、という気さえしました。ホシノさんのことはなんだか楽しんで書いているような感じがしたのです。単なる気のせいかもしれませんが。こうした結果、カフカ君が織り成す物語は、どこかいかにも話を組み上げたという印象がして、物語にもカフ
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/12/30
形式: 文庫
15歳の少年の家出。そこから物語の扉が開く。実はかなり不思議な話だ。最初は、現実的な話のように思える。それがすこしづつ、そうとは思われないエピソードが絡んで境界があいまいになってゆく。

主人公の少年。カラスと呼ばれる少年。ナカタさん。関係を示唆する2つの世界。中野区、山梨県、高松。細部の描写にこだわった平易な文体。神社、銀色の物体、猫、図書館、血、シューベルト、高知の森、ロードスター。

多くの謎と暗示。予感。効果的な小道具の配置。よく練られた写実的な表現力。静と動。細やかな心理描写。ありそうなこと、そうでないこと。いろいろなシーンが交差する。しかし、けして混沌とはしていない。そして、物語は少しづつ深みを増しながら展開する。

さくらさん、大島さん、佐伯さん、星野さん、ジョニー・ウォーカー。西洋の古典や近代文学からの引用。父が遺した予言。生霊。そして、海辺のカフカ。

読んでいて抵抗感や違和感は生じる。それも計算のうちかもしれない。とりあえず、この世界に身をゆだねてページをめくってゆけば、それなりに楽しめて、そしていつの間にかハマっている。個性的な作品だ。

厚さはあるようだが、活字は大きく、行間も広め。これを読むのに、見た目ほどの時間はかからない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
かみさん用に購入。とりあえず面白かったとのこと。私はまだ読んでませんが
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 XP 投稿日 2015/5/5
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹ならではの、「ふわふわした浮遊感」と「おしゃれ感」が楽しめた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
よく名前は聞くけど、これまでは村上龍とあまり区別がつかなかった。

ノーベル賞候補?だったり、本の売り上げが凄かったり、外国で演説したり。

正直、あまり私は(演説内容とかマスゴミからの取り上げられ方から)良い印象を持っている人物ではない。いけすかないというかスカシテルというか。

但し、どんな人物であれ「創作」に携わる人、またその作品には敬意をはらいます。ですからアマゾンでちゃんと新刊で購入して読みました。

もちろん、作者の作品はこれまで(話題になっているにも拘らず)1作たりとも読んだ事はありませんでした。堂々と批判するには作品を読んでからです。

ある日ふとしたきっかけでこの「海辺のカフカ」に関する情報を得て興味がもてそうな内容でしたので、(正直ノルウェイとかIQとか興味がもてず)上下巻一気に読みました。

元来、活字嫌いな私でしたが、比較的読みやすい本でその点は評価できます。

内容もスニーカーやコバルトのようなライトノベルでしたら満足のいく内容です。

但し、これが文学か?と言われれば違います。

私の中での「村上春樹」像は、私の想像を超えているような作品を描かなければ世間でのあのような評価を受
...続きを読む ›
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー