中古品
¥ 302
中古品: 良い | 詳細
発売元 M&A倶楽部
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店ありがとうございます。★多少の擦れはございますが日焼け跡、折れ等もなく中身はきれいですので、ご了承のうえ お買い求めください。 ★書き込みや線引きもなく、良い状態だとご理解下さい。  ★当店は安心してお買い求めいただけますよう、商品をアルコール消毒・クリーニングを施し、OPPクリスタルパックにて保存しております。安心してお買い求めください ★【Amazonプライム対象商品・お急ぎ便・コンビニ受け取り・代引可能】★ お急ぎ便、各種アマゾンサービス(代引き、コンビニ受取等)がご利用いただけます。 Amazonが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、丁寧な梱包で、迅速に、年中無休発送致します。 ご購入後のお問合せ、返品対応など、アマゾンカスタマーサービスの、きめ細やかな対応なので安心です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海神別荘・他二篇 (岩波文庫) 文庫 – 1994/4/18

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 42
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

美女「ここは極楽でございますか」。公子「ははは、そんな処と一所にされて堪るものか。おい、女の行く極楽に男はおらんぞ。男の行く極楽に女はいない」―久保田万太郎、芥川比呂志、さらに坂東玉三郎らの演出によって上演された表題作は「天守物語」「夜叉ケ池」とならぶ鏡花幻想劇の極致。「山吹」「多神教」を併収。


登録情報

  • 文庫: 159ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1994/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003127153
  • ISBN-13: 978-4003127155
  • 発売日: 1994/4/18
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 409,843位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 なら夫 投稿日 2003/10/3
形式: 文庫
鏡花の文体は、一度読み慣れてしまえば、病みつきになるほどに魅惑的で独特のものなのですが、それゆえ、初めて鏡花に触れようとする者を拒んでしまっているとも云えます。もしかすると、小説より、戯曲の方が鏡花世界への扉は開きやすいかもしれません。
この本の表題作である『海神別荘』は、『夜叉ヶ池』『天守物語』と共に鏡花の三大戯曲として数えられています。他の二作に比べると、スペクタルでもないし、それほど大舞台的でもありませんが、それだけに、物語は非常に明確で読みやすく、また、鏡花の思いのたけがより鮮明にストレートに描かれているようにも感じます。
鏡花独特の絢爛豪華な台詞回し、俗世間への啖呵の切り方の小気味良さ。ぜひ一度、味わっていただければと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まさにこの作品も
神秘的で美しい文体に
惹かれます。

まず表題作は
いけにえにささげられた女性の
その後の世界を描いたもの。
元の世界への望郷の念が
寂しさを感じさせます。

でもそこには
現実というものが
のしかかります。
そう、それは女性には酷なものでした…

でも最後はまたよくまとめられて
いい感じの出来となっています。

そのほかには「多神教」
これも神秘的です。
思わぬ方向から意外な展開が
出てきて驚かれることでしょう。

夢にいるような
雰囲気を堪能できる1冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告