通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) 文庫 – 2014/7/15

5つ星のうち 4.4 388件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 800 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 148

『海賊とよばれた男 文庫 (上)(下)セット』

セット買いは こちら




click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
  • +
  • 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
  • +
  • 永遠の0 (講談社文庫)
総額: ¥2,566
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

商品説明

「海賊とよばれた男」が百倍面白くなる登場人物(実名対照)相関図

【実録】忘れられていた「日章丸事件」の衝撃
―敗戦からわずか8年後、日本の小さな会社がイギリス海軍相手に戦った―

小説のクライマックス「日章丸事件」は、60年前の4月10日、日本の小さな石油会社のタンカーがイギリス海軍の海上封鎖を突破してイランに入港、世界を驚かせた大事件だった。私たちはなぜこの歴史的事実を記憶のなかから消し去ってしまったのだろう……。

『海賊とよばれた男』の主人公・国岡鐵造のモデル、出光佐三(出光興産創業者)の生涯

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

この男の生き様は美しい。
本屋大賞の話題作。読まずに語るな。

愛する家族、社員、そしてこの国の未来のために。
この奇跡のような英雄たちは、実在した。

敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。ホルムズ海峡を突破せよ! 戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲の勝負に出る。それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。

若き頃、小さな日本の海で海賊とよばれた男は、石油を武器に、世界と対峙する大きな野望を持っていた。
「ゼロ」から全てが始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062778300
  • ISBN-13: 978-4062778305
  • 発売日: 2014/7/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 388件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 943位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
北方とか春樹とか読みなれた中で読むと
ベストセラーなのはわかるが、
なかなか読み進まない感じでしたのでまだ、上巻の途中です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
上下巻とも一気に読了いたしました。映画にも成りましたがやはり小説の方が感動の質が違うと感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
手に汗握る部分もあって、夢中になって読み進めました。
でも、どちらかというと映画やTVドラマの脚本のプロットの下書きみたいな感じで、ひたすらストーリーを追わせるという本です。文章的な表現の沙汰や深さ、ぞくっとするような「言いえて妙」的な楽しさは皆無です。ドキュメンタリーを軽く脚色しました、っていう作品です。そういったいわば文学的な面白さを追求している読者なら、きっと「ケッ!」と舌打ちすることでしょう。
でお、面白かったですよ。出光の歩み、そして屈折していた戦後日本尾経済界のリーダーの在り方に非常に関心がわきました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小説の形態のノンフィクション記録である。 戦後米国の要請で、国営化して買いてのいなかったイラン石油から出光佐三が石油を購入して、英海軍の警戒網を潜り抜けて日本にまで運搬した物語である。 イランの石油に独占権を持っていたアングローイラ二アン会社はモサデク政権で国有化を余儀なくされる。 しかしその後石油の国際的販売を全面的に妨害する。 米国はこの英国の独占権に穴をあけて資本参入をしようと虎視眈々と狙っていた。 日本を使って英国に揺さぶりをかけモサデク政権のCIAによる転覆後セブンシスターズによるコンソーシアムを形成して約半分の権益を手にした。 その後アングローイラ二アンはBPとして再出発している。 日章丸事件は米国に利用された事件と言える。 三井物産はバンダルホメイニに石油精製施設を作ろうとしたがイランーイラク戦争時に誤爆を装った空爆を受けて作動不能とされた。 米国のCIAによるイラク軍を使った妨害工作と推測される。 米国は日本を巧妙に利用しながらイラン石油への参入を妨害するのである。 インドネシアの石油への参入もスカルノを失脚させて妨害している。 出光は偉大な人物であるが彼を賞賛ばかりはしておれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Teddy VINE メンバー 投稿日 2017/5/29
形式: 文庫
戦後、国の血液である石油をいかに安定して国民に届けるかを腐心した国岡鐡造の格闘の記録。 経済小説のようでもあり、鐡造を取り巻く人間ドラマも熱く、何度か目から汗も流れました。 就職活動前に読んだら、国岡商店=出光興産を第一志望にして、民族系石油会社に入りたいと思ったに違いない。 日系資本の石油会社を民族系と呼ぶことに違和感を感じていたけど、ここで描かれている歴史を理解したら、その理由もわかった気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ここまで信念を持って日本のために独立起業として貢献された会社や人々がおられた事に驚きでした。次から次へと起こる困難に立ち向かい、越えられない壁があっても素晴らしい対応、人を信じて育てて、泥臭く仕事する登場人物たちを想うと、普段の自分も清々しい気持ちで仕事に臨めます。
物語の中では、誰が苦労して、努力して、誰が卑怯で、煮え切らなくて、愚かであるか明確に記されていて、お馴染み百田節にニヤニヤさせていただきました。
この本を報道出来ないテレビ局が赤坂にあるなんて、意味がわかりません。感動したし、勇気もらえたし、映画早く見に行きたいし、出光でガソリン入れたくなりました!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人間は地道さが大切なんだと改めて感じました。
私も目標に向かって頑張ります
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 幕の内 投稿日 2017/1/26
形式: 文庫
映画を観てから読みました。
文章は読みやすく分りやすく書かれてますね。
戦後の簡単な時代の流れも把握しやすいです。

勧善懲悪で読みやすい文章なので、普段小説を読まない人にもサクサクと読めます。
逆に、それなりに本を読んでいる人からすれば、ちょっと退屈なのかな。

意図的に万人向けに書かれてますので、多くの方にオススメできます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
息をつかせる事もなく一氣に続きを読ませる「海賊とよばれた男(下)」がありました。出光興産といふ巨大企業を一代で築き上げた「自伝的小説がおもしろくないはずがない」と解説者・堺屋太一に言はしめた名作でありました。そして、本書下巻のヤマは、やはり『日章丸事件』の真相描写であります。私はこの事件の事を何も知らなかったので、手を汗握る思ひで、本当にドキドキしつつ読み味はふ事ができました。横暴なる石油メジャーに対抗したイラク・モサデク政権の石油国有化政策を助けた外国初のイラク石油輸入は、自前タンカーによる企業倒産のリスクもあった壮図だと感じました。それも国家の後ろ楯もない殆ど一企業の力で達せられのは驚くべき事でありました。このやうな志のある覚悟ある取組みは、その後も石油連盟を脱退して国家主導の生産カルテルを打破する成果として結実しました。我が国の代表的な民族資本でありながらも国家に媚びない、そして、他社とも群れない孤高の精神は、創業者・出光佐三の自己を律する社員を国家を他者を信頼するといふ美徳がなさしめたと言へるかもしれません。その事がメジャーの一画ガルフ石油との提携もなったのでありませう。戦後日本の護船団方式ではない緊張と覚悟の生き方は、今日の時代でも大いに参考とすべきものがあります。今後も折に触れて出光佐三の尊き生き方を繰返し反芻して行きたく存じます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー