リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機 がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【amazon配送】【開封済み】本体美品、外箱に小さなスレ、窓キズ等がありますが、外観上、中の商品自身にダメージはないと判断しています。外装の損傷具合等に関する個別のお問い合わせは受付けておりません。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,293
通常配送無料 詳細
発売元: 【スターズ SHOP】 在庫表示のある物は即日配送致します。
カートに入れる
¥ 4,293
通常配送無料 詳細
発売元: 【全品送料無料・複数購入で割引キャンペーン中】hikawamachibook 熊本本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,293 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、GREAT DASH 買取&販売(送料無料の宅配買取受付中)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 本体サイズ : 約160mm
  • リボルテックが変わる。エヴァが変わる。
  • 新劇場版にあわせ、すべて“完全新規造形"でリリース!

海洋堂 ストア
ダンボーやポチをはじめ仏像、特撮、アニメ、ゲーム、リアルな生物まで幅広いラインアップ! 詳細をチェック
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 【代引き&コンビニ決済&Edy払いできます】★お急ぎ便も利用できます★国内送料無料★アマゾン専用在庫のため、品切れはありません。Amazon.co.jp配送センターから迅速に発送されます。安心・安全でご購入いただけます。アマゾンプライム対象のお品物になります。当店の商品コメントをみていただきありがとうございます。国内正規品。新品未開封になります。よろしくお願いします。


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ

よく一緒に購入されている商品

  • リボルテックヤマグチ No.69 仮設5号機
  • +
  • Revoltech Evangelion Evolution エヴァンゲリオン Mark.06
総額: ¥9,057
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 発送重量: 249 g
  • 製造元リファレンス : na
  • ASIN: B0029NZTMU
  • 発売日: 2009/6/13
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2007/4/2
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 14,034位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

【封印監視特化型限定兵器 局地仕様 仮設5号機】

●『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』完全新規設定の新造機“エヴァンゲリオン仮設5号機”がいち早くリボルテックで登場。
●局地仕様の仮設機体であるがゆえの特異な肢体形状と、メカニカルなディティール造形を、谷明が担当。ヤマグチマジックの祖・山口勝久が、随所にリボルバージョイントを組み込み、全身可動「リボルテック」として完成させました。
●長く伸びた脚部とブースト基部には各々ジョイントを使用し、それぞれ独立してポージングが可能。仮設5号機の怪物的なスタイルを再現し、見た目以上の広範囲な可動を獲得している。
●腕部マニュピレータと頭部接続に“リストジョイント”を採用。細かな可動にも対応している。


■作品解説【ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破】

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第二作【破】は、独自のデジタル映像使用法をより発展させ、過去の既存素材の流用の枠を越えた完全新作をベースに制作。大量に描き起こされたデザインと設定により、魅力的な新ヒロインや新エヴァンゲリオンが参加。CG技術も増量され、新たなイメージを具現化する。この【破】よりアスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦し、驚異の映像スペクタクルを展開。以降、物語は誰も見たことのない未知の領域に突入していく。


■ポイント

・2009年夏公開『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開に先んじたタイミングで、ネオ・リボルテックの完全新作エヴァシリーズ6月15日一斉解禁!

・劇場版にあわせた新作モデルをホビー市場で本格展開するのは、リボルテックだけ!

・プロポーションも含め、完全新規造り起こしで、多種多様なエヴァがリボルテックに登場

・初号機は『新劇場版:破』用の新規設定に合わせて、ゼロから完全新作。新たなプロポーションに。塗装もメタリックタイプで、新劇場版一作目フィギュアと差別化を計っています。

・新劇場版一作目には出なかった2号機がいよいよ参戦!頭部はじめ以前とは明らかに違うデザイン。もちろん完全新作。

******

・完全新規設定の“エヴァンゲリオン仮設5号機”がいち早くリボルテックで登場

・“天才”谷明がマシンメイドをしのぐ精緻さと味わいでオリジンモデル造形を制作。そこに山口勝久が“ヤマグチマジック”を駆使した可動ギミックを仕込み「リボルテック化」した。

・長い脚部とブースト基部にはジョイントを投入、見た目以上の広範囲な可動を獲得

・槍状の腕の回転軸と、上半身や肩の可動と合わせて、様々なアクションを再現できる

<セット内容>■可動箇所 全23箇所
■ジョイント使用数 全17個
 8mmジョイント×8
 6mmジョイント×9

■付属品
ディスプレイベース×1



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 他の方も書いていますが、腕と足首の関節のリボ球の保持力が弱すぎます。
 このリボルテック・シリーズは、箱に記載されている通り、「あらゆる角度で曲げてその状態を保持」できる関節をコンセプトに立ち上げられたハズです。
 これまでの製品でも、保持力の弱いリボ球が稀にありましたので、部品取り用に複数買いして来ました。個体差が出てしまうのは止むを得ないと半ば諦めていました。
 しかしこの仮設5号機はひどすぎます。
 両肘と四つの足首、合計六つのミニリボ球すべての保持力が弱いというのは、欠陥品以外の何ものでもありません。
 ちなみに自分は、右肘は、手持ちのミニジャークノイドのリボ球と交換、足首は無可動のリボ球と交換して飾ってあります。
 自分はリボルテックのコンセプト、「へたらない関節」「確実な保持」に共感して、これまでこのシリーズを購入してきました。そのコンセプトを裏切るこの製品は、もはやリボルテックとは言えません。
 それでもヱヴァ人気で売れるから、商売としては成り立つのでしょう。そう思うとやりきれない思いがします。
 追記するなら、谷明氏の原型の造形は見事なものです。また、彩色についても及第点です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
四本足の独特なデザインは凄く好きなのですが、他のエヴァシリーズよりもスケールが小さめです。
一緒に飾るとちょいと浮いた感じに・・・
それは仕方ないのでいいのですが、右腕の保持力が弱いせいで武器をまともに構えられません。
武器自体が大きく、重さがあるのだからここはしっかり作っておいてほしかった・・・
塗装や造形のレベルは上がってきているので、今後品質が安定してくると嬉しいですね〜
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この商品のいいところは他のレビューにお任せします。

注意点
・ジョイントが弱い。
 これは他の方も書いてましたが、6mmジョイントにハズレが多く見られました。
 ジョイントが緩いが為に、ランスや足の固定が難しくなり、ポージングに支障が出てきます。

・肩パーツは背中とつながっている。
 やらない人は多いだろうが、
 リボルテックはリボルバージョイントというパーツが使われていて、
 他のリボルテックシリーズとパーツをを交換して遊ぶことができる。 
 しかし5号機に、他のリボルテックの腕をつけようとすると、この肩パーツが非常に邪魔になる。
 逆に、5号機の腕を他のシリーズに付けるとしても、肩に何もない状態になるのでとてもダサい。

・ケンタウロスっぽい!かっけ〜!!
 と、イメージ写真を見てそう思ってしまいました。
 そんなことありません。アメンボに近いです。
 
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇場版では良くわからなかっかったフォルムもこんなだったんだと関心しました、でもリボルテック版は(初期版?)アニメ制作側からの初期資料で制作された為、公開時に二転三転した細部や色の変化に対応してないとか?完全版が発売らしいんでそちらに期待でこの評価です、でも絶版になるらしいのでこちらが価値高くなるのかな?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
多脚というところに独特のフォルムがあり魅力的です。
リボルテックミニチュアサイズで再現したことも、価格や遊びやすさを
考えるとこれはこれでありだと思います。
ただ、以下の点で組み替え遊びに支障があります

・6mmのリボルバージョイントを多用しているが穴がキツめになっていて、
接続されているパーツを回転させるたびにリボルバージョイントに
ひねる力が効きすぎてヘタリの原因になる。購入後すぐにヘタっている
パーツが多いのもこのためか?と勘ぐりたくなる
・胴体を細く再現しかつ保持力を高めたかったためか、上半身と下半身の
部分にはリボルバージョイントではなく軸が部品に直付け。また、その軸が
太くてリボルバージョイントと互換性がない
・胴体から出ているコードが肩パーツに直付けされている。接続されている
部位パーツ自体は腕と別に外せるので、腕を他の組み換えに利用することは
できるが見た目がしょぼくなる

10月に劇場仕様のリペイント版が出るようですが、ちょっと穴を大きく
してもらうだけでジョイントのヘタリは解消できそうに思いますし、
胴体の軸自体はアッセンブルボーグのストレートジョイントなどを
利用すればよ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー