通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海外ブラックマップ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海外ブラックマップ 単行本 – 2006/1/26

5つ星のうち 1.6 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヨハネスブルグ、キングストン、マニラ、イスラエル、ボゴタ、リマ、サンパウロ、リオ、デリー、ナイロビ… 世界でも有名な危ない20都市がエントリー 世界一危険な街はどこなのか?

内容(「BOOK」データベースより)

ヨハネスブルグ、キングストン、マニラ、イスラエル、ボゴタ、リマ、サンパウロ、リオ、デリー、ナイロビ…世界一危険な街はどこなのか?世界でも有名な危ない20都市がエントリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 彩図社 (2006/1/26)
  • ISBN-10: 4883925269
  • ISBN-13: 978-4883925261
  • 発売日: 2006/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,288,314位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
旅好きなので、表題と表紙につられて買ったが失敗。
内容はあまりなく、小学生の日記なみの文章能力。本として出版するレベルにはない。作者というよりも出版社や編集者の資質が疑われる。
基本的に体験談というより、人から見聞きしたものを並べて書いている事が多く、危険さを強調しても実感が湧いてこない。現地に馴染んで生活したこともあるらしいが、ちょっと旅行に出かけた人のレベルの経験を書いているとしか思えない。
これまでも数々の旅行記ものは読んだが、中身がなくても、ユーモアのセンスで面白おかしくまとめられたものや、豊かな文章表現などがあれば、それはそれで読み物としての価値はあるが、この本にはそのような要素はなく、非常に中途半端な内容になっている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
表紙にひかれて衝動買いした本。
著者が実際に行った「危険な」国々を、差別度・危険度などのチェック項目で分析。
なんといってもこの本、文体が雑で乱暴です。旅行記というよりは普通の日記ですね。それに売春の話が平然と出てきたりしますので、女性が読むと不愉快に思われるかもしれません。肝心の危険な話というのも、知人が〜したらしいというような「噂話」レベルのものも多数混ざっているため、完全に鵜呑みにするわけにもいかなさそうです。
その辺を理解したうえで、旅の参考書というより単なる「読み物」として楽しむ分にはいいかもしれません。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何でこの著者威張ってるの?

凄いことしてるわけでもなく、ただ、何日かずつ国を移動しているだけ。どこがブラックなんだ?

女にモテルとかってただ、売春婦買ってるだけだし。

他の本もほとんど内容は同じだ。文章も下手。この人のシリーズまだ続くんでしょうか。読む価値なしです。

みなさん、タイトルと帯に興味を持って買っているだけだと思う。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
成田のツタヤで衝動買いしたが、この著者は本を書いているという自覚を持って欲しい。
文体も雑でナルティシズムに酔いしれているのは冒頭部分ですでに伺える。
しかしながら、その行動たるや、自己保身を第一条件としてリスクを抱えて冒険しようとしたりもしないし、現地の人との最低限のコミュニケーションを取るという最低限の努力すら垣間見えない。
肝心の内容も情報量が大いに不足して、著者の真偽が定かではない愚痴を延々と聞かされ続けるだけ。 50カ国にいったことがあることを鼻にかけているようだが、はっきりいってそのような偏見と先入観が歪に絡み合ってる状態で出したこの本より、一カ国に深いところまで入っていけた旅行者の日記帳を眺めるほうが個人的には有意義だとおもう。

自称バックパッカーもいいところだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告