通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海街diary(うみまちダイアリー)2 真昼の月(... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海街diary(うみまちダイアリー)2 真昼の月(フラワーコミックス) コミックス – 2008/10/10

5つ星のうち 4.7 49件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 589
¥ 589 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海街diary(うみまちダイアリー)2 真昼の月(フラワーコミックス)
  • +
  • 海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)
  • +
  • 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
総額: ¥1,767
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091670377
  • ISBN-13: 978-4091670373
  • 発売日: 2008/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
第 2 巻は、「花底蛇」、「二人静」、「桜の花の満開の下」、「真昼の月」の 4 篇から成ります。
「花底蛇」、「二人静」、「桜の花の満開の下」は末子すずの視点で、「真昼の月」は長姉さちの視点で、鎌倉の四季を背景に物語が進行します。
それぞれのタイトルには鎌倉の四季の移り変わりを表すようなモチーフが使用されていますが、そのモチーフ自体が各作品に登場し、それぞれの物語の中で重要な役割を果たしています。
蛇や月、草花の形を借りて、その正体は人の心の暗部だったり、身近な人の見過ごしてきた一面であったり...
色々考えさせられる読み応えのある作品でした。第 1 巻に続き、買ってよかったと思います。

吉田秋生ファンとしては、名作「ラヴァーズキス」の登場人物が要所要所で絡んでくるのもウレシイです。「ラヴァーズキス」では、朋章の決断に重要な役割を果たしながら、セリフでの登場のみだったあの人が、実体を伴って(顔と体付きで)初登場するので必見です!

家族のおぞましさと素晴らしさの両方が存分に描かれ、家族の本質について考えさせられる作品でした。繰り返し読みたいです。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
鎌倉の古い屋敷に暮らす香田家の姉妹。幸、佳乃、千佳の三姉妹に、山形から来た異母妹のすずが加わり賑やかな毎日。
すずもようやく鎌倉での生活に慣れ、風太や裕也など仲の良い友人も出来た。
ある時すずは、謎多き佳乃の元彼・藤井朋章の素性を知るのだが…。

コミックス派なので新刊が出るのを待ちわびてました♪
今回もすずを中心に家族の在り方、大人達の複雑な人間関係、思春期の多感な子供達のやり取りが丁寧に描かれています。
一話完結で切なくも温かいエピソードが詰まってます。どれも良い話ですが、個人的には『花底蛇』と『真昼の月』が好きです。
『花底蛇』は、すずと朋章のお話。前巻ですずは、朋章が怪しい男にお金を渡している現場を目撃。
心配からか、はたまた子供らしい好奇心からか、朋章の事が気になるすずは彼と接触するのだが…。
すずの行動力はスゴいですね。朋章を問い詰めるのに海の中まで入っていくとは(笑) この場面には笑ってしまいました。
すずと朋章の会話シーンはシリアスだけど微笑ましい。お互いに通ずるものがあるのか気が合いそうな二人です。
『真昼の月』は、香田家の長女・幸のお話。保護者のいなくなった家で妹たちの母親代わりを務める幸姉。
幸たちの母親は夫と離婚後、娘たちを鎌倉に置いて別の
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
もうすっかり評価の定まった感のあるこのシリーズ。主にすずちゃんの目線から見たいろいろな人間関係。同級生だったりチームメートだったり、お姉ちゃんの恋人や母親だったり。安定した絵と安定したストーリー。何の不安もなく読むことのできる物語。様々な感情があって小さな事件が起こるが、全て受け入れられているような大らかさを感じる。季節が移り梅の実がなって、祖母が作っていた梅酒を幸ねえが作る。吉田さんはいい人生を送っているに違いない。それを思うと幸せな気分になるし、彼女の作品を今も楽しく読めることがうれしい。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
やっと出た2巻目!って感じなんですが、「ラヴァーズ・キス」のキャラクター達も巧みに絡んでくる「海街diary」は「ラヴァーズ」よりもシットリとしてて、それぞれのキャラクターの陰影も垣間見えるものの、より《ホームドラマモノ》としてのストーリー運びの方が強い感じですね。
たぶんこういう話は、舞台が特に鎌倉でなくても出来るものなんだろうけど、
「鎌倉」だからこそ・・・なんですよね〜(非論理的ですが・・by.スポック)
海、江ノ島、サーフィン、長い坂道、神社、江ノ電、鎌倉の移り行く季節・・・
住んでいる者にとっては見慣れた風景になるんでしょうけど、
余所者の贔屓目感想として、「海街」のドラマ要素からは絶対外せないだろ〜と思う。
まぁ、鎌倉に憧れてる故の待ち望んでたストーリーだからこそ、そう考えてしまうんでしょうね〜・・
ただ、これが北海道舞台のストーリーなら、こんなにシットリとした輝きのあるドラマにはならないんじゃないかな〜・・と、思う。
道民って個人主義的なところがある一方で、依存度が高くて弱い人間が多いのかも・・・と、時々考えたりするんですが、
すずちゃん含めた四姉妹も、四姉妹を取り巻く人達も、皆、芯のある強さを持ってますからね〜(姉妹の母親はちょっとあれだけど)
その精神的な強さや、日
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー