¥ 1,543
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海を渡ったサムライたち—加賀藩海外渡航者群像 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海を渡ったサムライたち—加賀藩海外渡航者群像 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/16


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 500

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

幕末から明治初頭にかけて、アメリカやヨーロッパを訪ねた加賀藩士の記録をまとめた。 著者は前石川県立歴史博物館長。日本マッチ産業の父として知られる清水誠が書き残した資料「仏蘭西遊国日記」から、これまで空白だった清水の南仏での足跡を明らかにし、佐野鼎(かなえ)、関沢孝三郎、伍堂卓爾(ごどうたくじ)ら欧米を旅した武士や他の藩費留学生なども調べた。 「坂の上の雲」の秋山真之や正岡子規が高橋是清から英語を学んだ共立学校は、遣米使節、遣欧使節に加わった加賀藩士・佐野鼎が創設した。ほかに、日本水産界の父と呼ばれる関沢孝三郎、マッチ産業の父となった清水誠、スロイスなど外国人教師を招聘した伍堂卓爾、シベリアを単独横断した嵯峨寿安など、各様の青雲の志を持ったサムライたちの姿を追う。清水誠の「佛蘭西遊国日記」全文も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

「坂の上の雲」の秋山真之や正岡子規が高橋是清から英語を学んだ共立学校は、遣米使節、遣欧使節に加わった加賀藩士・佐野鼎が創設した。ほかに、日本水産界の父と呼ばれる関沢孝三郎、マッチ産業の父となった清水誠、スロイスなど外国人教師を招聘した伍堂卓爾、シベリアを単独横断した嵯峨寿安など、各様の青雲の志を持ったサムライたちの姿を追う。清水誠の「佛蘭西遊国日記」全文も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 234ページ
  • 出版社: 北國新聞社出版局 (2011/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833018020
  • ISBN-13: 978-4833018029
  • 発売日: 2011/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,033,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう