この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

海賊の経済学 ―見えざるフックの秘密 単行本 – 2011/3/22

5つ星のうち4.0 12個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥7,800 ¥2,141
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

「海賊は合理的な経済人だった!
面白くてしかもためになる。レヴィットらの
『ヤバい経済学』に続くひさびさに痛快な経済書だ。」
早稲田大学政治経済学術院教授 若田部昌澄氏絶賛!


~「訳者あとがき」より~

……海賊は通俗イメージの中でもかなり矛盾した存在だ。そしてその実態を見ても、かれらはとても不思議な集団だった。本書の記述を引用すると、

「経済学がなければ、海賊たちはわけのわからん矛盾のかたまりだ。サディストなのに平和主義。女好きなのにホモ。お宝を追い求める社会主義者。
頭がおかしいはずなのに当局を出し抜いてしまう。こっそり立ち回る犯罪者のはずなのに、髑髏と骨のぶっちがいの旗で自分の存在を派手に宣伝する。
リバータリアンのはずなのに仲間のほとんどは無理強いされて参加。民主主義なのに独裁的な船長、無法者のアナキストなのに厳しい規則の下で生活。
拷問好きのテロリストなのに、正直な人々から崇拝される。」

従来の海賊関連の本は、こうした必ずしも一貫しない各種の特性を「あれもあればこれもあったらしい、海賊もいろいろです」と羅列するにとどめる場合が多かった。
本書は、こうした海賊の不思議な矛盾した生き様を、経済学的な分析――それも利己的な利潤追求と合理性という、何のひねりもない経済学初歩の前提だけで導き、
不思議に思えた海賊たちの行動が、実はちゃんとした合理性に基づいていたことを示してくれる。かれらのやったことには、根拠と意味があった。
単なる気まぐれではないのだ。

そして海賊という楽しくも意外な例を使って、本書はインセンティブ、プリンシパル・エージェント問題、ガバナンス問題、フリーライダー問題、
意思決定コスト、規制緩和、シグナリング&ブランディングといった経済学の概念を非常にわかりやすく説明してくれる。

そして重要なのは、海賊たちが別に経済学なんか何も知らないのに、そうした高度な概念に基づく制度を構築していたということだ。
私利私欲の追求だけで、それが実現できてしまうのだ。そしてどん欲な犯罪者集団である――つまり通常でいえばワルいやつらであるにもかかわらず、
かれらは平等とか分権制とか民主制といった、好ましいどころか当時としては異様に先進的な制度を生み出した。いや、「にもかかわらず」ではない。
むしろそうした私利私欲まみれのごうつくばりだったからこそ、そうした制度が生まれた。
そう考えると、一見奇妙に思える海賊たちの行動も、かなりすっきり説明できてしまうのだ。

さてこれだけなら、いやぁ昔はおもしろい連中がいたもんです、ということで終わってしまう。でも本書はもっと大きな意義も持つ。
そしてそれは、リーマンショック以後の経済学的な議論においても、かなり重要なものだ。……


著者について

著者紹介

ピーター・T・リーソン(PETER T. LEESON)

1979年生まれ。ジョージ・メイソン大学経済学部教授。2005年に同大学にてPh.D.を取得。ウエスト・バージニア大学助教授を経て、2007年より現職。
2009~2010年には、シカゴ大学で客員教授も務めた。小さなときから海賊と経済学に関心をもち、右腕には需要供給曲線の刺青を入れているちょっと変わった経済学者。
迷信についての研究も進めている。本書が代表作であるが、その他の著書に、Media, Development, and Institutional Change(C. Coyneと共著)等がある。


訳者紹介

山形浩生(やまがた・ひろお)

1964年生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。
大手調査会社に勤務するかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで広範な分野での翻訳、執筆活動をおこなう。
おもな著書に、『たかがバロウズ本』(大村書店)、『教養としてのコンピュータ』(アスキー新書)、『新教養主義宣言』『要するに』(以上、河出文庫)、『訳者解説』(バジリコ)など。
おもな訳書に、『その数学が戦略を決める』(文春文庫)、『アニマルスピリット』(東洋経済新報社)、『戦争の経済学』(バジリコ)、
『自由は進化する』『誘惑される意志』『「意識」を語る』『〈反〉知的独占』(以上、NTT出版)など多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 318ページ
  • 出版社: NTT出版 (2011/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475712242X
  • ISBN-13: 978-4757122420
  • 発売日: 2011/3/22
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,370位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 12
星5つ
20%
星4つ
60%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

11件のカスタマーレビュー

2018年10月13日
形式: 単行本Amazonで購入
2014年5月14日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年11月26日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月4日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年7月28日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月9日
形式: 単行本Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月8日
形式: 単行本
VINEメンバー
2012年5月21日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告