この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

海の奇蹟

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 6,500より 中古品の出品:11¥ 700より
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジョアン・ジルベルト ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (1998/11/26)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 収録時間: 28 分
  • ASIN: B000023XSI
  • JAN: 4988011361036
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 39,951位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ブラジルの水彩画
  2. オール・オブ・ミー
  3. バイーア・コン・H(アガ)
  4. ノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ
  5. 海の奇蹟
  6. ナナンの子羊

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ボサ・ノヴァ誕生40周年(1998年当時)記念、BOSSA NOVA meets `98・シリーズ、第3弾。カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、マリア・べターニャ他が参加。「サンバ・ブラジル」「懐かしいバイーア」他、全6曲収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ジョアンのアルバムを色々聴いてきたけど、このアルバムはまだ聴いていない、という方を念頭に置いてコメントを書きます。失礼をお許し下さい。「三月の水」と「アモローゾ」がイイ具合に融合しているんじゃないんでしょうか。「三月の水」ほど趣味により過ぎず、「アモローゾ」のようにややプロデュース過多で、ポップスにつま先入っている、という訳でもない。ジョアンが単体で歌うというよりは、カエターノとジルベルト・ジルとの三声ヴォーカルによるアルバムと言えるかも知れない。でも、ジョアンらしい音楽が損なわれているとは思わない。「オール・オブ・ミー」などは三声だからこそ映えているし、「ノ・タブレイロ・ダ・バイアーナ」「ブラジルの水彩画」などは、ジャズさながらのアドリブやご丁寧なパート分け(?)が楽しい。楽しいけど、結構深いかも?そんなアルバム。前述の2枚がOKなら即・買いです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジョアン・ジルベルト1980年の作品。
ブラジルに帰国したジョアン・ジルベルトは二人のアーティストに
内々に連絡をとった。そして出来上がったのがこのアルバムであった。
カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジルの二人である。
ポストボサノバブームを引っ張っていったトロピカリスモの主導者
ジルベルト・ジルとカエターノ・ヴェローゾそれに妹のマリア・ベターニア
も加わったなんとも豪華なメンバーで録音された本作品は、
既に過去の音楽となっていたアリ・バホーゾやドリヴァル・カイミ
といった有名作曲家の曲を1980年にどう演奏するかということだった。
全ての曲がジョアン・ジルベルト自身によってプロデュースされ
4人の豪華メンバーの持ち味が遺憾なく発揮されている。
メキシコ放流時代に作成されたアルバムはシンプルな構成で
荒涼とした世界が広がっていた。それはまるでジョアンの寂寞とした
胸のうちを語るような非常にドライなものであったが、
帰国後に作成された本作品は全く違う。オーケストレーションを加え
みずみずしい豊かな音楽世界が繰り広げられる。
以前自分は作成当時はいざ知らず、
ボサノバ以降のブラジル音楽とオーケストレーションは
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジョアン・ジルベルトの甘ったるい声は少し苦手だけど、彼の爪弾くギターは大好きな私にとって、この作品はまさに最高の逸品です。
ヴォーカルはカエターノ・ヴェローゾはじめ、大物ゲストミュージシャンが入り、非常に聞きやすくなっています。
そして、ジョアン・ジルベルトのギターのなんと心地よいこと!
彼のギターは美しいメロディーというよりは美しいリズムと言うべきですが、このリズムに酔いしれます。
特にすばらしいのが1曲目のブラジルの水彩画です。
これは数あるボサノヴァの名演の中でも特に優れた1曲といってまちがいありません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 軍部独裁を嫌って60年代末から海外生活を送っていた「法王」ジョアン・ジルベルトが久方ぶりに帰国し、かつてトロピカリズモの代表格だったカエターノ・ベローゾ、マリア・ベターニア(カエターノの実妹)、ジルベルト・ジルといった3人の若手ボーカリストに声をかけて作った80年制作作品。特にカエターノとジルベルトはやはり60年代末に軍政により投獄・追放までされた社会派でもあった訳であり、彼らがロンドンに亡命している間にトロピカリズモも潰されて下火になっている。そんな後輩達をわざわざ呼んで作られた本作(=原題「Brasil」)からは、まるで軍政から民政移管したばかりの祖国へ向けたジョアンからのメッセージが伝わってくるようだ。で、中身はどうかというと、これが発売当時の感覚からしても極めてオーソドックスで穏やかなボサノヴァだったりするところが深い。

 若手達のボーカルは確かにジョアンに気を使ってるかのように少し抑え気味だが、名ボーカリスト達がリラックスして大先輩ジョアンの弾くギターに合わせて「歌う楽しみ」をしみじみ味わっているかのような、穏やかなバイブレーションが伝わってくる好作品だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まるで波のようなジョアンのギター、軽快なサンバ、美しいメロディー、そして素晴らしい三人の歌とコーラス・・・、1曲目「サンバ・ブラジル」(6:36)がやはり個人的に大好き。
有名なアリー・バローゾ作のスタンダードを、ジョアン・ジルベルト、ジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェローゾと歌い継ぎます。
この曲の心地よい開放感は格別なもの・・・。

D4「バイアーナの心」のみ、マリア・ベターニア登場!、声の存在感がすごいです。
中盤、兄と妹が交互に歌いますが本当に対照的な声です。(ベターニアのアルバムは少ししか持っていないけど、久しぶりに聴いてみよう・・・)

奇蹟なのは参加ミュージシャンのメンバーでもある本アルバム(81年作)、おすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー