¥ 540
通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海の沈黙 星への歩み (岩波文庫 赤 565-1) 文庫 – 1973/2/16

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1973/2/16
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 海の沈黙 星への歩み (岩波文庫 赤 565-1)
  • +
  • 抵抗の文学 (岩波新書 青版 58)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 24pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • 文庫: 170ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1973/2/16)
  • ISBN-10: 4003256514
  • ISBN-13: 978-4003256510
  • 発売日: 1973/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 180,667位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『海の沈黙』は、戦時下に於いて、ドイツとフランスが手を結ぶべきだと誰か一人がぼやいても、どうやってでも相手を征服してやるという、その他大多数のエゴイズムの前では、どうしようもないのだという、矛盾や遣る瀬なさを、ひっそりとした静かな空気感の中で、意味深き沈黙の表現を用い、無駄の無い散文で描いていて、第二次大戦下でのヨーロッパの退廃したニヒリズムというものを、情感豊かに感じ取ることが出来る作品です。

『星への歩み』も、戦時下のヨーロッパを背景に、トーマの生き様を通して、生きることの喜びや愛や、あるいは悲しみや切なさを、短いページ数の中に凝縮して描いた素晴らしい作品です。

戦時下に於ける抑圧された生活の中であるからこそ、支配されている政治形態の欺瞞に気付き、その矛盾を作品として抽出することによって、こういったような、リアルな芸術作品が生み出されたのでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドラゴン ポルト トップ1000レビュアー 投稿日 2008/12/26
海の沈黙は私的には、うん十年前の大学時代のフランス語の2年目に原書で購読した懐かしい作品です。
この小説は、微妙なニュアンスを持った会話の中で、話がすすんでいくのですが、文学作品
の一つのきわめて特徴的な味わいが堪能できる作品であると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミナージョ 投稿日 2014/2/23
Amazonで購入
「海の沈黙」と「星への歩み」の2編ですが、どちらも静かで淡々と進んでいきました。
直接的な戦争の話は出てこなくても、その言葉の裏にある暗さは隠しきれない(別に隠して
いるわけではないでしょうが)ものがありました。
戦争の冷たい残酷さが、静かなタッチの中に表れていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
海の沈黙は高校生の頃、NHKのラジオ朗読で聞いて、ずっと気になっていた短編です。
フランス人の老人と姪はずっと沈黙で通したが、ドイツ将校が出て行く前夜の「ごきげんよう」の小さなつぶやきのような挨拶で救われたような気がしている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告