中古品
¥ 900
中古品: 良い | 詳細
発売元 真空ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。表紙に少しフチヤケ・スレあり。本体は書き込み・ヨゴレなどは見当たらず、おおむね良好な状態でお読みいただけると思います。【担当者より】※丁寧な検品を心がけておりますが、線引き・書き込み等の見落としがある場合は速やかに対応いたしますので、メールでご一報下さい。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

浅草十二階―塔の眺めと“近代”のまなざし 単行本 – 2001/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 642
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

「浅草十二階」と「浅草十二階計画」  著者の細馬です。帯がわりにこの本の手がかりを少し書きます。

 この本は大きく分けて二つの興味から書かれています。ひとつは、さまざまな文学や映画、マンガ、ゲームに登場する十二階って、いったいどんな塔だったんだろう、ということ。十二階に関する話には伝聞がけっこう多くて、調べ始めると曖昧な部分がとても多い。そこで資料をあたっていくと、明治・大正を象徴する塔として捉えられがちだった十二階は、実は時代を追って変化した塔だったということが明らかになります。本書では、華々しく登場した十二階がやがて飽きられ、新たな見世物として宣伝し直される過程を追いました。

 もう一つは、塔とまなざしをめぐる言説を明らかにすること。十二階は、明治・大正という、まなざしのあり方が大きく変化した時代の塔でした。しかし、この塔を表わすのによく用いられる「パノラマ」「エッフェル塔」といったことばは、残念ながら現代の手垢にまみれていて、まなざしの変化を覆い隠してしまう。そこで、紋切り型のこうした表現をいったん棚上げにし、言説や視覚メディアの変化の過程を追います。写真家小川一眞、そして田山花袋の役割の大きさが浮かび上がります。彼らのメディアにおける動きを追っていくにつれ、明治・大正は、「一望」と「臨場感」という異なる感覚を混同していく時代だったことが明らかになるでしょう。また、花袋とは全く異なる感性を持った石川啄木に対しても、新たな見方が可能になるはずです。

 本書の刊行と同時に、「浅草十二階計画」というページを立ち上げました。十二階をめぐるさまざまなできごとや言説に興味をお持ちの方を歓迎します。

内容(「BOOK」データベースより)

関東大震災で失われた浅草凌雲閣、通称「十二階」。眼下に吉原を望み、日本初のエレベーター、百美人、戦争絵を擁し、絵や写真となり、見世物小屋、広告塔としても機能したこの塔の眺めが、啄木や花袋らのまなざしをとらえ、「近代」の欲望を体現する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: 青土社 (2001/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791758935
  • ISBN-13: 978-4791758937
  • 発売日: 2001/05
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 348,134位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう