通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
浮雲 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

浮雲 (岩波文庫) 文庫 – 2004/10/15

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432 ¥ 1
文庫, 2004/10/15
¥ 820
¥ 820 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 浮雲 (岩波文庫)
  • +
  • にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)
総額: ¥1,220
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

二葉亭四迷による作品。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

真面目で優秀だが内気な文三と、教育ある美しいお勢は周囲も認める仲。しかし文三の免職によって事態は急変、お勢の心も世知に長けた昇へと傾いてゆく。明治文明社会に生きる人々の心理と生態を言文一致体によって細緻に描写し、近代文学に計りしれない影響を与えた二葉亭四迷(1864‐1909)の記念碑的作品。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 354ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2004/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003100719
  • ISBN-13: 978-4003100714
  • 発売日: 2004/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 398,371位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 初めての言文一致態で書かれた小説。当時は『当世書生気質』、『滝口入道』など擬古文調の文章で小説を書くのが当たり前だったため、この本は革新的であり、現在でも文学的にも歴史的にも大変価値のあるものであると思う。ただ、言文一致と言っても現代の小説並みではなく、落語っぽくおもしろおかしく節を付けて茶化しているような所があり、擬古文よりはましだが、やはり若干読みにくい。
 貧乏ではあるが頭の切れる書生、内海文三を通して当時の風俗を描写した作品。居候をしている娘のお伊勢に惚れてあくせくしたり、免職を食らって職を探して奔走したりと出来事の正確な描写が例の節を付けた文章と相まって芝居かなんぞの様に展開していくのはなかなか面白い。一昔前の言い回しが多く注釈が非常に多いのが気になるが、それ以外は別に古文の教養がなくても何の支障もなく読みこなせる。読みにくいとはいえ節のついた言い回しも慣れれば非常に面白く感じられてくる。細かな感情描写もなかなかのもので、これもいいと思った。
 ただ、どうも後の方になってくると、事態の深刻さと文章の軽い調子に少し齟齬が出てきてだんだん興が冷めてくる。一応お伊勢に対する恋愛がベースになっているものの、二葉亭本人の唱えた正確な描写に拘りすぎている感があり、読んでいると面白いかというとちょっと微妙だった。途中で著者が投げ出してしまっている(つまり未完)でも
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公・内海文三の心象風景を中心に描かれている「小説」だが、小説そのものがまだ存在していなかった当時の日本において、きちんと形を成している本作を作り上げた二葉亭四迷は称賛に値する。文学的功績という観点からは、『小説神髄』『当世書生気質』を著した坪内逍遙が重く扱われるのかも知れないが、二葉亭の『小説総論』と『浮雲』の方が内容的には深く、小説の面白さや本質を分かった人が書いているという印象を持った。内容的には、官吏を免職になった文三を、江戸の価値観を引きずって生きる叔母やお調子者で要領のいい元同僚があれこれとダメ出しし、恋仲になりそうだった従妹とは文三の一方的な思いが災いして喧嘩になり、新たな仕事の口も見つからず、これから先どうしよう~、というところで終わっている(未完)。従妹に対して、色々理屈を付けながら心よりも頭で恋愛している、文三の若き故のダメっぷりが、現代にも通じるところがあってなかなか面白い。地の文は落語というよりは講談のようにリズムを付けて読むとさらに味わい深い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品が好きになれるかどうかは主人公の性格に共感できるか否か、暗い内容の割にはやたら軽くて明るい落語調に馴染めるかどうか、の二点に尽きると思う。主人公、文三は、叔父の縁故で上京し、彼の家族と共に生活をするようになる。そしてその下宿先に住む従妹のお伊勢に恋をするのだが、己の内気さや、愚かなまでに正直にこだわる性格が禍となって、会社はクビになり、好きな女には振り回され、暴言を吐かれた挙句、自分が忌み嫌っている男に彼女の心を奪われてしまう。この作品を一言で説明するなら、いつの時代にもよくいるさえない男の苦労話である。僕がこの作品において印象に残っている箇所は、作品の終わりに主人公が周囲の環境の変化とお伊勢の性格について冷静に独白する場面だ。彼の失職以来、彼にすっかり幻滅し、一刻も早く家から出てもらいたがっている叔母、そして彼につれなくするお伊勢がいるにもかかわらず、しぶとく家に残り続ける彼は、その理由を「人情」の一言に帰せしめている。それはどういうことかというと、彼に言わせると、彼が失職する以前は、春の日向のように幸せがあふれていたこの家の様子が、失職以来、彼の出現や叔母の損得ずくな振るまいによってこの家の様子がぎすぎすした汚らわしいものになってしまった、しかし、自分自身の性格すら把握できていない若い彼女までもこんな汚らわしい環境に染まらせるわけにはいかない、俺には彼女を救う義務がある...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文学史的な意味を度外視すれば主人公・文三の内面描写が
面白いテキストで、まるでラノベの妄想全開のヘタレ主人公の
ようです。
二葉亭四迷はロシア文学の勉強した秀才で、「小説総論」などで
述べられている彼の文学感は、坪内逍遥の「小説神髄」よりも
もう一歩、リアリズム主義に踏み込んでいて後の独歩など自然
主義を先取りしている。本書も舞台や小道具、登場人物の道徳観
などの古さは別にして、主人公の内面や事態模写の筆致は、今読
んでもさほど古さを感じない。
主人公文三もそうなのですが、何よりお勢の母親や本田昇のキャラ
造形が光っている。まるでラブコメですよね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック