通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
海底2万マイル (講談社青い鳥文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海底2万マイル (講談社青い鳥文庫) 新書 – 2000/4/15

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 138
Audible版
"もう一度試してください。"
無料体験スタート

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海底2万マイル (講談社青い鳥文庫)
  • +
  • 十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)
  • +
  • 宝島 (講談社青い鳥文庫)
総額: ¥2,226
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

潜水艦ノーチラス号とネモ艦長のなぞとひみつにいどむアロンナクス教授たちの行く手には神秘と驚異の海中・海底の大世界が待っていた!
「十五少年漂流記」で知られるジュール=ベルヌのSF大傑作登場!

1866年、世界の海に巨大な怪物があらわれて船の事故が続出。原因調査にむかったフランスのアロンナクス教授たちは、なぞの人物ネモ艦長の潜水艦ノーチラス号にとらわれて深海へ。海底火山の噴火、サメの襲撃、氷山にとじこめられて危機一髪、大ダコとの死闘、そして軍艦との戦い。神秘とおどろきに満ちた、ベルヌのSF名作、海中、海底の大冒険。

内容(「MARC」データベースより)

潜水艦ノーチラス号とネモ艦長の謎と秘密に挑むアロンナクス教授たちの行く手には、神秘と驚異の海中・海底の大世界が待っていた! 「十五少年漂流記」で知られるベルヌのSF大傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406148530X
  • ISBN-13: 978-4061485303
  • 発売日: 2000/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 11.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 50,100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
子供の頃、わくわくしながら読んだ記憶があり気にはなっていた。

しかし大人になった今、その思い出が否定されそうでなかなか手にはできなかった。こんなので興奮して読んでたのかよ、俺は。が怖くて。

しかしやはり名作は名作。世界中の海を周る旅の行程でおこる様々な出来事は今でも面白く読めるし、またネモ船長の謎は結局明かされることなく、いろいろと想像を膨らませてくれる。

ただこの本自体は少年向けに翻訳しているので、大人の方にはより原著に近い翻訳本がよいのでは。

   
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2012/9/14
形式: 新書
 読みやすくまとめてあって楽しく読めます。対象年齢は小学中級から、となっていますが三年生にはやや難しいかもしれません。本好きでひとりでぐいぐい読んでいく子なら大丈夫だと思います。
 気をつけなければいけないのは青い鳥文庫のこの版はダイジェスト版であることです。新潮文庫や創元SF文庫から出ている大人向けの版と比べるとわかりやすいですが、本来の『海底二万マイル』はもう少しボリュームのあるお話です。端折られたのは主に博物学的な描写です。海底世界の紹介や科学知識の解説が大幅にカットされています。子どもの頃にほぼ完訳であると思われる石川湧訳の岩波少年文庫でこの物語に触れた私にはくどいほどに並べられた知識の羅列に魅力を感じ、SFの魅力に取り憑かれただけに、SFとしての一番面白い部分が削られてしまったような気がして少し残念でした。対象年齢的には煩雑にならないようにされた工夫として正解であるとも思います。
 大人の読者には省略のない完訳版をお勧めしたいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2007/4/1
形式: 新書
海底2万マイルは、僕が始めて読んだSF小説です。あの時の感動は忘れられません。最後の解説は絶対読むべきです。とても大切なことが書かれていますから。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 私がこの本を読もうと思ったきっかけは、この本を基に作られたアニメ『ふしぎの海のナディア』を見て興味を抱いたからであった。
 しかし、実際に読んでみると、この本の内容とアニメの内容とは殆ど別のものであった。だからといって、この本がアニメに劣って、つまらないものであるということではない。
 実は、この本には、とても重要な意味が含まれているのだ。真の科学技術の発達、平和に生きる為に忘れるべきこと、・・・。この本を最後のあとがきまで読めばそれらの答えが少しだけ分かるのではないだろうか。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sennotaba トップ1000レビュアー 投稿日 2013/8/22
形式: 新書
小学中学年の息子にリクエストされて読みきかせをしました。
読んでビックリ。こんな手に汗握る大スペクタクル作品だとは知らなかった!
ああ、もっと早く読んでおけばよかった!

謎の海洋生物が引き起こしたと思われる事件の調査に出たフランスの海洋学者アロンナクス教授は、従者のコンセーユと銛打ちの名手のカナダ人ネッド=ランドとともにノーチラス号の虜となってしまいます。
そこで彼らを迎えたネモ艦長は紳士的だが断固とした態度で、彼らが地上に帰ることを拒否します。

ノーチラス号は「地上の世界と縁を切った」という名前のない男、ネモ艦長(ラテン語で「名無し」という意味だそうです)が十数人(?)の乗組員とともに操る、大海を自由に横断する独立国のようです。
海底の形状や潮の流れを熟知し、時には建設中のスエズ運河を横目に紅海から地中海へ抜ける裏技を見せつけてくれます。
アロンナクス教授とともに読者は潜水艦でなければ知り得ない驚くべき地球の遺産を見せられ、南極大陸への大接近に興奮するのです。

そんなもん、テレビの自然科学系番組でいっくらでも見てるじゃない、今更驚くわけないでしょ…と思うでしょう。
私も読むまでそう思ってました。古くさい話だろうなんて。
確かに情報としては目新しさ
...続きを読む ›
2 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
小学校高学年ですが、本もあまり読まず、国語の成績もよくありませんでした。
夏休みの読書として、この本を購入し与えたところ、読むだろうかと不安でしたが、面白かったらしく、別のジュール・ベルヌの本も読み始めました。
かなり、昔に書かれた物語ですが、だからこそ、子供にとって、夢やファンタジーがあったのかも知れません。
読書感想文の題材などにもよいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック