この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海を超える想像力―東京ディズニーリゾート誕生の物語 (ディズニーストーリーブック) 単行本 – 2003/3/24

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 654
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

海を超える想像力 東京ディズニーリゾート誕生の物語
 東京ディズニーランドは今年20周年を迎えた。東京ディズニーシー(TDS)や商業施設・イクスピアリ、2つのホテルの開業などを経て、千葉・舞浜地区は一大リゾート地として活況を呈している。オリエンタルランド社長で、これらの事業の陣頭指揮を執った著者が、その舞台裏を記した。

 当初、米国のウォルト・ディズニーは、第2パークに冒険色の強いものを提案していた。「日本人の喜ぶものを作る」ことを条件としていたオリエンタルランドは「もっとロマンチックなものを」と主張。2年近く熾烈な交渉を続けて基本コンセプトを構築し、ほとんどのアトラクションや建築物をTDS向けに新規開発した。実際の建設に当たっては、ディズニー社のデザイナーやクリエーティブ・スタッフのこだわりに応えるために、「死力を尽くした」という。よりよい素材を低コストで調達し、予算やスケジュールと折り合いをつけるなど、「夢の世界」を作り出すことに腐心した。

 オリエンタルランドは、東京ディズニーリゾートに4年間で5000億円という巨額の資金を投じた。著者は「テーマパークは生き物であり、進化をやめた時は老化の始まりである」と記す。テーマパーク産業で独り勝ちを続ける同社の強さの秘密が垣間見える。


(日経ビジネス 2003/05/05 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

東京ディズニーランド20周年のいま
オリエンタルランド社長が初めて語る
東京ディズニーリゾートの真実!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062117223
  • ISBN-13: 978-4062117227
  • 発売日: 2003/3/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,662位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年9月22日
形式: 単行本Amazonで購入
2017年3月29日
形式: 単行本Amazonで購入
2004年5月8日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月4日
形式: 単行本Amazonで購入
VINEメンバー
2006年8月8日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年3月22日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年8月22日
形式: 単行本Amazonで購入
2014年10月21日
形式: 単行本Amazonで購入

最近のカスタマーレビュー