通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) 文庫 – 2014/7/15

5つ星のうち 4.2 529件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,280 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 800 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
  • +
  • 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
  • +
  • 永遠の0 (講談社文庫)
総額: ¥2,566
ポイントの合計: 140pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

「海賊とよばれた男」が百倍面白くなる登場人物(実名対照)相関図

【実録】忘れられていた「日章丸事件」の衝撃
―敗戦からわずか8年後、日本の小さな会社がイギリス海軍相手に戦った―

小説のクライマックス「日章丸事件」は、60年前の4月10日、日本の小さな石油会社のタンカーがイギリス海軍の海上封鎖を突破してイランに入港、世界を驚かせた大事件だった。私たちはなぜこの歴史的事実を記憶のなかから消し去ってしまったのだろう……。

『海賊とよばれた男』の主人公・国岡鐵造のモデル、出光佐三(出光興産創業者)の生涯

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

すべてのビジネスマンに捧ぐ。
本屋大賞の話題作、早くも文庫化!

ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062778297
  • ISBN-13: 978-4062778299
  • 発売日: 2014/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 529件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,012位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 陽子 投稿日 2016/1/1
形式: 単行本
こういう方々のおかげで、今の日本がある、そう思って、感謝の念がわいてきます。
仕事をするってこういうことなんだな~。それにしても、大金をポンと出してくれる出資者、すごい!
それを出させる魅力を持つ人もすごい!
とても面白く、どんどん読めます!
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
敗戦直後より日本の復興を信じ、それに向かって邁進した男の記録です。戦後GHQによる日本人への非情な締め付けに対し、大半が隷属する中、徹底抗戦して勝利するという内容です。途中何度も涙しました。もっと早く読むべきでした。
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最近読んだ本の中では、強い感動の残る内容です。先見性のある行動は、現在にも通じる行動です。一代で生業を築き上げる企業家とは、こうした未来を信じて突き進み、またそれを見ていて、援助の手を差し伸べる誠実な後援者もいるところに、時代へ息吹を吹き込む行動が出来上がるのでしょう。この物語以上に苦労もあることを想像すると、人間の偉大さを感じます。時代が変わっても受け継がれる内容です。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルに、海賊とあり、どういうストーリーかと思いましたが、主人公の個性だけではなく、商売気質に対して良い意味で呼ばれていたことが分かり納得。ワンピースのルフィーに近いリーダーに思いました。自分の会社のためだけではなく、日本の国の為に、尽くす精神がどこまで本当かフィクションなのかを知りたくなってます。また、別の小説に出てきた意外な人物がサラッと登場してきて、遊び心?を感じました。下巻が楽しみ。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 富士と桜 トップ50レビュアー 投稿日 2016/3/13
形式: 文庫
出光佐三をモデルに余りにも調子よく豪快に描かれている。
官僚の統制、業界の反発を次々にぶつけ、これを豪快にさばいてゆく姿は読者を惹きつける、流石ベストセラーの百田尚樹のサクセスストーリー。
敗戦から立ち上がり、メジャー、大英帝国と闘い、遂に超弩級の大型タンカーを建造し、世界を馳せる姿は将に世界に羽ばたく日本の躍進を彷彿とさせるものである。

また、下巻最後に堺屋太一氏が評論を入れているが、本文中の政界、官界、経済界との闘いの様は戦後の日本の実際の姿が良く表れていると思う。

最後に大恩ある日田重太郎に若き日の鐵造に見たのは商才かとの問いに対し、「鍛冶屋の作品を見たかった」との話は、深遠なる創造の世界を垣間見たのではないかと。

本書は立志伝中の人物である出光佐三をモデルとした物語とされているが、百田氏の豪快な筆致は、若き読者が己に投影して青雲の志を抱かせる素晴らしいサクセスストーリーであると思う。

しかるに、彼の三島由紀夫が「阿川五十六」と揶揄したように愚将山本五十六に投影して溺れたような作家は、本末転倒な卑しい心情であったと言わざるを得ない。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
百田氏の政治的言動を嫌う人がひどい評価をしていますが、
本屋大賞にふさわしい感動的な本です。日本人であることに
誇りを持ちたくなりますね。
左がかった人はそもそも読んでないのではないでしょうか。
1 コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
普通に面白く、有意義な夏休みの一つの要因となった。作者は普通に日本を大切に思う人なんだろうと思う。ましてや戦争をしたい人という読み方はできない。むしろ官僚による統制や欧米による後進国の搾取の歴史や先般の戦争に至った経緯に心を痛めていると読むのが普通だと思う。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
百田尚樹の新作である。出光興産の創始者である出光佐三の自伝的小説だ。国岡鐵造という名前になっており、かなり脚色されてはいるものの、大筋では歴史的事実に基づいているようだ。
出光佐三というと『日章丸事件』のみがクローズアップされるが、タイムカートなし、出勤簿なし、馘首なし、定年なしという絶対的『人間尊重』の個人商店(佐三の死後も近年まで、出光は株式上場をしていない)を貫き通した。しかも、石油関連会社でありながら、民族会社として日本人による日本人のための会社として、西欧の巨大石油会社からの役員、銀行からの役員すら受け入れないという自社叩き上げの社員で構成されたプロ集団を作り上げたのは、戦後の奇跡としか言いようがない。
彼の生き様を、まるで連続テレビドラマでも観ているように、読みやすい文章で淡々と綴られていく。現実も激動の時代であったとは思うが、非常に速いテンポで進んでいく。上下巻であるにもかかわらず、全く退屈することはない。どうしても、主人公の『人間尊重』『愛国主義』を表すエピソードが多く、下巻あたりでは、もう説明しなくていいよ・・・・と感じるくらいである。
その中でも遊びを忘れず、『永遠の0』を少し登場させ、史実ではないかもしれないが、私生活での前妻への思いまで織り込んでいる。こういう遊びがないと、単に自伝を脚色しただけで小説にならないところであるが、そ
...続きを読む ›
2 コメント 567人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー