この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


海の声を聞く―原子力発電所・温排水の観測25年 (市民科学ブックス) 単行本 – 2003/8/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥17,419 ¥352

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

冬の嵐吹きすさぶ北海道の海で独り水温を測る男。彼の視線の先に見えるのは原子力発電所。温排水とは何か?沿岸水温の上昇による海の生き物への影響はないのか?「故郷の海を原発から守りたい」ただその思いからはじまった、ある市民科学者25年間怒涛の記録。

内容(「MARC」データベースより)

温排水とは何か。沿岸水温の上昇による海の生き物への影響はないのか。故郷の海を原発から守りたい。ある市民科学者25年間怒涛の記録。論文「北海道電力泊原子力発電所における温排水による沿岸水温の上昇について」も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 278ページ
  • 出版社: 七つ森書館 (2003/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822803694
  • ISBN-13: 978-4822803698
  • 発売日: 2003/8/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.7 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 634,011位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2003年10月9日
形式: 単行本
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告