この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

海底大戦争 [DVD]

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 4,542より 中古品の出品:3¥ 4,442より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 千葉真一, ペギー・ニール, 室田日出男, 菅沼正
  • 監督: 佐藤肇
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2004/11/21
  • 時間: 83 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002VL6DC
  • EAN: 4988101112500
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 133,674位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   新聞記者の阿部(千葉真一)は恋人のカメラマン・ジェニー(ペギー・ニール)から海底で人間に似た物体を発見したという話を聞き、その秘密を探ろうと共に深海に潜るが、海底洞窟の中で狂信的科学者ムーア博士(エリック・ニールセン)の一味に捕らえられてしまう。ムーア博士は深海改造人間を完成させ、海底に一大王国を築いて人類に挑戦しようとしていたのだ…。
   東映と米RAMフィルムが提携してお届けするSF怪奇サスペンス映画で、原案はSF作家の福島正実、監督は『吸血鬼ゴケミドロ』などジャンル映画の旗手・佐藤肇。米国では当初テレビ映画として放映される予定だったが、最終的には劇場公開された。グロテスクな半魚人型サイボーグに代表される猟奇的なテイストは、後の東映ジャンル映画に脈々と受け継がれているようだ。特撮担当は『宇宙からのメッセージ』『夜叉が池』などの矢島信男。深海の潜水艦特撮などにその魅力を発見することができる。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

海底王国を支配する深海サイボーグが人類を襲う!世界征服を企む怪物に、日本人記者とアメリカ女性カメラマンが立ち向かう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 まず、この作品が初DVD化された快挙に心からお礼を言いたい。
東映さんありがとう!
その東映さんが1966年にアメリカ・ラムフイルム社から外注を受けて制作した作品で、怪奇SF映画でその名を世界にとどろかす佐藤肇監督が海底を舞台に世界征服を企む狂気の科学者一味とその企てを阻止する熱血記者、米海軍の三つ巴の死闘を描いた佳作である。
後の「キイハンター」でブレイクする前の若きチバちゃんが熱血記者に扮し悪の海底基地で元気ハツラツなアクションを見せてくれる。
チバちゃん他、数人の役者を除いてあとは外国人俳優でかためられていて国際色豊かな作品で、そうゆう意味ではチバちゃんこの頃すでに世界に目を向けていたに違いない。
売りの特撮は、現在から見るとかなりチープだが結構、気合入っているしいい味出してるんだなこれが。
海底基地爆破シーンなんか結構迫力モンです。しかし、もう一つの売りのサイボーグ君ちょっと、可愛すぎません!?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かつて、東京12チャンネルの日本映画名作劇場だったかで観た。
たぶんノーカット版だったはずだ。
昼間の映画枠でも放送されたことがあるが、かなりズタズタにカットされていた。

まだ若く、体力バリバリのサニー千葉主演の、海洋SFエンタテインメントといったら良いのか。
とにかく、理屈抜きで楽しもう。
細かいことをいえば、けっこう矛盾点があるのだが、そんなことは気にしない。

そして、他のレビュアーもあえて書いていないので、明示はしないが、モンスターが登場する。
この造形がなかなか良い。
適度に不気味さがあり、ユーモラスでもあり。
「スーパージャイアンツ」の宇宙人を連想しちゃったよ。

そして、東映特撮作品だけに、「ジャイアント・ロボ」や「赤影」にも通ずる妙なチープさが漂っている。
これは、東宝の特撮作品にはあまり見られない。
そのたあり、さすがは円谷英二なのだろうが、東映作品はこのチープ感が味なのだ。

本作や「キイハンター」など、体力勝負の作品では、千葉ちゃんは実に良い。
楽しそうに、まさに水を得た魚のように演技をしている。
暑い夏場にみるのにはぴったりの海洋もの。
まあ、海中の描写なんか、思いっきりチープなんだけどね。
でも、楽しい作品だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジミー 投稿日 2010/12/14
ガキのときにこの映画を見た友人が盛んにこわいと言っていた。
後から自分が見て、恐ろしくて震えあがったな。
子供にはこの映画はかなりこわいな。
こわいと言っても「サスぺリア」とか「震える舌」とかああいうこわさではなくて、ストーリー自体の怖さと言うのか、細かく書くとネタバレになってしまう。
この映画に関してはストーリーを知らないで突然見た方が恐怖を感じるだろう。
見た後で何とも言えない嫌なトラウマが残る。
でも一度見たあとで改めてこの映画を評価してみると、非常にシナリオ的にはよくできた映画で、「緯度0大作戦」や「ガンマー第3号宇宙大作戦」のように外人を使って日本映画を作っていて、明らかに海外輸出を前提としている。
あの当時、SF映画では日本が世界で最も傑出していて、結構外国にSF映画を輸出していたのではないか?
日本でアイデアが出つくして、それをハリウッドが違う形に作り変えてヒットを博しているケースがほとんどだ。
たとえば、「マタンゴ」は「ゾンビ」として生まれ変わり、それがのちに「バイオハザード」につながり、1つのジャンルを形成してしまった。
SFXの技術でハリウッドに負け、一時期主導権を奪われたが、最近はCG技術のおかげで日本でも本格的なSF映画が作られ始めている。
この映画
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 小学生時代に見た映画で、「確かこんな映画があったはず。」と思って調べ、購入しました。
 その頃を懐かしんで何度も観ています。
 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック