¥ 864
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海上護衛戦 (角川文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海上護衛戦 (角川文庫) 文庫 – 2014/5/24

5つ星のうち 4.5 35件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 614

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海上護衛戦 (角川文庫)
  • +
  • 大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
総額: ¥1,469
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   いわゆる戦争について書かれた書物の中で、「護衛」に関したものは、特に日本では少ないであろう。太平洋戦争当時においても、上陸作戦との関連においてはともかく、通商保護に関してはほとんど関心を持たれていなかったらしい。しかし、資源小国の日本にとって、太平洋戦争の開戦の理由の大きな部分は南方の資源の確保にあったはずであり、その輸送路が断たれれば戦争継続はおろか国民生活にも重大な支障となることは明らかであった。そしてそれは現実のものとなったのである。
   著者は、昭和18年から終戦まで海軍で海上護衛総司令部参謀を務めていた。もっとも、総司令部といってもその戦力はお粗末なものであり、軍備の劣る老朽艦や小型艦ばかりが配備されていたという。遠洋航路の大型商船にとっては速度が遅い護衛船ではかえって足手まといになるケースもあった。また、護衛作戦についても満足な知識を持つものは少なく、素人の集まりといってよかった。
   本書からは、軍上層部の護衛への無理解に対する著者の歯噛みが随所に伝わってくる。護衛は戦果を挙げることがほとんどなく、味方が被害を受ければ非難される損な役回りだ。そして、その重要性は極めて大きいのにほとんど評価されることはない。
   現在の日本は、戦時中以上に海外に資源を依存している。すなわち、シーレーンの重要性は当時よりはるかに増しているのだ。この問題について考えるとき、戦時における貴重な体験記として、本書の持つ役割は決して小さくないだろう。(杉本治人) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

海軍で海上護衛総司令部参謀をつとめ、シーレーン(海上交通線)確保の最前線に立っていた著者がその戦略を綴った護衛戦の貴重な体験記。現代日本の防衛を考える上でも欠くことのできない記録である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 467ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041015987
  • ISBN-13: 978-4041015988
  • 発売日: 2014/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,169位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
かつて本書には、その読者カードで「血湧き肉踊らざる戦記」などといった感想が多数寄せられたそうである。あまりにも負けっぷりがよく、日本とアメリカのドンパチを劇的に読みたい読者には少し不満が残ったからであろう。しかし、本書は21世紀の今もなお読み継がれている。

そもそも戦争や戦闘というものは、補給や兵站があって初めて成立し、四面環海の島国である日本は、今も昔もそのほとんどを海上輸送に依存しているのである。しかし、日本海軍はシーレーンの確保に完全に失敗した。それがアジア・太平洋戦争の帰結である。

本書は、その実像を海上交通保護作戦を専管した海上護衛総司令部の作戦参謀であった大井篤がまとめたものである。とりわけ、映画「男たちの大和/YAMATO」を見て「感動した」などという感想を漏らしていた方々には大井の「国をあげての戦争に、水上部隊の伝統が何だ。水上部隊の栄光が何だ。馬鹿野郎」と叫んだ言葉の意味をよく考えてもらいたいと思う。

ちなみに後掲の付表は、学術的に引用する際には必ず原典確認をする必要があるだろう。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 太平洋戦争時の日本の海上輸送について、海軍の海上護衛総司令部参謀を務めた著者によって記された本。すでに高い評価を得ている(初出は1953年)。
 内容は比較的単純である。連合軍の潜水艦等による輸送船やタンカーの被害が大きく、それが日本の造船能力を上回るならば、戦争遂行に必要な物資の輸送は年を追うごとに困難になっていく。このことを開戦前にすでに危惧する人々がおり、著者もその一人であった。そしてその危惧した状況が、現実のものとなっていく。
 この海上輸送の問題をはじめとして、物量や生産力では米国にかなわないことを理解していた人は少なからずいたにもかかわらず、対米戦争を開始してしまったこと、またそれを強力に後押ししていたであろう世論というものの危うさを考えさせられる。あまりに簡単な数字(=船腹量の減少)とそこからみえる悲惨な結末、そしてそれを防ぐことができない現実との落差に、なんともいえないにがみを感じる。
 終戦の年には、潜水艦や航空機による輸送船攻撃、関門海峡や主要な港湾の機雷封鎖により、原料不足で日本の工場生産は停止しつつあり、国民に必要な最低限の食糧の確保でさえ絶望的な状況となっていた。これらの事実は、日本に敗戦を受け入れされるために、市街地空襲や原爆投下が必要だったかどうかという点にも関わってこよう。無論それ以前に、遅くともフィリピン・レイテ島陥
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
資源もない日本という島国の生命線は、シーレーンにある。そして資源を求めて始めた戦争のはずだったのに、その資源を運ぶ船の護衛を怠った。連合艦隊の決戦主義に拘泥し、シーレーン防衛を軽視した。そこを米軍は効果的に突いた。事の重要性に気付いた時には、すでに遅すぎた。否、最後まで気付いてはいなかったのかもしれない。
1945年4月、軍事的には自殺行為にも等しい戦艦大和以下の水上特攻作戦が発令された。その悲劇的結末はよく知られているが、この愚行のために、海上護衛総隊が使うはずだった貴重な燃料を横取りされてしまうのである。この作戦の目的が、「光輝ある帝国海軍水上部隊の伝統を発揚すると共に、その栄光を後世に伝えんとするに外ならず」ということを知った海上護衛隊参謀であっ!た著者大井篤氏は叫ぶ。「国をあげての戦争に、水上部隊の伝統がなんだ。水上部隊の栄光がなんだ。馬鹿野郎!」
海軍は連合艦隊の栄光と伝統のために、それが奉仕すべき日本という国家の利益まで犠牲にした。大和特攻によって、帝国海軍水上部隊の最期という滅びの美学は完成した。しかし、日本は終戦のその日まで、敵潜水艦の跳梁する海を冒して、大陸から食料を運び、燃料を運び、国民生活を支えなければいけないのだ。こうした観念主義に凝り固まった無責任な軍の体質が、日本を亡国の淵に追いやったのだ。よく日本はアメリカの物量に負けた、と言われる。しかし、仮に同じ条件で日米が戦っても、やはり日本は完膚無きまでに叩きのめされたと思う。日本は負けるべくして負けたのだ。
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
長らく絶版だった、学研M文庫版の本書が、このたび、角川文庫で復刊したことは、まことに喜ばしいことである。
個人的には、本書と、堀栄三氏の「大本営参謀の情報戦記」は、太平洋戦争からの戦訓を、後世に伝えるべきという意味で必読書だと思っている。
内容については、一言でまとめれば、生命線であるシーレーンを護れなかった日本は敗れるべくして敗れた、ということかと思われる。
仮に、全戦力をシーレーン防衛につぎ込んだとしても、史実よりは少しは長く戦えたかも知れないが、結局は、国力の差で負けたことは明らかである。
なお、現在の海上自衛隊は上記の戦訓を非常に重要視したのか(憲法上の制約のためかも知れないが)、対潜能力に関しては非常に強力な能力を備えている。
ある意味、現在の戦略を考えるうえでも、必須の書である、ともいえよう。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック