通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
浮雲 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥256 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

浮雲 (新潮文庫) 文庫 – 1953/4/7

5つ星のうち3.7 22個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥693
¥693 ¥100

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 浮雲 (新潮文庫)
  • +
  • 放浪記 (新潮文庫)
  • +
  • 林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里 (岩波文庫)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 35pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

外地から引き揚げてきたゆき子は、食べるためには街の女になるしかなかった。
恋に破れ、ボロ布の如く捨てられ死んだ女の哀しみ……。


第二次大戦下、義弟との不倫な関係を逃れ仏印に渡ったゆき子は、農林研究所員富岡と出会う。一見冷酷な富岡は女を引きつける男だった。本国の戦況をよそに豊かな南国で共有した時間は、二人にとって生涯忘れえぬ蜜の味であった。そして終戦。焦土と化した東京の非情な現実に弄ばれ、ボロ布のように疲れ果てた男と女は、ついに雨の屋久島に行き着く。放浪の作家林芙美子の代表作。

本書「解説」より
「神は近くにありながら、その神を手さぐりでいる。私自身の生きのもどかしさを、この作品に描きたかったのだ。」「誰の眼にも見逃されている、空間を流れている、人間の運命を書きたかったのだ。」この作品について作者のかたっている、こういうはげしい、なにかぶっつけるような言葉からも、それは私の胸にひびいてくるのだ。(略)この作品には、なにか「説明の出来ない」女のかなしみというようなものが、しみわたっているように思う。『浮雲』とは、この作品の題名として、なにかあじわいぶかい。
――古谷綱武(評論家)

林芙美子(1903-1951)
福岡県門司区生れ。1918(大正7)年尾道高女に入学。1922年卒業すると愛人を追って上京。翌年婚約を破棄され、日記をつけることで傷心を慰めたが、これが『放浪記』の原形となった。手塚緑敏という画学生と結ばれてから生活が安定し、1928(昭和3)年「女人芸術」に「放浪記」の副題を付けた「秋が来たんだ」の連載を開始。1930年『放浪記』が出版されベストセラーとなる。他に「風琴と魚の町」「清貧の書」「牡蠣」『稲妻』『浮雲』等があり、常に女流作家の第一線で活躍しつづけた。


内容(「BOOK」データベースより)

第二次大戦下、義弟との不倫な関係を逃れ仏印に渡ったゆき子は、農林研究所員富岡と出会う。一見冷酷な富岡は女を引きつける男だった。本国の戦況をよそに豊かな南国で共有した時間は、二人にとって生涯忘れえぬ蜜の味であった。そして終戦。焦土と化した東京の非情な現実に弄ばれ、ボロ布のように疲れ果てた男と女は、ついに雨の屋久島に行き着く。放浪の作家林芙美子の代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1953/4/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101061033
  • ISBN-13: 978-4101061030
  • 発売日: 1953/4/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,397位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
評価の数 22

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

21件のカスタマーレビュー

2011年4月17日
形式: 文庫Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月4日
形式: 文庫Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年9月21日
形式: 文庫Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月16日
形式: 文庫Amazonで購入
2015年5月1日
形式: 文庫Amazonで購入
2013年1月21日
形式: 文庫Amazonで購入
2012年8月5日
形式: 文庫Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月11日
形式: 文庫
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告