この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

海軍横須賀刑務所 [DVD]

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 4,499より 中古品の出品:4¥ 2,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 勝新太郎, 松方弘樹, 長谷川明男, 三上真一郎, 太田博之
  • 監督: 山下耕作
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2012/12/07
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008QRBQ66
  • EAN: 4988101166350
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,009位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【解説】
昭和初期の海軍海兵団に一人の男が入団した。頑健な体を持ち、柔道と空手で鍛えた腕力が自慢の志村兼次郎。彼は、容赦ない上官たちの制裁に堪忍袋の緒が切れて、前代未聞、隊長を叩き斬ってしまう。海軍刑務所入りした兼次郎を待ち受けていたのは、やはり苛酷な懲罰であった。怒り心頭、やがて彼は本性である八方破れを丸出しに大暴れ、刑務所内に暴動を巻き起こすが・・・。
持ち前の腕力と度胸、大胆不敵で反逆精神旺盛な兼次郎役には、本作が東映初出演の勝新太郎。その他、菅原文太、松方弘樹、山本麟一、室田日出男ら、多彩な男優陣が結集。青山光二の原作「喧嘩一代」をもとに、山下耕作監督が豪快に放つアクション巨編。

【キャスト】
勝新太郎、松方弘樹、長谷川明男、三上真一郎、太田博之、森秋子、赤木春恵、菅原文太

【スタッフ】
原作:青山光二
企画:矢部恒、寺西国光
脚本:石井輝男
撮影:仲沢半次郎
音楽:津島利章
監督:山下耕作

【公開日】1973年11月公開

【スペック】
●映像特典(予定)
◆予告編
◆フォトギャラリー
●ニュープリント・コンポーネントマスター

DSTD03580/4,500円(税込4,725円)/COLOR/本編99分/片面1層/1.主音声:モノラル/16:9LB(シネスコ)

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

任侠小説の第一人者・青山光二の原作を、勝新太郎主演で映画化。昭和初期の海軍海兵団に入団した志村兼次郎は頑健な体と腕力が自慢の男。上官たちの容赦ない制裁を受けた兼次郎は、隊長を叩き斬るという前代未聞の行動を起こしてしまい…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

大担不敵で反逆精神旺盛な男が、海軍海兵団に入隊して、上官や刑務所の監守を相手に大暴れする姿を描く。原作は青山光二の小説「喧嘩一代・帝国海軍なんのその」。脚本は「網走番外地」シリーズの石井輝男、監督は「博奕打ち/総長賭博」の山下耕作。主演には、本作が東映初出演となる勝新太郎。その他、菅原文太、松方弘樹、山本麟一、室田日出男ら、多彩な俳優陣が結集した。

昭和6(1931)年、「カムチャッカの兼」こと志村兼次郎は、横須賀海兵団に入隊した。新兵に対する古参兵のしごきは熾烈を極めたが、ひょんなことから皇族の若い久邇宮朝融王と知り合い、義兄弟の契りを交わすなど、持ち前の度胸と腕っぷしで切り抜けていく。そんな或る日、遂に同期の兵がしごきの激しさのあまり自殺してしまった。憤懣やるかたない兼次郎は古参兵を叩きのめし、隊長に切りつけたのだった。そして行き着いた先は海軍横須賀刑務所。だが、そこでは厄介者の兼次郎を抹殺すべく陰謀が進行していたのだった。囚人たちの食事に下剤を混ぜ、下痢を起こさせた後、看護当番に下痢どめ薬を配らせ、兼次郎には下痢どめ薬の代わりに劇薬を渡す、というのである。その看護当番には囚人の桑原が選ばれるが、根が純情な桑原は失敗してしまう。兼次郎が怒るのより早く、囚人たちが、所長のやり口に憤慨し、遂に暴動を起こした。暴動が頂点に達した時、そこに突然久邇宮が現われた。彼
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
監督・山下耕作、脚本・石井輝男、共演に菅原文太、松方弘樹ら、面白くないわけない痛快娯楽作です。

ネタバレと言うか、未見の方にアドバイスをひとつ

食事中は観ない方がいいかも。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
念願の勝新太郎さんの海軍横須賀刑務所の映画をお正月に見ました。海軍の海兵団や海軍の刑務所って過酷で厳しい環境だったんだなぁと思いながら見ていました。劇中のナレーションでも流れていましたが戦前の日本の男は兵役を務め終えてきてやっと一人前の男として認められるというそんな世の中だったそうです。旧帝国海軍の海兵団の団体生活、団体訓練、団体行動の厳しさや海軍刑務所の生活やしきたりのような事も分かる映画かと思います。とても印象に残る映画でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日本陸軍は、兵隊やくざ!日本海軍は、海軍横須賀刑務所!凄く面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
悪い奴が悪い奴を懲らしめ、暴れまくるが、さらにその上を行く悪い奴が・・・、というラストが悲しい痛快娯楽映画。
こんな映画を観るだけでも日本が戦争に負けるべくして負けた理由が分かろうというものである。日本は物資が不足したという
事もあろうが、やはり最大の理由は精神的に未熟な子供が大人に噛み付いてしまったという事なのだ。映画として強調されているに
せよ、こんな理不尽な暴力と虚構の精神主義でしか統率が取れなかった軍隊が、冷静な合理主義に勝てるわけはない。

荒っぽくて汚ったねえ場面も多いが、当時の軍部を弾劾する骨っぽさが有る異色活劇。あの穏やかで誠実そうな現・天皇の
皇太子時代まで引っ張り出す事はなかろうに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック