¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタル... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ) 単行本 – 2013/4/24

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海外赴任のために必要なこと  駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)
  • +
  • 日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの
  • +
  • グローバルマネジメント入門海外勤務を命じられたら読む本
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

海外展開を積極的に行う企業が増加し続ける現在、本人だけでなく、随行家族のメンタルヘルスにも注意が必要です。著者の実体験を交え、これから海外に派遣される人、そして社員を送り出す人事部の方にも最適の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

言葉の壁、生活環境、現地事情、文化の差、子育てetc.海外駐在員妻たちのウップンはたまる一方!特殊な環境下におかれるのは、駐在員本人だけではありません。その家族のことを、もう一度考えてあげてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 角川学芸出版 (2013/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4046539143
  • ISBN-13: 978-4046539144
  • 発売日: 2013/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
自分自身が駐在員の家族(父親も駐在員だった)やりましたし、
自分でも駐在員やってその時は妻や子供がかつての自分の
立場でした。

ですから、私はそれこそ90年代初頭からこの手の書籍に触れて
来たわけですが、駐在員家族(特に奥さん)のメンタルヘルス
に焦点をあてた書籍は今までありませんでした。

この本を書いてありがとうと言いたいです。

図書館で見つけた時は、悩んでいたときでしたので、とても
嬉しかったです。
内容も実例がふんだんにあり、また体系的・学問的にも
考察されてありますので、すごく役に立ちます。

メンタルヘルスを患った家族を持った駐在員が何が一番辛いかって
それがいつまでも続いて、最後は最悪の結末を迎えることです。

この本は、たくさんの事例とその後にも言及されてあり、とても
気が楽になった記憶があります。

かつては私も出向前の後輩には「不毛地帯」とか海外では身を粉にして
働け!というつもりで本を贈っておりましたが、自分の家族が駐在先で
体調を崩したときは考え方が変わり、この本を贈るようになりました。

海外ではHappy
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
前半では体験談やエピソードが語られており軽い読み物としても読める一方、後半では精神科医が語る現実や、ポジティブ心理学からの具体的な方法も紹介されていて、一冊で2度おいしい本です。もし自分が海外で精神的に苦しくなった時どうするのか? これまではクリニックのドアをたたくくらいしか思いつきませんでしたが、ポジティブ心理学のアプローチは自分でもできて効果のある方法だと思いました。科学的に幸福度、モチベーションアップを研究するポジティブ心理学は、「レジリエンス」等、今やブームにもなりつつあります。欧米企業は海外赴任の際、家族帯同は当たり前、また、アジアを見ても、中国は華僑、インドは印僑と自国外でも家族のパワーを結集しています。日本企業も海外派遣をする駐在員のパワー全開のため家族全員の心身の健康、特に、これまでスポットが当たっていなかったメンタルケアサポートが競争力アップへのヒントだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
外国人に囲まれて日本語に触れる機会のない孤独、逆に狭い日本人社会での確執など、海外生活ストレスはいろいろあります。読んでみて、著者が提案しているポジティブ心理学の手法を取り入れることによって様々なストレスに対してセルフコントロールが可能であることがわかりました。早い時期に対応が必要なので、まさに「転ばぬ先の杖」として、これから海外で暮らす方、いま海外生活中の方にお勧めしたい1冊です。電子書籍なら海外でも入手可能です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まさに海外赴任時の聖書と言えるでしょう。駐在員の奥様、ご家族は即ご購入されることを強くおすすめします。 駐在員は仕事さえしていればいいですが、奥様や家族は大変です。対処策を事前に知っていれば、あるいは壁にぶつかった時、この聖書を読めば、あなたとその家族は確実に救われます。
新たな環境を前向きに捉えられれば必ず、人生の貴重な肥やしになるはず。これは大ヒット本となると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック