通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 本のやまやま
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 多少のスレイタミあり 状態おおむね良好
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) 文庫 – 2009/5/28

5つ星のうち 4.8 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
  • +
  • 海の都の物語〈2〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
  • +
  • 海の都の物語〈3〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
総額: ¥1,393
ポイントの合計: 121pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第3回(1981年) サントリー学芸賞・思想・歴史部門受賞

内容紹介

ローマ帝国滅亡後、他国の侵略も絶えないイタリア半島にあって、一千年もの長きにわたり、自由と独立を守り続けたヴェネツィア共和国。外交と貿易、そして軍事力を巧みに駆使し、徹底して共同体の利益を追求した稀有なるリアリスト集団はいかにして誕生したのか。ヴェネツィア共和国の壮大な興亡史が今、幕を開ける。「ルネサンス著作集」中の大作、待望の文庫化、全六冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 235ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101181322
  • ISBN-13: 978-4101181325
  • 発売日: 2009/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 66,952位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/6/25
形式: 文庫
 本書は、もう十数年前に、中公文庫版で読み、優れた歴史書と感心した覚えがある。

 イタリアの小都市国家にすぎないヴェネツィアがなぜ千年もの間、独立と繁栄を享受できたのかが、いきいきと伝わってくる。
 そして、ヴェネツィアという「定点」からみて、ヨーロッパやイスラム世界がどのように動いていったかが理解でき、ともすれば、バラバラな知識の寄せ集めになってしまう歴史知識がきれいに整理できる。

 特にヴェネツィアに行ったことがある人にとっては、水に包まれた、あの不思議に祝祭的な都市空間が、こんな遥かな歴史をたどってきた結果できたものということに深い感慨を抱くことと思う。本書は、よくある陸地の歴史ではなく、海からみたヨーロッパ・イスラム通史といえる。

 そしてさらに、読者は、千年の都があっけなく潰えることとなった近代国家の成立とは何なのか、現代とは何なのかを考えることとなると思う。

 様々に示唆に富み、読んで興味深い、塩野七生氏の代表作。お勧めします。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
4年前にイタリア旅行をした際に水の都と言われたヴェネチアに2泊滞在した。運河も街並みも聖マルコ寺院もすべてが美しく趣きがあり、同じ古都でもローマやフィレンツィアとは異なる魅力溢れる都であった。

ただ、その折に本書を既に読んでおり、現在は観光が唯一の産業であるヴェネツィアが、8世紀以降約1千年に亘って貿易都市国家として地中海を支配していたことを知っていたなら、その旅は更に感慨深いものがあったであろうと思う。この6巻に亘る大作には、ヴェネツィアという人口10万人程度で始まった小さな都市国家が、かくも長き繁栄を続けることができた理由が、実に生き生きと描かれているからだ。

大きな理由の一つは民主主義と君主制の中間のような独自の政治体制を整えて権力の集中を防ぎ、ヴェネツィアという都市国家の繁栄を守るためにそれを維持し続けたところにある。その結果、ビザンチン帝国、ライバルであるジェノヴァ、そしてオスマントルコ帝国といった強国の間で、経済力と情報網と政治力を駆使して生き抜くことができた。

人口が少なく強力な陸軍を有することができないこの国には理想や夢を語る余力はなく、常に現実主義者として合理的な行動を続ける必要があり、時にはイスラム国と妥協も重ねたため、ローマ法王庁や他国からは非難を受けることも度々であった。ただ、その現実的で合理
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 2011年12月28日(水)に団体旅行でヴェネツィアを訪ねた。約20年振りの再訪問となったが、ヴェネツィアはこの度も新鮮に感じられた。言葉にして適切に表せないが、異国情緒も特異ということだろうか。ドゥカーレ宮を見学するうちに、反ヴェネツィア政治犯への厳罰という解説を聞き、一度ヴェネツィアの歴史を読みたいものと思った。今回がその機会になった。ただ「現代でも運河にたらっしぱなしにされているという下水のことを考えると、美しいヴェネツィアの魅力も失せる感じだが、そこはそれ朝夕の潮の流れという、天然の水洗方式がある。」(65頁)

 「元首ピエトロ・オルセオロ二世は、つまりヴェネツィア共和国は、海の上に“高速道路”を建設しようとしたのであった。高速道路には、一定の距離を置いて、ガソリンの給油所がある。故障した車のためには、部品までそろえたちょっとした修理工場まである。(中略)旅行の安全を期し、時間の無駄をはぶくよう配慮されたこの方式を、ヴェネツィア人は、海上で実現したのであった。」(97頁) オルセオロ二世は、元首に就任して十七年後に死んだが、彼の示した方向は、以後ヴェネツィア共和国が滅亡するまでの八百年の間、ヴェネツィア人にとっての基本政略として生き続けたのであった。」(100頁)

 「ちなみに、日本でも使われているマンションという言葉は、ローマ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校の時、世界史を選択していたのですが、その頃に勉強したヴェネツィア商人のイメージと言ったら、正直悪かった。
「自分の利益のために第四次十字軍を誘導して、ビザンチン帝国を滅ぼした」だの、「香辛料貿易を独占し、他の国を締め出していた」だの、「自分たちの利潤のためなら平気で敵であるトルコに寝返った」だの。シェークスピアの「ヴェニスの商人」そのまま、ごうつくばりの集団というか…。

なので、ヴェネツィアという国家にはあまり魅力を感じていなかったのですが、著者の「ローマ人の物語」が面白いので買ってみました。(本当はこちらの方が先行作なのですが)

何というか、読んでいるうちに、すっかりイメージが変わりました!ヴェネツィア人かっこいい。なんてユニークな国家だったんでしょう。イタリア統一して、一都市になってしまったのが惜しいくらいです。(イタリアの方すみません)上記のあのヒドいイメージが、ヴェネツィアの立場からはまったく違って見えてくる。
どんな旅行記や写真集より、ヴェネツィアの魅力満載の本です。

第1巻は、ヴェネツィアのはじまりから問題の第四次十字軍の時代まで。ヴェネツィアの立場から見た地中海の中世をぜひ体験していただきたいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー