海猫 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: スリーブケース付き。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,799
通常配送無料 詳細
発売元: あさイチショップ
カートに入れる
¥ 3,800
通常配送無料 詳細
発売元: 即日発送 【ハッピーSHOP】 24時間対応中
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: Zisaburou
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

海猫 [DVD]

5つ星のうち 2.8 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 3,799 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,817 (32%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、リズムファクトリーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 海猫 [DVD]
  • +
  • 冷たい熱帯魚 [DVD]
総額: ¥5,817
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 伊東美咲, 佐藤浩市, 仲村トオル, ミムラ, 三田佳子
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2005/05/21
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 47件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00067HDYI
  • EAN: 4988101116928
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,889位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1980年代の半ばの北海道、函館。ロシア人の血を受け継ぐ薫(伊東美咲)は、南茅部の漁師・邦一(佐藤浩市)に嫁いでいった。しかし、なかなか漁師の生活になじめず苦労する薫は、いつしか邦一の弟で自分を恋い慕う広次(仲村トオル)と結ばれてしまう…。
   谷村志穂の同名小説を原作に、『失楽園』『阿修羅のごとく』などの森田芳光監督が描いたラブストーリー。ヒロインがそのはかなさゆえに男たちを魅了させ、やがては狂わせていく過程がリアルに描かれており、昨今の純愛映画とは一線を画す厳しいアダルトな仕上がりになっている。ラブシーンの数々も官能的面よりも美しさを強調しており、それゆえにヒロインのはかなさがより際立つ趣向。繊細な大島ミチルの音楽も美しく、北の風景もまたうら寂しく美しい。それらの効果によって、一見運命に弄ばれているかのようなヒロインが、実は前向きに運命と対峙しながら生をまっとうしようとしていたことが理解できるのだ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

谷村志穂原作の同名小説を映画化。かけがえのない二人の男性の愛の狭間で揺れ動く女性の姿を描いた、森田芳光監督が贈る人間ドラマ。R-15指定。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まつ 投稿日 2007/4/20
形式: DVD
なんでまた森田芳光はこんな映画ばかり撮るようになったんだろう。

「(ハル)」とかの頃に戻って欲しいよ。

とりあえず、伊東美咲のアイドル映画(ハードなラブシーンありの)と思えば、納得しますが。

原作を読んでいないので、ストーリーを何も知らずに見ると、もう何もかもが唐突。

最初のミムラが鳥羽潤に思いっきりケーキに顔を押し付けられて捨てられるシーンから、付いて行けず。

「お前の母親があんなだったからお前もそうなんだろ!」って、あーた、そんなことだけであそこまで怒れるのか。

その後も唐突の連続。

伊東美咲が漁師の家に嫁に行ったいきさつも唐突なら、仲村トオルが伊東美咲にほれ込むのも唐突。白石加代子が鬼になるのも唐突。ラストも唐突。

「おとうさん・・・・」って墓の前で決め付けてるのも唐突。

心理的な流れが見えるのは、佐藤浩市くらいだったので、これって演技力の差かね?!

三田佳子は、シベ超を思い出させる演技でした。

なんかもう佐藤浩市と仲村トオルが可愛そうになってしまった。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 美花絵留 VINE メンバー 投稿日 2005/7/11
形式: DVD
原作を読んで、薫のイメージにぴったりだと思っていた伊東美咲ですが、スクリーンで見たら、がっかりでした。可憐で、線が細いが、しっかりとした芯を持った女性であるはずなのに、彼女の演じる薫は、おどおどしていて、視線が定まらず、二人の男性に愛される魅力は正直ありませんでした。
佐藤浩市、仲村トオルの演技は、よかったです。特に、邦一役の佐藤浩市は、最高でした。
原作とは微妙に違う点も多々あったけれど、タミの役回りは、映画のほうがしっかり伝わったように思います。
啓子役の小島聖も、うまさを感じさせて、本当に伊東美咲だけが、残念でなりません。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
これは伊東美咲のプロモーションビデオですか?!って感じでした。

初めて見た時は、伊東美咲ってキレイだよね〜・・・で終わってしまいました。

見ている側に苦しさとか切なさとか感情が伝わってこない。特にラストのシーンにはがっかり。

あと脱ぎっぷりも中途半端。あんな中途半端だったら、出演OKしないほうがよかったんじゃない?!

他の女優さんでこの作品を見てみたいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
~原作でも本編でも『青い目』というのがキーワードだったと思うのですが、目が青くありません。『青い目のくせに』という台詞の後にアップになる茶色い瞳をみてツッコミをいれたくなりました。せめてカラーコンタクトをいれて欲しかったなぁと思います。
佐藤浩市さん、三田佳子さん、仲村トオルさんの演技は定評通りでしたし、サイドの女優軍も頑張ってた~~と思うのですが、それ故に伊東美咲さんの拙さを感じてしまいました。冷たく静かな北海道の空気感を持たせたり、聖母みたいに俗世界に存在しない人物像を描く演出であるというなら多少納得も出来ますが、一人の女性の生き方としては心動かされるものはなく、二人の男性の間で揺れ動いた心情でさえ?でした。
R指定になっていますが、伊東美咲さんの綺麗な背~~中や足をみたいという方にはいいかも知れません。折角頑張った主演作なのに残念ですね。
模倣犯の時もですが、原作を読んでるだろうから端折っていいかな?といった粗いストーリーになってる気がします。原作を読んでいても読んでいなくても充分話が楽しめる映画を期待したいですね。~
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
妙にお気に入りの映画で、3回は観ました。まずは旅行で訪ねた函館(小樽モノも好き)が舞台になっているせいもある。映画のしばらく後に原作小説(文庫版)を読みましたが、上下2冊で女三代記だったんですね。映画ではニ代目の伊東美咲に焦点を当て、三代目が中心とも言える本の下巻はばっさり切り捨てた。粗を探せばキリが無いが、一本の映画としては良く纏めてあると思う。原作では母娘で青い目の設定なので映画に違和感を覚える人もいるでしょうが、私の場合、本作については映画は映画、原作は原作で共存している。また観るだろうな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 正直、このレビューと主演の伊東美咲のドラマ「サプリ」を見て,

全く期待していませんでしたが、以外に良くてびっくりしました。

 この映画は、一人の女性の生きていくという苦悩や苦しみとともに愛や性、

そして真の愛について描かれたものだと思います。

 佐藤浩一演じる兄は、昔の日本男児を彷彿させる人物で、私の観た感じで

は、決して嫁(伊東美咲)を愛しているのではなく、彼女の体と”嫁”という

彼女の役割を愛しているのではないかという感じがしました。

 これに対し弟(仲村トオル)はただ彼女の彼女自身を愛している。そしてヒ

ロインも,次第に弟の愛を必要とする。

 それを阻むのは真実の愛があるか否かではなく、

兄や義母、ひいては周りの人々の世間体やモラルや

倫理といった様々な”立場”が非常に大きい。

 

 私個人はこの作品のテーマも内容も非常に有意義

なものであると思います。

ただし、この映画を作品として見るためには、まず

数多くあるラブシーンを脱ぐ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック